文字刺繍のやり方をわかりやすく解説!手縫いで綺麗に名前を入れるには?

文字刺繍のやり方をわかりやすく解説!手縫いで綺麗に名前を入れるには?

刺繍でひらがなやカタカナ、アルファベットなど文字刺繍のやり方を知っていると、ハンカチやバッグに名前を入れることができます。手縫いの文字刺繍のやり方やきれいに名前を入れるコツをわかりやすく解説します。名前やイニシャルを刺繍するときの参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.名前を素敵に手縫いする文字の刺繍のやり方を紹介!
  2. 2.文字刺繍の種類とは
  3. 3.文字刺繍で覚えておきたいステッチ
  4. 4.文字刺繍のやり方①ひらがなの名前
  5. 5.文字刺繍のやり方②アルファベット・イニシャル刺繍
  6. 6.綺麗に文字刺繍をするコツは?
  7. 7.いろいろなデザインの文字刺繍にも挑戦してみよう!

名前を素敵に手縫いする文字の刺繍のやり方を紹介!

Photo byEME

刺繍は絵画のように下書きをして自由に刺繍糸を使って作ります。刺繍はミシンでも専用のパーツを取り付けて作ることができますが、手縫いの刺繍は素朴な温かさを感じます。

手縫いの刺繍は花やイラストだけでなくアルファベットでイニシャルや、ひらがなで名前を入れて文字刺繍もできます。

手縫いで作る文字刺繍の種類や文字刺繍で覚えておきたいステッチ、ひらがなの名前の文字刺繍のやり方、アルファベットやイニシャル刺繍、綺麗に文字刺繍をするコツの順にご紹介します。手縫いで名前を刺繍するときの参考にしてみてください。

文字刺繍の種類とは

名前を素敵に手縫いする文字の刺繍のやり方は、一般的なペンで書く文字のようなラインだけの刺し方や筆で描いたような太い部分がある文字の中を塗りつぶす刺し方、さらに文字に花や動物をプラスしたり文字そのものをイラスト調にするなど様々な種類があります。

手縫いで名前を入れる文字刺繍の種類を、ラインをステッチする方法、ラインを縁取りして中を塗りつぶす方法、上級者向けの文字を装飾した刺繍の順にご紹介します。手縫いの文字刺繍はデコレーションして楽しむことができる温もりのある刺繍です。

ラインをステッチする方法

Photo byClker-Free-Vector-Images

名前を素敵に手縫いする文字の刺繍のやり方は、まずはシンプルにラインをステッチする方法をご紹介します。ラインだけのステッチは、ペンで書いたような文字を刺繍で表現します。

ラインをステッチする方法は、下書きした文字の上を運針だけで描くやり方やチェーンステッチのような鎖をつないだラインで作ることもできます。ラインだけのステッチで文字を表現するには、波縫いと同じやり方のランニングステッチを使った刺し子風の文字も作れます。

さらにバックラインステッチでミシン目調やカーブの多い文字には、アウトラインステッチを使って美しい曲線を描くなど、ラインだけでも文字刺繍を楽しむことができます。

ラインを縁取りして中を塗りつぶす方法

名前を素敵に手縫いする文字の刺繍のやり方は、ラインをを縁取りして中を塗りつぶす方法もあります。デザイン画に沿ってラインをステッチするやり方で縁取りし、縁取りした中を糸を渡すだけのストレートステッチを繰り返して埋めると、ボリュームのある文字が作れます。

ラインを縁取りして塗りつぶすやり方は太い文字の場合、縫い目が大きくなり刺繍糸を長く渡すことになります。中を塗りつぶすやり方は、刺繍糸が均等に張るように刺繍枠で生地を固定してから縫い始めましょう。

上級者は文字を装飾した刺繍も

刺繍上級者におすすめの文字刺繍は、文字をラインで表現したり文字の中を埋めた文字刺繍に、花や鳥などをプラスして季節感のある文字を刺繍できます。さらに文字をレタリングするやり方もあります。

一般的に文字は、読みやすいことが優先されますが、ワインポイントやイニシャルで使う文字刺繍は、文字を様々なイラストに見立てて作ることもできます。

例えばアルファベットの「Y」に葉っぱをプラスして木を表現したり、ひらがなの「お」の最後の点を魚や野菜で表現するなど文字を装飾すると季節感や個性を表現できます。

文字刺繍で覚えておきたいステッチ

Photo byAnnaliseArt

文字刺繍をするときには、覚えておきたいステッチがあります。文字刺は直線だけでなく、曲線、さらにはイラストをプラスしたり文字をレタリングするやり方もあります。

アルファベットやひらがな、カタカナを刺繍するときに覚えておきたいステッチの種類をご紹介します。

ミシン目のようなバックステッチ、カーブを美しく表現できるアウトラインステッチ、文字の太い部分を塗りつぶしたり立体感を出せるサテンステッチを使って文字刺繍を手縫いするときの参考にしてみてください。

バックステッチ

バックステッチは、文字刺繍で覚えておきたいステッチの基本となる縫い方です。バックステッチは、ミシン目のようなステッチで、ブルージーンズに黄色い糸で縫われている部分のステッチです。

バックステッチは縫い目を小さくすると曲線も描けますが、縫い目が大きいとイビツになるため、直線を表現するときに用いるのがおすすめです。バックステッチの直線的な縫い目は、ナチュラルで素朴な温かみがあり、ひらがなを描くとやさしい印象の文字になります。

子供の幼稚園バッグやお弁当袋など、手縫いの刺繍で名前をいれてあげると、目印になると同時に可愛さがアップします。

アウトラインステッチ

文字刺繍で覚えておきたいアウトラインステッチは、名前の通り縁取りに使いやすいステッチです。アウトラインステッチは、直線だけでなくカーブも滑らかに表現できるためペンで書くような細い線や塗り絵のように縁取りをして文字を整える場合にも使えます。

アウトラインステッチは、曲線が多いひらがなやシャープなラインのアルファベット、さらに手縫いした文字刺繍を装飾するときにも使えるステッチです。

サテンステッチ

サテンステッチは、文字を刺繍するためだけでなく、ワンポイントのデザインにもテーブルクロスのような大きな布の刺繍にも使える、覚えておきたいステッチです。

サテンステッチは糸を渡すだけのストレートステッチを集めたような縫い方をします。サテンステッチは、塗りつぶすような縫い方をするステッチのため、刺繍枠を使って糸を均一に張れるようにしておきましょう。

刺繍枠を付けていないと刺繍糸が引っ張られたり余ったりするため、美しく仕上げることができません。サテンステッチは絵の具のように文字を塗りつぶしてボリュームを出すことができるステッチです。

【刺繍】ステッチのやり方!初心者でもできる基本の刺し方を紹介!のイメージ
【刺繍】ステッチのやり方!初心者でもできる基本の刺し方を紹介!
刺繍は日常的なものをアートに変えてくれます。基本のステッチも初心者には難しいものではないので、あなたの手仕事に刺繍を取り入れてみましょう。刺繍糸には美しいカラーバリエーションが揃っていますので、ステッチを変えながら刺繍することに夢中になれるでしょう。

文字刺繍のやり方①ひらがなの名前

次へ

関連するまとめ

人気の記事