搾取子とは?意味・特徴・対処法に愛玩子との違いも詳しく解説!

搾取子とは?意味・特徴・対処法に愛玩子との違いも詳しく解説!

搾取子とは親から金銭的、労力的な面で搾取をされた子供のことです。搾取子の特徴はどんなものでしょか?搾取子の対義にある愛玩子も違う意味での被害者と言えるでしょう。搾取子となった場合の対処法や、時間を経ての体験談も合わせて紹介します。

記事の目次

  1. 1.搾取子の意味
  2. 2.子供を搾取子にしやすい親・家庭の特徴
  3. 3.搾取子になりやすい子供の特徴
  4. 4.搾取子の体験談
  5. 5.搾取子と愛玩子との違い
  6. 6.愛玩子の特徴
  7. 7.搾取子になってしまった時の対処法
  8. 8.搾取子は親から不当に扱われる人のこと

搾取子の意味

Photo byaamiraimer

親による子供の虐待の事件が、毎日のようにニュースになっています。子供の虐待は痛ましいものですが、最近、搾取子の問題が大きな話題となっています。搾取子という言葉を聞いたことがない人もいるのではないでしょうか?搾取子の問題もわからない人がいるでしょう。

「搾取子」という言葉は、広辞苑などの国語辞典には載っていません。また、学校で習う言葉でもありません。スラングとして捉えていいでしょう。当事者にならなくてもどのように巻き込まれるかわかりません。きちんと対処するためにも搾取子に対する知識は必要です。

搾取子という立場になるのは、子供にとってとても辛いものです。搾取子とは、どういった存在なのでしょうか?テレビのニュースなどでセンセーショナルに報道されない分、搾取子の問題は深く、深刻と言えます。搾取子とは何なのか、どういう対策を取ったらいいのか考えてみましょう。

搾取子とは親に様々なものを奪われると子のこと

Photo byAlexas_Fotos

搾取子とはどういう読み方をするのでしょうか?搾取子は「さくしゅこ」と読みます。意味は、「搾取される子」です。しかし、いじめられっ子とは違います。子供の間でも、いじめによって金品を奪われたりして、「搾取」をされる子もいるでしょう。

しかし搾取子から「搾取」をするのは搾取子の親です。親は本来、子供を守る役目があります。しかし搾取子の親は搾取子から金銭的、労力的、時間的な面での搾取をします。たとえば子連れの女性と結婚した男性や、血のつながりのない養父母が搾取をすると考える人もいるかもしれません。

子供から搾取する親は毒親とも呼ぶ

Photo byFree-Photos

しかし意外なことに搾取子から搾取をしているのは、実の両親の場合が少なくありません。我が子から金銭的、労力的、時間的な面を搾取する親を「毒親」と呼ぶことがあります。この毒親という言葉は、搾取子より比較的広く認知されているようです。

毒親に育てられた子共たちは、親を嫌いながら、愛して欲しいと願います。この矛盾した気持ちを抱きながら、親子関係を続けると、適切な親子関係を築くことができません。また毒親は搾取子と対の存在である愛玩子を生み出してしまうことがあります。愛玩子とは「あいがんこ」と読みます。

搾取子はわかりやすい虐待の犠牲者です。しかし愛玩子も一種の虐待と言えます。搾取子は一般的な虐待の被害者ですが、愛玩子は優しい虐待の被害者と言えます。きょうだいで搾取子と愛玩子の関係になっている場合、時間を経て大人になっても悪い関係性が続きます。

子供を搾取子にしやすい親・家庭の特徴

フリー写真素材ぱくたそ

子供が搾取子になる家庭にはどういった特徴があるのでしょうか?搾取子を作りやすい親の性格というものがあります。しかし同じ家庭に育ったきょうだいの中に、搾取子となる子とならない子がいます。愛玩子になる場合もありますが、搾取子と愛玩子のどちらにもならない場合もあります。

では搾取子になる子供には、どのような特徴があるのでしょうか?搾取子を作りやすい家庭に共通する特徴があります。あなたは搾取子ではないか、きょうだいの中に搾取子はいないか、さらには家庭の中に搾取子と愛玩子の両方がいないかをチェックして対処法を考えましょう。

