繊細な人の性格や見た目の特徴・長所とは?向いている仕事や接し方も紹介!

繊細な人の性格や見た目の特徴・長所とは?向いている仕事や接し方も紹介!

「繊細」の意味と同時に繊細な人の性格や見た目の特徴を考えてみましょう。また、繊細な人にはどんな長所や短所があって、向いてる仕事はどのようなものか、接し方はどうすればいいか、恋愛事情はどうなっているかなどいろいろな面を掘り下げてみます。

記事の目次

  1. 1.「繊細」の意味
  2. 2.繊細な人の特徴【性格】
  3. 3.繊細な人の特徴【行動・態度】
  4. 4.繊細な人の長所
  5. 5.繊細な人の短所
  6. 6.繊細な人に向いてる仕事
  7. 7.繊細な人への接し方
  8. 8.繊細な人の恋愛事情は?
  9. 9.「繊細な人」と言われる性格の改善方法
  10. 10.繊細な性格の長所を活かしていこう!

「繊細」の意味

Photo byClker-Free-Vector-Images

普段何気なく「繊細」という言葉を使うこともあるでしょうが、その意味を深く考えたことがあるでしょうか。「繊細」は簡単な言葉なので、わざわざ意味を考えるまでもないという人も多いでしょうが、念のために確認をしておきましょう。正確な意味がわかれば、今後使いやすくなるでしょう。

①見た目がほっそりとしていること

Photo byOpenClipart-Vectors

「繊細」には2つの意味があります。まずは、見た目や外見上を表す意味で、「ほっそりしている」「弱弱しい」ということです。「優美な」とか「美しい」というニュアンスが加わる場合もあります。使い方としては、「繊細な指」などのようになり、「ほっそりして美しい指」という意味になります。

②感情がきめ細かい・打たれ弱い

Photo bykahalb

見た目や外見上の意味のほかに、「繊細」には、「感情がきめ細かい」「打たれ弱い」「優しい」という意味もあります。こちらは内面の性格の特徴を表す意味で、使い方としては「繊細な神経の持ち主」などのようになります。これで「細やかな鋭い神経の持ち主」という意味になります。実際にこのような意味の使い方をしたことがある人もいるでしょう。

繊細な人の特徴【性格】

Photo byFotografieLink

「繊細」の意味がわかったところで、今度は繊細な人の性格面の特徴を見てみます。特に見た目の特徴ではなく、内面の性格の特徴です。普通繊細な人というと、言葉の響きから言って、普通の人に比べてか弱そうな感じがします。しかし、実際のところはどうなっているのでしょうか。一つ一つ項目ごとに説明していきましょう。

傷つきやすい

Photo byGDJ

繊細な人は、神経が細やかにできているせいかとても傷つきやすいです。ちょっとした他人の言動で心が動揺することもあり、落ち込んでしまう場合があります。これくらいのこと言っても相手は気にしないだろうと思っても、繊細な人だとかなり気にかけることもあり、傷ついてしまう場合があるのです。それが見た目に表れるケースもあります。

何かと人と比較する

Photo byqimono

「繊細」とは、「神経が細やかなこと」を意味しますが、それだけに些細なことまで気にしてしまいます。その性格上の特徴が悪い面に出ると、どうでもいいことまで他人と自分を比較するようになり、どうして自分は○○さんより劣るのだろうかと悩むようになります。他人と自分を比較するのが悪いことだとは言えませんが、繊細な人は行き過ぎてしまいます。

自分で決断することが苦手

Photo byClker-Free-Vector-Images

繊細な人は、細かいことまで気を遣う性格なので、ある決断をしたらそれがどうなるだろうかと思い悩むことが多くなります。そのため、先のことまで心配してしまい、ここ一番の決断ができません。また、他人から決断を迫られた時も、相手がどう考えるだろうかなどと余計なことを頭に描き、答えを出せなくなります。

不安になりやすい心配性

Photo byRyanMcGuire

「繊細」という性格の特徴から言って、何につけ小さなことに気づいてしまい、それが心配の種になることがあります。他人から見れば大したことでもないことに不安になり、余計な心配をするのです。「繊細」であるという性格の特徴は必ずしも悪いことではありませんが、あまり心配症になるのはよくありません。

完璧主義で細かいことが気になる

Photo bygeralt

繊細な人の多くは完璧主義者です。仕事でも家事でも細かいことを気にし、わずかなスキや漏れがなくなるまで頑張り続けます。これは繊細な人の性格上の特徴の長所とも言えますが、あまり完璧主義すぎるといつまでもとどまることがなくなります。また、他人にも完璧を求めますが、それを言い出せずに一人悩むことにもなります。

ネガティブ思考になりやすい

Photo byRobinHiggins

繊細な人は、その性格上の特徴のためにネガティブ思考に陥りやすいです。些細なことを見てはあれこれ悩み、マイナスにとらえてしまうのです。細かなことに気づくという性格は優れた長所ではありますが、それを気に病み、悪い方向へ考えてしまうのは褒められたことではありません。

次へ

関連するまとめ

人気の記事