囲み目メイクでナチュラルなデカ目を作る方法!アイメイクのコツを伝授!

囲み目メイクでナチュラルなデカ目を作る方法!アイメイクのコツを伝授!

囲み目メイクをしてみたことはありますか?メイクが濃くなり、きつい顔になると言われる囲み目メイクは、過去の事です。今どきトレンドの囲み目メイクは、ナチュラルメイクベースで、理想の目元に仕上がるおすすめの手法です。小さい目や一重目をデカ目に見せるコツを紹介します。

記事の目次

  1. 1.囲み目メイクでデカ目になろう!メイク方法を紹介!
  2. 2.囲み目メイクとは
  3. 3.囲み目メイクのメリット
  4. 4.ナチュラルな基本の囲み目メイクのやり方
  5. 5.カラー別の囲み目メイクのポイント
  6. 6.目元別の囲み目メイクのポイント
  7. 7.年代別のおすすめ囲み目メイク
  8. 8.囲み目メイクでナチュラルなデカ目を叶えよう!

囲み目メイクでデカ目になろう!メイク方法を紹介!

Photo byalehidalgo

目元を印象づける囲み目メイクは、デカ目効果があり年齢を問わず人気です。初心者でもケバくならない囲み目メイクの今のトレンドは、ナチュラル感を出したメイクで、こなれ感が引き出せます。囲み目メイクは自分の雰囲気を、さらにおしゃれな目元で印象的に見せます。

囲み目メイクのやり方や、ポイント・コツを覚えて、デカ目に見せる囲み目メイクにトライしましょう。今のトレンドな囲み目メイク術をご紹介いたします。年齢別のおすすめメイクアレンジや、一重さんに必見の囲み目メイクもあわせてご覧いください。

囲み目メイクとは

Photo byDzeeShah

囲み目メイクとは、アイシャドウやアイラインで目の縁を囲み、目をデカ目にするメイク方法で、昔からモード系など派手なメイクとして流行を作ってきました。アイラインで目の周りをぐるりと囲むだけじゃない、囲み目メイクテクニックがあり、今風の囲み目メイク術が評判になっています。

デカ目が作れる囲み目メイクは、目が小さいと悩んでいたり、一重・奥二重の悩みも解消できるテクニックがあります。囲み目メイクのおすすめトレンドテクニックを覚えて、おしゃれ度アップ・女子力アップを狙いましょう。

一昔前の囲み目メイクとの違い

Photo byoliana_gruzdeva

今人気の囲み目メイクと、一昔前の囲みメイクの違いは、今のトレンドの囲み目メイクは、ナチュラル感を大事にした手法で作っていきます。以前の囲みメイクは目の周りを黒やダークブラウンのアイラインでしっかり縁取りし、アイシャドウでさらに協調していました。

アイシャドウもハッキリした色やラメ入りのタイプを使って、限りなく派手なデカ目作りをするものでした。ファッション性を重視し、キリッとした目元を作り、大人っぽくかっこいい演出をしていました。しかしそれは時代遅れで古臭いメイクです。

今の囲い目メイクは、可愛らしさとおしゃれでスタイリッシュな抜け感を意識し、ナチュラルに見せています。色のトーンも派手になりすぎず、ブラウンを基本に、流行のニュアンスカラーをポイントに使って、おしゃれなデカ目に見せています。

囲み目メイクのメリット

Photo byivanovgood

囲み目メイクのメリットはどんなところにあるのか、囲み目メイクの良さを見ていきましょう。囲い目メイクは目の縁取りをして、デカ目に見せると思いがちですが、実際にはそれほど強調して作り上げずに、ポイントを抑えてメイクしていきます。

囲い目メイクは目を立体的にするテクニックで、目に表情をつけていきます。囲い目メイクのメリットを知って、自分にあった囲い目メイクのやり方を見つけましょう。目のタイプを選ばず、一重まぶたもデカ目にするおすすめの技ありメイクです。