きょうだいで差別する

Photo bylangll

子供を搾取子にしやすい親や家庭の特徴の1つ目は、きょうだいで差別するというものです。搾取子は長男長女がなりやすいと言えます。第一子の場合、親はどのぐらい厳しく接したらいいかわかりません。そのため必要以上に厳しく接してしまいがちです。

しかし第2子以降になると、親も育児に慣れてきます。育児に慣れてきた第2子以降は親も接し方がわかってくるので、門限などの時間的な面や、お小遣いといった金銭的面でも甘やかされがちです。第2子と歳が離れている場合、長男長女が3番目の親の目線になります。

長子は厳しい環境に慣れ過ぎてしまうので搾取子になりがちです。第2子以降は適切な対応や対処の仕方をして、子供たちはのびのびと育っていく傾向が高いです。問題ある毒親の場合、最初に生まれた長男長女が搾取子になりやすく、第2子以降が愛玩子になりやすい傾向があります。

子供をコントロールしようとする

Photo by4144132

子供を搾取子にしやすい親や家庭の特徴の2つ目は、子供をコントロールしようとするというものです。子供にとって、親に言われたことが常識になってしまいます。こうしたことを無意識に利用し、自分の子供を搾取子にしてしまうのが、毒親の特徴です。

こうした親は「子供は自分のもの」という感覚になっています。子供を働かせて金を稼がせようとするのが当たり前の親もいます。子供も親に従わないと激高されてしまい、従わないといけないという感覚になってしまいます。子供が反抗すると親は逆ギレしてしまうこともあります。

暴力・暴言で支配する

Photo byPublicDomainPictures

子供を搾取子にしやすい親や家庭の特徴の3つ目は、子供を暴言や暴力で支配しようとすることです。自分の思うまま、子供が得る金銭や時間の全てを奪い取るため、暴言で心を傷つけたり、暴力で言うことを聞かせようとしたりして、精神的にも肉体的にも傷つけ従わせます。

特にお金の問題になると、子供が「お金がない」というと毒親は激高して、暴力を振るいます。子供に矯正してお金を持ってこさせようとすることもあります。子供は逃げ場がなく、従うしかありません。子供に物を盗ませたり、事故の被害者にさせてお金を得ようとします。

子供に関心がない

Photo byFran__

子供を搾取子にしやすい親や家庭の特徴の4つ目は、子供に関心がないというものです。子供はお金を持ってくるだけの存在としてしか見ていない親は、子供を搾取子にさせます。要は愛情がないのです。子供が好きでない、子供が嫌いな大人が親になると毒親になりがちです。

しかしそのきょうだいは愛玩子にしてしまうという特徴もあります。1人は愛玩子に、もう1人は搾取子に育ててしまうという場合もあります。しかしそこで育てられた子供は、自分の家庭環境がおかしいと考えることができないまま、大人になってしまうケースもあります。

夫婦喧嘩が多い

フリー写真素材ぱくたそ

子供を搾取子にしやすい親や家庭の特徴の5つ目は、夫婦喧嘩が多いというものです。夫婦喧嘩が耐えない家庭では、親がストレスを子供にぶつけがちです。夫婦関係がうまくかない理由を子供のせいにする親もいます。こうした家庭は搾取子と愛玩子を作りやすいと言えるでしょう。

1人を親のストレスを発散する存在として扱い、もう1人を親の愛情を与えるための愛玩子として扱うというケースがあります。甘えてくれて自分を好きでいてくれる愛玩子を作り、ストレスを発散させるための搾取子を作ってしまうのが、毒親の特徴と言えるでしょう。

金遣いが荒い

Photo by marumeganechan

子供を搾取子にしやすい親や家庭の特徴の6つ目は、金遣いが荒いというものです。借金があったり、貯金が全くなくて手にしたお金を全て使ってしまう人も、毒親になる可能性が高いです。お金の使い道が子供のためだとしても、分不相応な使い方をすることは良くありません。

子供のために全ての収入を使い切ってしまうと、子供は我慢ができない子に育ってしまいます。また子供が大きくなっても親は子供に金銭面で頼り切ってしまいます。また最初から子供をあてにして浪費している親も、将来的な展望を考えることができない毒親と言えるでしょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事