ヤフオクの発送方法を変更するやり方!出品中・落札後・匿名配送での方法は?

ヤフオクの発送方法を変更するやり方!出品中・落札後・匿名配送での方法は?

手軽に売り買いできるヤフオクですが、発送方法を変更したい場合どうしたらいいのでしょう。発送方法の変更によって送料は変わります。近年はヤフオクでも匿名配送ができるようになりました。落札後にトラブルが起きない発送方法の変更のやり方を見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.ヤフオクで発送方法を変更するやり方
  2. 2.ヤフオクの発送方法と送料
  3. 3.ヤフオクで出品中の発送方法の変更
  4. 4.ヤフオクの落札後の発送方法の変更
  5. 5.ヤフオクでの匿名配送での発送方法
  6. 6.ヤフオクでの発送方法の注意点
  7. 7.ヤフオクでの発送方法は簡単に変更可能!

ヤフオクで発送方法を変更するやり方

Photo byComfreak

個人が手軽に売り買いできるのがヤフオクのいいところです。ヤフオクを利用して貴重なアイテムを手に入れたり、断捨離したい物を出品して金銭を得たりすることもできます。

落札者として商品を落札してみると、次に配送のやり方という問題が起きます。ヤフオクでは様々な発送方法があります。

落札した後に、発送方法を変更したいと思った場合、どうすればいいのでしょう?そもそも落札後に発送方法の変更は可能なのでしょうか?

オークションが終わると、出品者と落札者の取引が始まります。この時、匿名配送を指定していない場合、出品者と落札者の両方に、お互いの個人情報が知らされます。では取引前に、何らかの理由で登録情報を変更したい場合、どうしたらいいのでしょう?

登録情報の変更

Photo byjaneb13

ヤフオクでは落札後に取引ナビというシステムで、出品者と落札者のやり取りがスタートします。もしあなたが落札者で、自分の取引情報を変更したいと考えた場合、取引ナビでのやり取りを開始する前なら、行うことができます。

配送をする上で重要な情報なので、順序を踏んで変更していきましょう。まず落札後、「取引をはじめる」をタップしましょう。このやり方で取引がスタートします。ヤフオクで表示される取引情報は、YahooIDに記された内容です。

変更する場合は「編集する」をタップします。お届け先住所の項目に、「落札者情報と同じ情報」を選択します。このやり方で、あなたが編集した情報が表示されます。

さらに「お届け方法」と「支払い方法」を選択し、情報に誤りがなかったら「決定する」をタップしましょう。

新しい住所の登録

Photo bySkitterphoto

YahooIDに登録している住所はそのまま変更はなく、別の住所に送って欲しい場合もあるでしょう。この場合はどう変更したらいいのでしょうか?まず落札後に「取引をはじめる」をタップしましょう。

「お届け先住所」を登録した住所でなく別の場所に変更したいので、「その他の住所」を選択しましょう。そして入力フォームに指示通り入力していきます。

この住所に今後も配送を依頼する機会がありそうな場合は、Yahooアドレスブックに登録しておくと、次回の落札後に入力フォームへの入力が不要となるので便利です。

取引情報登録後に変更したい場合

Photo byrawpixel

ヤフオクで落札後、取引情報を入力してしまった後に住所を変更したい場合は可能なのでしょうか?基本的にこの場合は変更ができません。やり方としては取引メッセージで出品者と連絡を取ることがおすすめです。

取引情報の変更は取引メッセージからお願いしましょう。ただし、出品者がもう商品を配送してしまった後は、情報の変更はできません。この場合、落札者のミスになるので、配送業者に連絡して、住所変更をお願いしましょう。

商品が最寄配送所に到着してしまっている場合は、転送料金がかかる場合があるので、十分に気を付けましょう。

ヤフオクの自動延長とは?メリット・デメリットや見分け方も解説! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
入札終了時間が自動延長されるヤフオクの設定について解説します。つい熱くなって思わぬ高額落札をするというデメリットを避けるコツがあるのです。ヤフオク初心者の方の為にヤフオクの自動延長のメリット・デメリットやビット合戦に巻き込まれないコツをご紹介します。

ヤフオクの発送方法と送料

Photo byQuinceMedia

ヤフオクで商品を落札後、どのような配送方法が選べるのでしょうか?さらには送料はどの程度かかるのでしょう?まずA4サイズの場合、ヤフネコ!ネコポスが225円、ゆうパケット(お手軽版)が210円、クリックポストが185円かかります。

レターパックライトが360円、レターパックプラスが510円、ゆうメールが180円から710円、定形外郵便は82円から対応しています。ヤフネコ!ネコポスの場合だけ補償が効きます。

A4より少し大きい商品の発送方法はヤフネコ!宅急便コンパクトが444円から、定形外郵便が92円から対応しています。ヤフネコ!宅急便コンパクトも補償が効くやり方なので、大事な商品の場合おすすめの発送方法です。

Photo by yukop

A4より大きいサイズの場合、ヤフネコ!宅急便が657円から、ゆうぱっく(おてがる版)が630円から、ゆうパックが690円からになります。ヤマトの宅急便は757円から、佐川急便の飛脚宅配便が756円から、らくらく家財宅配便が4320円からになります。A4より大きなサイズはどの発送方法でも補償が効きます。

関連するまとめ

人気の記事