結婚式で節約できるポイントと節約術まとめ!料理やギフトでの注意点は?

結婚式で節約できるポイントと節約術まとめ!料理やギフトでの注意点は?

人生の一大イベントの結婚式は何かとお金がかかりますが、節約できるポイントはたくさんあります。日程や料理の質を考えたり、手作りすることで結婚式の費用を節約することはできます。結婚式の節約術を知って、余ったお金は新婚生活のために使いましょう。

記事の目次

  1. 1.結婚式の節約ポイントを押さえておこう!
  2. 2.結婚式の節約術【日程】
  3. 3.結婚式を仏滅に挙げて節約する
  4. 4.結婚式の節約術【手作り】
  5. 5.結婚式の節約術【料理】
  6. 6.結婚式の節約術【その他】
  7. 7.結婚式の節約に注意が必要なポイント
  8. 8.結婚式まで上手に貯金するコツ
  9. 9.結婚式は節約できるポイントを押さえて楽しもう!

結婚式の節約ポイントを押さえておこう!

Photo byTakmeomeo

結婚式は一生のうちでとても大きなイベントです。「素敵なウェディングドレスを着たい」「たくさんの友人に祝ってもらいたい」「豪華な料理を出したい」「思い出の写真をいっぱい残したい」など希望はたくさんあるでしょう。

しかし、結婚式に費用をかけ過ぎるのも問題ではないでしょうか?これから夫婦となる2人の生活が始まります。結婚式にお金を使い過ぎて、のちの生活が苦しくなってしまっては、結婚式貧乏になってしまいかねません。

結婚式には、財布のひもを締めるところは締める節約術があります。日程を再考したり、手作りのものを使うなど思い出に残る結婚式でありながら、上手に節約術を駆使して、後悔のない結婚式にしましょう。

結婚式の引き出物の相場はいくら?人気商品や選び方・マナーも紹介! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
結婚式の引き出物の相場は大体いくらぐらいなのか?これから結婚式を控えているカップルにとっては、選び方やマナーも気になるところです。そこで今回は、結婚式の引き出物の相場を贈る相手や地域別にご紹介。親族に贈るもの、同僚に贈るものなど選び方のポイントもまとめます。

結婚式の節約術【日程】

Photo bySplitShire

結婚式の節約術として、日程を考え直すという方法があります。結婚式にはシーズンがあります。5月、6月、10月、12月といった過ごしやすく気候に恵まれている時期に日程を組むカップルが多いようです。

そのため、結婚式シーズンに結婚式の日程を組むと、通常より割高になる傾向があります。結婚式のシーズンオフに日程を組むことが、節約術のポイントとなるでしょう。

具体的には真夏の8月や、12月、1月、2月といった寒い時期は外でのウエディングにも向かず、ゲストの人も普段と違った格好で行くことが多いため、過ごし難いと感じる人もいるでしょう。

こうした時期は結婚式の閑散期と言えます。そのため、この時期に日程を組むと、結婚式費用が数万円から数十万円安くなったり、特別なサービスが付いたりします。

曜日や時間帯で節約可能

Photo byqimono

一般的に結婚式は土曜日、日曜日、祝日に日程を組んで行われることが多いと言えるでしょう。平日に日程を組むカップルは少ないようです。

そのため、平日に日程を組んでもらえるよう結婚式場では「平日挙式プラン」「平日割引」といった割引を用意している場合もあります。

デパートや店舗勤務や美容関係の職業の人が友人に多い場合は、日程を平日に組んで費用を節約するのも手ではないでしょうか?

また、大勢のゲストを呼ぶ予定でない場合、出席者に日程を調整してもらって、平日に結婚式を挙げるのはどうでしょうか?費用が節約され、新郎新婦側は助かるでしょう。

Photo byBessi

結婚式の節約術として、ナイトウェディングを挙げてみてはいかがでしょうか?ナイトウェディングとは、夕方から夜の時間帯に行われる結婚式です。昼間の結婚式に比べて、数が少ないことが特徴です。

夜景を楽しんだり、ナイトキャンドルでロマンティックな演出ができる点もポイントです。本番は夜なので、当日の準備もゆったりとできます。

遅い時間に行われるので、二次会などを行わないことも自然にできて、結婚式費用に悩むカップルに歓迎されているそうです。

挙式までの日数が短いほど値引きしやすい

Photo bywebandi

結婚式場は1年ぐらい前から押さえておくカップルが多いようです。そのため、結婚式まで1年を切った日程は、予約が埋まりにくい傾向にあります。このため、値引きがしてもらいやすいところがポイントです。

特に半年以内に結婚式の日程を組むと、大きな値引きをしてくれる結婚式場は少なくありません。日程にもよりますが、100万円近くの値引きをしてくれたケースもあるようです。

結婚式自体の打ち合わせは、本番の4カ月から5カ月前から行われ始めるので、半年前の日程に予約しても、準備に遅れる心配は少ないのではないでしょうか?

結婚式を仏滅に挙げて節約する

Photo bysfetfedyhghj

結婚式の費用は「六輝」によって、大きく変わると言われています。六輝とは暦に記されている暦注の1つです。月曜日、火曜日といった曜日のように、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つが繰り返されています。「六輝」の他、「六曜」という言い方もあります。1つ1つに意味が付けられているのが、大きなポイントです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事