7インチタブレットのおすすめ13選【最新版】持ち運びが便利な人気商品は?

7インチタブレットのおすすめ13選【最新版】持ち運びが便利な人気商品は?

タブレットにはいくつかのサイズがありますが、そのうち7インチのものについて、持ち運びがしやすい人気おすすめ機種を紹介しましょう。合わせて、7インチタブレットの選び方、メリットなども取り上げるので。その情報を参考にいいタブレットを購入してください。

記事の目次

  1. 1.持ち運び便利な7インチタブレットを探してみよう!
  2. 2.7インチタブレットの選び方とは?
  3. 3.7インチタブレット人気おすすめ5選
  4. 4.7インチタブレットのおすすめメーカー
  5. 5.7インチタブレットのメリット
  6. 6.7インチタブレットのデメリット
  7. 7.7インチタブレットは持ち運び便利で使いやすい!

持ち運び便利な7インチタブレットを探してみよう!

Photo byNick_H

7インチタブレットというと小さい方のサイズになるので、比較的持ち運びはしやすいのですが、そうはいっても製品ごとに携帯性は違っています。したがって、できるだけ持ち運びがしやすいものを選んだ方がいいのですが、どのような種類があるのか見てみましょう。

安いタブレットのおすすめ17選!コスパが高い人気商品の選び方や注意点は?のイメージ
安いタブレットのおすすめ17選!コスパが高い人気商品の選び方や注意点は?
タブレットはスマホより大きく、パソコンより気軽で人気でおすすめです。タブレットは選び方によってコスパがよく安いおすすめなものがいくつもあります。安いものを買う上での注意点を見ながら、あなたに最適のおすすめタブレットを賢く手に入れましょう。
ゲーム用タブレットのおすすめ17選!高性能の人気のモデルや選び方は?のイメージ
ゲーム用タブレットのおすすめ17選!高性能の人気のモデルや選び方は?
ゲーム用タブレットのおすすめを17選しました。高性能で人気のモデルやゲーム用タブレットの選び方についてご紹介していきましょう。自分のプレイスタイルに合わせてゲーム用タブレットを選んで快適にゲームとプレイしていきましょう。

7インチタブレットの選び方とは?

Photo bygeralt

7インチタブレットを選ぶ場合、これだけは重視した方がいいというポイントがあるので、その選び方のポイントを説明しましょう。その選び方のポイントさえ押さえておけば、製品選びで間違えることは少ないでしょう。

CPU

フリー写真素材ぱくたそ

7インチタブレットの最初の選び方のポイントはCPUです。と言ってもCPUが何のことだかお分かりにならない方が多いでしょうが、これは中央演算装置の略語です。しかし、これでも分からないでしょうから、もう少し簡単に説明しましょう。

CPUはデーターの処理、装置の制御を行っているタブレットなどの最重要パーツの一つでよく人間の脳にたとえられます。7インチタブレットの選び方においては、このCPUについての情報を確認しておきましょう。

その確認方法ですが、コアの数とクロック周波数というものを見ます。基準は、インターネットサーフィン、動画、ゲームなどを楽しみたい人は、コアの数が6(ヘキサコアという)か8(オクタコアという)がよく、クロック周波数は1.5GHz~がおすすめです。

これだと性能がかなりよくなり、快適に7インチタブレットを使えます。ただ、その分お値段は高くなります。もし価格面が気になるなら、4コア(クアッドコアという)くらいで、クロック周波数が1.2GHz~くらいがちょうどいい選び方です。性能は落ちますが、コストは下がります。

メモリ

フリー写真素材ぱくたそ

パソコンを使っている人にはおなじみのメモリですが、正式にはランダムアクセスメモリ(RAM)と言います。データを一時的に保存する大切な場所です。このメモリ容量もタブレットの選び方ではポイントになってきます。

メモリ容量が大きいと、重い処理や複数アプリの処理がしやすくなり、7インチタブレットの使い心地が非常によくなります。そういう意味では4GB以上のメモリがおすすめです。これくらいの選び方をすると、ゲームもしやすくなるし、複数アプリの利用も容易です。

ただCPUと同じですが、メモリ容量が大きいと、それに合わせて値段も上がります。ここでもコスト面のことを考えるのなら、2GBくらいのメモリでも7インチタブレットを普通に使えます。

ストレージ

ストレージもデータを保存する場所ですが、メモリが一時保存するのに対して、ストレージは長期保存が役割となっています。ストレージ容量が大きいと、多くのデータを保存できます。したがって、写真や動画などをたっぷり保存したい場合は、大きい容量の選び方がおすすめです。

その目安ですが、容量が大きいゲームやアプリの保存ということなら32GBくらいがいいです。動画閲覧が目的なら16GBくらいでも構いません。それほど難しい7インチタブレットの利用はせず、最低限の保存で十分というのなら8GBでも大丈夫です。

タブレットの種類の中にはSDカードスロットを搭載したものがあります。このタイプはストレージ容量を増やすことができます。ストレージ容量について不安がある人は、このタイプの7インチタブレットの購入がおすすめです。

OS

Photo byOpenClipart-Vectors

タブレットの動作の仕方を決めるものにOSがあります。正式にはオペレーティングシステムと言いますが、このOSが何かも7インチタブレットの選び方のポイントです。これはパソコンやスマホの選び方にも共通しますが、OSの違いで使い勝手が少し変わってきます。

可能なら、所有しているパソコンやスマホと同じOSの7インチタブレットの選び方をするのがおすすめです。その方が操作自体も似ているので使いやすいし、連携もしやすくなり、メリットも大きいです。

Android

Androidのスマホを持っている人も多いでしょうが、AndroidはGoogleが開発したモバイル端末用のOSです。スマホやタブレットで一番多いのはこのAndroidというOSで、広く世の中に出回っています。そのため、製品ラインナップがいろいろあります。

iOS

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

iPhoneやiPadでおなじみのOSがiOSです。Apple社が開発したOSです。このOSは操作がしやすいのが一番の特徴で、若者からお年寄りまで簡単に利用ができます、そのため人気も高く、機械が苦手な人の間でも好評です。

ただし、残念ながら7インチタブレットでOSがiOSのものはありません。一番小さいサイズでも8インチとなります。したがって、iOSのタブレットで持ち運びがしやすいものを選ぶのなら、8インチiPad miniということになります。

Windows

次へ

関連するまとめ

人気の記事