結婚式の招待状は手作りで!作り方のアイデアや文章・注意点まで解説!

結婚式の招待状は手作りで!作り方のアイデアや文章・注意点まで解説!

結婚式の招待状はゲストの出欠を確認するものです。相手に送るものだからこそ、手作りして個性的な招待状を作る人も多くいます。今回は、結婚式の招待状の基本的な作り方や、手作りするうえでの注意点などもまとめて詳しく解説していきます。

記事の目次

  1. 1.結婚式の招待状の手作りする方法
  2. 2.結婚式の招待状の手作りのアイデア
  3. 3.結婚式の招待状の文章の例と注意点
  4. 4.結婚式の招待状を手作りする注意点
  5. 5.結婚式の招待状を手作りする際の送り方
  6. 6.結婚式の招待状を手作りするメリット・デメリット
  7. 7.結婚式の招待状は簡単に手作りできる

結婚式の招待状の手作りする方法

結婚式は人生において大きなイベントです。だからこそ創意工夫を凝らして素敵な思い出となるような式の準備に取り掛かっていきましょう。

結婚式の準備をするうえで欠かせないのがゲストに送る招待状です。ある程度の様式は決まっていますが、実はアイデア次第によっては素敵な招待状を手作りすることができます。まずは手作りで招待状を作る場合の方法やアイデアを紹介していきます。

材料をそろえる

Photo bybluemorphos

手作りの招待状をつくるうえでまず行ってほしいのが、材料をそろえることです。手作りしたい招待状のデザインにもよりますが、そのアイデアによって必要なものをリストアップしておきましょう。

昨今は100均でも招待状をつくるための材料を購入することもできますので、手軽に手作りの招待状をつくることができます。また、コスト削減という面においてもおすすめです。

どうしてもアイデアがまとまらない場合も近くの100均で販売している招待状のキットなどを参考にするのもおすすめです。

文章を考える

Photo byEngin_Akyurt

結婚式の招待状は式に招待するゲストに送るものですから、手作りするときは失礼のないような文章を作成することも大切です。特に結婚式は冠婚葬祭になりますから、文章においても守るべきマナーが存在します。

また、人によっては招待状を送る相手に対して一言添えた方がいい場合もあります。送られたゲストが不快な印象を抱かないようにアイデアとして招待状に書く文章もまとめておきましょう。

デザインを考える

Photo bycongerdesign

結婚式の招待状を送るうえで最も重要なポイントはデザインです。招待状はアレンジできるポイントが決まっているので、手作りするときはある程度アイデアをまとめる必要があります。

もしスキルを持っているのであれば、パソコンを使用して本格的なデザインをつくるという方法もおすすめです。

パソコンが得意ならテンプレートがおすすめ

結婚式の招待状をデザインするのは苦手だったり、アイデアがまとまらないという人にはテンプレートの利用してみるのも良いでしょう。

テンプレートは無料なものも多く、そのまま利用することもできます。手作りの招待状をつくるための参考として色々探しながら手作りの招待状を完成させていきましょう。

手作りキット・100均の利用もおすすめ

Photo bykaboompics

手作りしたいけれど、工作が不得意な人は100均などで販売されているキットを利用して招待状を作成するのも良いでしょう。

結婚式は色々と準備するものも多いので、全てを手作りするとなるとどうしても費用面の問題が出てきてしまうこともあります。できるだけコストを削減したいと考えている人にとっても100均で販売されているキットは最適です。

こだわり派なら完全手作りがおすすめ

結婚式は人生における最大のイベントだからこそ、いちから全て自分好みにプロデュースしたいと考える人も多くいます。招待状においても妥協せずこだわりたいのであれば、紙の素材などいちからこだわって手作りすると良いでしょう。

メリットとしては独自性の高い招待状をつくることができますが、そのアイデアによっては作成時間が多く必要な場合もあります。

結婚式の招待状は送るタイミングが遅すぎると失礼にあたりますので、スケジュールに合わせて手作りしていくことも大切です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事