玉結びのやり方は?手縫いに必ず必要な糸の結び方をご紹介!

玉結びのやり方は?手縫いに必ず必要な糸の結び方をご紹介!

手縫いをするとき、針と糸を使って必ず玉結びをしなければいけません。玉結びは裁縫の基本です。慣れないうちは難しい玉結びですが、コツをつかめばきれいな玉結びが簡単にできるようになります。ここでは、玉結びのやり方のコツをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.玉結びとは?
  2. 2.玉結びのやり方は二種類ある
  3. 3.指を使った玉結びのやり方
  4. 4.針を使った玉結びのやり方
  5. 5.玉結びを簡単にするコツ
  6. 6.糸が絡まないようにする方法
  7. 7.針と糸の選び方
  8. 8.玉結びをマスターして手縫いを始めよう

玉結びとは?

Photo bysaulhm

玉結びは、手縫いの基本です。手縫いをするときは、縫い始めに必ずやらなければいけません。慣れていない人が玉結びをすると、きれいな玉結びにならず、糸が絡まったようになってしまいます。しかし、やり方のコツをつかめば簡単にきれいな玉結びを作ることができます。

手縫いで縫った糸を抜けないようにするストッパー

Photo byAnnaliseArt

玉結びは縫い始めに行いますが、玉結びをしないで縫うと布から糸が抜けてしまいます。ミシンを利用すれば玉結びは不要なのですが、ミシンでは出来ない細かいところを手縫いで縫ったり、ボタンを付けるときなどに玉結びが必要です。玉結びがきれいに出来ていないと、糸が緩んだり、抜けたりする原因になります。

玉結びのやり方は二種類ある

Photo by2396521

初めはなかなか上手くいかない玉結びですが、コツさえつかめば簡単にできます。玉結びのやり方は、指を使うやり方と、針を使うやり方の二種類ありますので、両方試してみて自分に合うやり方でやってみてください。きれいに手縫いを仕上げるためには、玉結びをきれいに作ることが大切です。

指を使う玉結び

Photo bymartaposemuckel

指で玉結びを作るやり方は、小学校などの家庭科の時間で習った方も多いはずです。指で玉結びを作るのは難しく、糸が浮いてきれいな玉結びができなくて、絡まった状態になってしまうことがよくあります。しかし、これをマスターすればとてもきれいな玉結びを早く作れるようになります。

針を使う玉結び

Photo byPDPics

針を使って玉結びを作るやり方は、覚えるまでは複雑そうに見えますが、覚えてしまうと指で作るよりも簡単に玉結びを作ることができます。指で作るのがどうしても苦手という人は、針を使って玉結びを作るのがおすすめです。ひとつひとつの動作を丁寧に行えば、糸が絡むことなく玉結びを作ることができます。

指を使った玉結びのやり方

Photo bygefrorene_wand

指を使って玉結びをするやり方は、慣れが必要で初めのうちはなかなか上手くいかないかもしれません。何回かやっていくうちに出来るようになりますので、練習してみるといいでしょう。やり方のコツは、きちんと糸をより合わせることです。では、指を使って玉結びを作るやり方をご紹介します。

人差し指と親指を使う

Photo byTanteTati

糸の先端を人差し指に1回巻きます。巻いたら親指と人差し指を合わせ、親指と人差し指をずらしながら糸をより合わせます。より合わせたら糸の先端を強く引いて、固く結んでください。これで玉結びの出来上がりです。

動作はとても簡単なのですが、より合わせるところが上手くいかずに、糸の先端を引っ張ってしまい失敗することが多いです。

針を使った玉結びのやり方

Photo bySteenJepsen

針を使って玉結びを作るやり方は、指を使って作るよりも失敗する可能性は低いです。玉結びの大きさの調整も出来ますので、繊維の目が粗い布などを使うときは、針を使って玉結びを作ることをおすすめします。針を使って玉結びを上手く作るコツは、ひとつひとつの動作を丁寧に行うことです。では、やり方をご紹介します。

針に糸を巻きつける

Photo byDexD

まず、針に糸を通します。針先と糸の先端を合わせて、針先に2回ほど糸を巻きつけてください。糸を巻いたところを指で押さえ、針を引き抜いて結び目を作ります。これで玉結びの完成です。

針に糸を巻いた部分をしっかり指で押さえなければ、きれいな玉結びが出来ませんので、糸がずれないように気をつけてください。また、玉結びがほどけないように結び目は固くしましょう。

巻き付けた分玉が大きくなる

次へ

関連するまとめ

人気の記事