理想の目元に近づける

Photo byJerzyGorecki

囲み目メイクのメリットは、理想の目元になれるところです。今のトレンドの囲み目メイクは、目元をきつく印象づけるのではなく、柔らかな雰囲気の中に、ポイントを抑えた手法でメイクをしていきます。それは一律に同じ様な流行メイクをせず、自分の良さを引き出した理想の目元になります。

囲み目メイクは、目が小さいコンプレックスや、目が離れたコンプレックス、目と目の位置が近いコンプレックス、一重まぶた、奥二重など、それぞれの欠点をカバーするメリットがあります。囲み目メイクのテクニックは、理想の目元づくりにおすすめです。

年齢を問わず挑戦しやすい

Photo bysonamabcd

囲い目メイクのメリットは、年齢を問わず挑戦しやすい点が挙げられます。今どきの囲い目メイクはいろいろな雰囲気作りが出来るので、どの年代の方達に楽しんでいただけます。囲み目メイクは似合わないと思っている人は、ぜひ挑戦してデカ目をゲットしてみましょう。

最近のメイクは、いかに自然なテイストを出せるかがトレンドで、囲み目メイクもナチュラルな中に、キッチリしたポイントを作れば、年齢を問わず素敵な女性に演出できます。かわいい囲い目メイクからエレガント、スタイリッシュ、抜け感ある囲い目メイクなどおすすめのメイクです。

こなれ目を演出できる

Photo byivanovgood

囲い目メイクのメリットは、こなれ目を演出できます。頑張ってメイクをしたというチグハグな雰囲気を感じさせない、さりげなくナチュラル、且つデカ目を叶えた囲い目メイクで作ると、洗練されたこなれ目が出来上がります。

こなれ目はおしゃれで誰から見ても注目を浴び、真似したい憧れのメイクです。囲い目メイクに挑戦し、ぜひおしゃれリーダーになってみましょう。旬なまぶたを作る囲い目メイクの魅力にあふれた仕上がりは、はまってしまう人続出中です。

ナチュラルな基本の囲み目メイクのやり方

フリー写真素材ぱくたそ

ナチュラルな基本の囲み目メイクのやり方は、アイシャドウ・アイライナーをベースに、ブラシやチップなどアイメイクの道具が必要です。アイメイクを綺麗に仕上げるコツは、道具を清潔にし、色が混ざり合わないブラシやチップを使うことです。

使いまわした色がついていると、せっかく新しい色をのせても濁って汚れた出来上がりに見えてしまいます。アイメイクの色使いを美しく見せるよう、一度道具を見直してみましょう。それでは囲み目メイクの基本のやり方、アイシャドウやアイラインについてご紹介いたします。

アイシャドウ

Photo byxaaranovack

ナチュラルな基本の囲みメイクでアイシャドウは、肌に近いパウダータイプがおすすめです。ナチュラルに仕上がるマット系のアイシャドウを用意しましょう。今の囲み目メイクは、昔のメイクとは違う仕上がりになります。

ナチュラルメイクのアイシャドウは、肌に近い質感になるように、次におすすめのタイプは、クリームタイプです。薄づきに伸ばすことができ、肌に密着感があります。まぶた全体に伸ばして使い、細部のぼかしにはパウダータイプを使うテクニックもあります。

アイシャドウの色の選び方

Photo byMyshanah

囲みメイクのアイシャドウの色選びは、ナチュラルに見えるピンク系ベージュブラウンやオレンジ系ベージュブラウンを主流に使ってみましょう。ナチュラルメイクの基本のベージュカラーのバリエーションで、ピンクやオレンジと重ねていきます。

囲み目メイクのアイシャドウは、目元からのグラデーションを綺麗に入れていくと効果的なデカ目の演出になります。はじめは自分の肌に似合う色のグラデーションを作ってみましょう。ハイライト色が1色あると立体的な効果を作り出せます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事