時は金なり(Time is money)の本当の意味知ってる?類語・由来は?

時は金なり(Time is money)の本当の意味知ってる?類語・由来は?

時は金なり(Time is money)は良く耳にすることわざです。時間は大切という意味で何気なく使うことが多いのですが、語源や由来、類語などさまざまな観点、違った角度から検証してみて、時は金なり(Time is money)の本当の意味に迫ってみましょう。

記事の目次

  1. 1.時は金なり(Time is money)の意味とは?
  2. 2.時は金なり(Time is money)の由来とは?
  3. 3.時は金なり(Time is money)の類語を見てみよう!
  4. 4.時は金なり(Time is money)の使い方例文とは?
  5. 5.立ち止まった時に思い返してみよう!
  6. 6.時は金なり(Time is money)を実践する方法
  7. 7.時は金なり(Time is money)の意味を理解して生活に役立てよう!

時は金なり(Time is money)の意味とは?

時は金なり
Photo bygeralt

「時は金なり」の意味を詳しく紐といてみましょう。普段よく使うことわざですが、その言葉にはどんな意味があるのでしょう。「時」とは目に見えないもの「お金」は買い物するとき等に使う、手で触れることが出きる実体のあるもの。目に見えない「時」と実体のある「お金が」が同じ?「時は金なり」とは一体どういうことなのでしょう。

時間はお金と同じ位に大切!

Time is money
Photo byMonam

時間は、何もしないでダラダラしている時やイライラしている時は長く感じます。また何かに集中して没頭しているときはあっという間に過ぎて行きます。

何もしないといっても、ただダラダラしている時と、次の仕事の活力を生むためにリラックスしている場合もあります。没頭しているといっても、ゲームやスマホに夢中になっているのと、仕事や勉強に集中しているのでは時間の使い方の価値が違います。

リラックス
Photo by HIRAOKA,Yasunobu

お金は生活を豊かにするものを買って手にすることが出来ます。また仕事やスキルを身につけるためにも使える価値あるものです。

つまり「時間はお金と同じ位に大切」とは、時間とお金は、それぞれを有効に意味ある使い方をすれば、人生を豊かにする同じ位大切なアイテムであるということです。「時は金なり」を紐解いた意味の類語です。

時間を無駄にせずに大事に使う

通勤電車

時間を無駄にしないで大事に使うとは、一体どう言うことなのでしょう。たとえば通勤電車、混合った電車に揺られながら何も出来ない無駄な時間と感じる方も多いと思いますが、実は無駄と考えイライラすることが一番時間を無駄にしているのです。

上を見れば週刊誌の吊り下げ広告、芸能ネタやスキャンダル、政治ネタなど、いま世間で話題になっている情報が得られます。

電車の中
Photo by casek

まわりを見渡せばさまざまな人がいます。その人たちの人生を想像するだけでクリエイティブスキルや頭の体操になります。やっと空いてきて席に座れたら本を読むことも出来ます。スマホでゲームをするのも一概に無駄とは言えません。

ゲームがストレスの解消になることもあります。のめり込みすぎないよう注意して下さい。この他にもあなたに合った時間の使い方があるはずです。時間を大事に使ってください。

更に深い本当の意味も?

物の価値
Photo byNawalescape

時代をさかのぼって更に深い意味をさぐってみると、お金(money)は物と物とを交換する物々交換を便利にするアイテム、物の価値の換わりとして発明されたのです。あるときは貝殻や石、宝石や金(Gold)が「お金」でした。それが時代を経て現在の紙幣やコインになったのです。

時間
Photo bygeralt

では時(Time)にはどんな深い意味があるのでしょう。古代の先人たちの知恵、太陽、月、星や季節の変動によって時間の概念が生まれたと言われています。時(Time)は農業の収穫や国を治めるには非常に大事なものです。

現代でもその価値は変らず、物を作る人、会社で働く人など、すべての人にとって時間(Time)は大事な要素です。
 

Time is moneyの原点を知ろう!

Time is moneyの原点
Photo byTheDigitalWay

「時は金なり(Time is money)の意味とは?」のところで、お金は手に触れることの出きる実体のある物とお話ししましたが、本来のお金の意味・原点は、実体のない価値・概念を表すものなのです。ですから「Time is money」のTimeもmoneyも実体のない価値という意味では同じなのです。つまりTime=money「時は金なり」なのです。

時は金なり(Time is money)の由来とは?

米国議事堂
Photo bytpsdave2

ことわざには、語源や生まれた由来があります。時は金なり(Time is money)にも同様に由来や語源があるはずです。Time is moneyと英語で表されることが多いことから、英語圏に由来や語源があるようです。では一体どこの国のだれの言葉から?どんな文献から?どんなシチュエーションで生まれたのか?これから探ってみましょう。

アメリカの政治家が残した言葉

次へ

関連するまとめ

人気の記事