【刺繍】ステッチのやり方!初心者でもできる基本の刺し方を紹介!

【刺繍】ステッチのやり方!初心者でもできる基本の刺し方を紹介!

刺繍は日常的なものをアートに変えてくれます。基本のステッチも初心者には難しいものではないので、あなたの手仕事に刺繍を取り入れてみましょう。刺繍糸には美しいカラーバリエーションが揃っていますので、ステッチを変えながら刺繍することに夢中になれるでしょう。

記事の目次

  1. 1.初心者でもできる刺繍のステッチのやり方を紹介!
  2. 2.初心者の刺繍のステッチに必要な道具
  3. 3.刺繍のステッチの基礎
  4. 4.刺繍の基本のステッチのやり方
  5. 5.刺繍の基本ステッチで作ってみよう!
  6. 6.簡単なステッチから覚えて刺繍を楽しもう!

初心者でもできる刺繍のステッチのやり方を紹介!

Photo bybluemorphos

刺繍には、一針一針進める作り手のハンドメイドの温もりと優しさがあります。ステッチを繰り返すことで生まれる繊細(せんさい)な手仕事です。刺繍の歴史は古く、古代エジプトで基本のステッチが確立していたと言うから驚きです。日本の刺繍は中国から伝わりました。

世界にはたくさんの刺繍の種類が古くからあります。日本でポピュラーなフランス刺繍、北欧ではスウェーデン刺繍、ノルウェー刺繍、東欧ではハンガリー刺繍、ルーマニア刺繍、アジアで中国刺繍、日本刺繍、インド刺繍、タイ刺繍など多彩です。

Photo by maryfrancesmain

世界各地にある刺繍は、それぞれ特性豊かで世界中の女性たちに愛されていますが、決して難しいものではありません。すべての刺繍にはベースになっている基本のステッチがあり、そのパターンの繰り返しやパターンの組み合わせで、温もりあふれた美しい作品を作り上げているのです。

高度な技術が必要とされる芸術作品のような刺繍作品がある一方、身近なものに刺繍糸でステッチを刺すことで簡単に初心者にもすぐ取り組める、それが刺繍の魅力です。

Photo by DanaK~WaterPenny

そして誰しもが初めは初心者です。初心者は基本になるステッチをまずマスターしてみることから始めるとよいでしょう。シンプルな図案を使って実際に作品を作ってみることをおすすめします。ここではフランス刺繍をメインに取り上げ初心者が始めるにあたっての刺繍の基本から紹介します。

初心者の刺繍のステッチに必要な道具

Photo by Shrie Bradford Spangler

フランス刺繍を始めるにあたって、基本の道具が必要です。手芸店で図案や布、刺繍糸から針までワンパックになった初心者用のキットも手に入りますが、その他にも必要なものが出てきますので基本の道具を揃えましょう。ここでは刺繍ステッチを始めたい初心者に必要ないくつかの道具を紹介します。

刺繍針

Photo byCrepessuzette

刺繍を始めてみたい初心者はシンプルに道具を揃えて行くとよいでしょう。まず針ですが普通使われる縫針に比べ、フランス刺繍針は針先に丸みがあり、長さ、針穴の大きさが違う針が何サイズか用意されています。初心者は最初、何サイズかの刺繍針がセットになったものがおすすめでしょう。

刺繍糸

Photo by aehdeschaine

刺繍糸ですが、細い糸が6本束ねられて1束になった25番が初心者にはおすすめです。カラーバリエーションは豊富なのでお好みの色を用途に合わせ、絵を描くとき色鉛筆を揃えるように用意します。1束の中から必要な本数の糸を使うことで、その違いからステッチの質感の味わいに差が出ます。

刺繍枠

Photo by shop8447

刺繍枠は使わなくてもステッチは刺せますが、刺繍枠があった方が初心者には刺繍を刺しやすいでしょう。布がたわんだり、シワになったりを防げます。初心者におすすめのフランス刺繍の刺繍枠のサイズは、8㎝〜15㎝です。手に持って扱いやすいサイズをご自身で使ってみて選んでみましょう。

糸きりハサミ

Photo by SMLvaDo

刺繍糸を切る糸切りハサミは、工作用のハサミでは刺繍糸の切り口がほつれてしまうのでおすすめできません。やはり刺繍用の先の尖った切れ味のよい刺繍ハサミを用意しましょう。細かい作業に向いた、指先になじむものがよいです。

ハギレ布

Photo by DanaK~WaterPenny

あなたが刺繍したいものは何でしょう?初心者であれば最初はハンカチやお子さんのランチ・バッグなどかも知れません。その場合、用意する布の素材は、目の詰まったコットンやリネンがおすすめです。刺繍の図案を描きやすく、ステッチを刺しやすいからです。

初心者であっても、イメージをスケッチしながら、刺繍を進めて行ければ布選びも楽しめるでしょう。お子さんのランチ・バックに好きな花や動物を刺繍してあげたら喜ばれます。

チャコペン・チャコペーパー

刺繍の図案を下書きするチャコペン・チャコペーパーですが、刺繍が完成する前に自然に消えてしまうタイプは、おすすめできません。刺繍がしやすいのは目立った色で、完成してから水で洗って消えるタイプがおすすめです。上の動画では簡単に図案を布に写すやり方を紹介しています

刺繍のステッチの基礎

Photo by DanaK~WaterPenny

次へ

関連するまとめ

人気の記事