紙粘土工作アイデア17選!大人から子供まで楽しめる作り方やテクニックも紹介!

紙粘土工作アイデア17選!大人から子供まで楽しめる作り方やテクニックも紹介!

紙粘土工作はスイーツやペットなどをモチーフにして、様々な作品を作ることができます。乾くと硬くなるため、リースや箸置きなどを作るのにもおすすめです。紙粘土工作のアイデアやきれいな作品を作るためのテクニック、おすすめの紙粘土などを紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.紙粘土で工作を楽しみたい!
  2. 2.紙粘土工作の魅力
  3. 3.紙粘土工作に必要な物
  4. 4.紙粘土工作の作品アイデア10選
  5. 5.紙粘土工作の作り方アイデア7選
  6. 6.工作に使えるおすすめ紙粘土
  7. 7.工作に使えるおすすめ紙粘土一覧比較表
  8. 8.紙粘土工作を趣味にして楽しもう!

紙粘土で工作を楽しみたい!

Photo byLMoonlight

子供の頃に粘土遊びをした方も多いことでしょう。紙粘土は乾燥する硬くなり、様々な作品を作ることができます。子供の工作だけではなく、最近は大人の趣味としても人気があります。

乾燥した紙粘土は、絵の具で簡単に色を付けることができます。紙粘土のスイーツや人形などの作品をはじめ、箸置きやスイーツ、小物入れなども作ることができます。

今回は紙粘土工作を楽しみたい方のために、紙粘土工作の魅力や作品アイデア、おすすめの紙粘土などを紹介します。

紙粘土工作の魅力

紙粘土は子供の工作といイメージがありますが、子供だけではありません、紙粘土を使った大人のプロの造形家も多く、目を見張るようなフィギュアや小物が人気を呼んでいます。また最近は大人の趣味としても注目されていて、SNSにも多くの作品がアップされています。

紙粘土は扱いが簡単で、比較的安価な値段で手に入れることができます。家にいる時間が長い時にコツコツと作品を作ったり、子供と一緒に工作を楽しんだりするのもおすすめです。

軽くて扱いが簡単な粘土

Photo by aMichiganMom

紙粘土とはパルプを主原料にした粘土のことで、水や糊を混ぜて作っています。乾燥すると軽くなって固まります。一度、固まった紙粘土は水を加えても元に戻ることはありません。紙粘土に似たものに油粘土があります。油粘土は時間が経っても固まらず、何回でも使うことができます。

紙粘土は子供でも簡単に扱うことができます。ワイヤーやリボン、フェルトと組み合わせて使うこともでき、アイデア次第で様々な作品を作ることができます。

子供も大人も楽しめる

Photo by t r e v y

紙粘土は子供の工作というイメージがありますが、大人の方も様々な作品を作って楽しむことができます。紙粘土は固まると塗料や絵の具で簡単に色を付けることができます。また初に紙粘土に色を混ぜ込んで色付きの紙粘土にしてから、作品を作ることができます。

夏休みの宿題など、子供と一緒に工作を楽しむのもおすすめです。また紙粘土を使ってかわいいスイーツやキーホルダー、マスクなどを作って、お部屋のインテリアにして楽しむのもいいでしょう。

材料が100均でも揃う

紙粘土や工作に必要な道具は100均でも販売されていて、簡単に紙粘土工作にチャレンジことができます。100均では紙粘土、ヘラ、粘土板、色づけに必要な絵の具などが販売されています。また作品にツヤを出すニスなども100均で手に入れることができます。

フィギュアなど凝った作品を作る前に、まずは100均で手に入る簡単な道具を使って作品を作ってみるのもおすすめです。100均の道具でも、子供だけではなく大人も様々な作品が作れます。

粘土の種類と特徴まとめ!目的に合った選び方や100均のおすすめ商品も紹介!のイメージ
粘土の種類と特徴まとめ!目的に合った選び方や100均のおすすめ商品も紹介!
粘土にいろいろな種類があることをご存じでない人もいるでしょうから、わかりやすく解説します。また、粘土の種類ごとの特徴を見るとともに、目的に応じたおすすめの選び方を紹介します。さらに、100均のダイソーやセリアにもいい粘土があるので、それも取り上げます。

紙粘土工作に必要な物

紙粘土工作は子供から大人まで、誰でも簡単に楽しむことができます。作品作りを楽しむためには、まずは道具を揃えましょう。紙粘土工作には複雑な道具は必要なく、簡単にスタートすることができます。ここからは揃えておきたい道具をお伝えしましょう。

紙粘土

一口に紙粘土と言っても様々なタイプのものがあります。軽量紙粘土は柔らかいので練りやすく、子供にも扱いやすい紙粘土です。細かい作業をしやすく、小さな作品を作るのにも適しています。

重量紙粘土は重さがあり、硬化後は陶器のような仕上がりになります。細かい細工を施した作品は難しいのですが、少し大き目の作品を作るのに適しています。

紙粘土ではないのですが、紙粘土と似たものに樹脂粘土があります。固まっても弾力性があるので、スイーツ作りなどに人気があります。

粘土板

紙粘土工作をするには、粘土板は欠かせない道具です。粘土版は、粘土が付かないよう加工が施されている工作用の板のことです。紙粘土はべたつくので、粘土板を使うとテーブルを汚すことなく作品を作ることができます。

粘土板の中には裏面に動物や花などの押し型が付いているものがあります。紙粘土を詰めて取り出すだけで簡単に作品を作ることができ、子供の工作にもおすすめです。

ヘラ

紙粘土工作で、細かな作業をするには粘土ベラは欠かせない道具です。子供の頃、プラスチック製の粘土ベラを使った方も多いことでしょう。粘土ベラは、粘土をカットしたり模様を付けたりするのに使います。

大人の方が作品を作る際には、子供用ではなくワンランク上の粘土ベラがおすすめです。先端が尖っているものがあり、細かい作品を作るのに適しています。粘土ベラはセットで売られているものが多く、数種類のヘラを一度に揃えることができます。

ニスや絵の具

Photo byKaoruYamaoka

次へ

関連するまとめ

人気の記事