梅酒のおすすめな割り方を徹底リサーチ!アレンジ方法や比率で飲みやすくなる!

梅酒のおすすめな割り方を徹底リサーチ!アレンジ方法や比率で飲みやすくなる!

独特な酸味と甘みが特徴の梅酒ですが、ロックで飲む以外にも、他の飲み物で割って飲むことが多いです。ジュースやソーダなどの一般的な割り方だけではなく、牛乳やビールを使った変わり種の割り方もあります。今回は、そういった梅酒の割り方について詳しく紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.梅酒の割り方って何が好き?
  2. 2.梅酒の割り方をアレンジするメリット
  3. 3.梅酒を飲みやすくする割り方と比率
  4. 4.ちょっと変わったおすすめの梅酒の割り方と比率
  5. 5.梅酒の割り方をアレンジして楽しもう!

梅酒の割り方って何が好き?

Photo by sayo-ts

梅を焼酎やブランデーなどに漬けて作られる「梅酒」ですが、他の飲み物で割って飲む人が多いようです。梅酒を他の飲み物で割ると飲みやすくなるため、お酒が苦手な人にもおすすめです。

また、一般的に「ソーダ」や「お茶」で梅酒を割ることが多いですが、それ以外にもさまざまなアレンジの方法があります。では、どういったアレンジをすると、おいしく梅酒を楽しめるのでしょうか。今回は、梅酒のおすすめの割り方について、紹介していきます。

梅酒の割り方をアレンジするメリット

Photo by merec0

梅のさわやかな風味を楽しめる梅酒ですが、ロックではなく他の飲み物と割って飲むとどういったメリットがあるのでしょうか。まずは、梅酒の割り方をアレンジして楽しむメリットについて、詳しく紹介していきます。

飲みやすくなる

Photo by zenjiro

梅酒の飲み方をアレンジするメリットの1つは、さまざまな飲み物の割り方でアレンジすることによって、飲みやすくなることです。焼酎やウイスキーをベースに作る梅酒のアルコール度数は高く、10%から15%程度となっています。

このアルコール度数はワインや日本酒と同じぐらいで、お酒に弱い人がストレートで飲むのに向いていません。ですが、他の飲み物で割ることによってアルコール度数が下がり、飲みやすくなります。

お酒に弱いけど、梅酒を楽しみたいという人は、他のノンアルコールの飲み物でアレンジして飲むのがおすすめです。

飽きを防止できる

Photo by shishamo72

さまざまな方法でアレンジするメリット二つ目は、アレンジをすることで飽きを防止できることです。やはり、同じ飲み方で飲んでいると、どうしても飽きがきてしまいます。

しかし、他の飲み物を加えてアレンジすることにより、味や風味が変わり変化を加えられます。飲み口に変化があることによって、同じ梅酒でも最後までしっかりと楽しめるため、飽きてきたら他の飲み物でアレンジするのは、とてもおすすめです。

アレンジ自体が楽しい!

Photo by tamakisono

梅酒のアレンジ自体が楽しいのも、割り方をアレンジするメリットの1つです。割り方やアレンジに使う飲み物、比率などによって口当たりや風味が変わり、いろいろと挑戦することによって、新しい発見が見つかることもあります。

また、自分が飲みやすいと感じる比率は人それぞれで、その飲みやすいと感じる比率を試しながら探すのは、ハマると楽しいです。

手作り梅酒の作り方・おすすめレシピをご紹介!飲み頃などもチェック!のイメージ
手作り梅酒の作り方・おすすめレシピをご紹介!飲み頃などもチェック!
手作り梅酒は作り方のコツをつかめば、手軽に誰でも楽しめます。梅酒を手作りする作り方や、いろいろなお酒で作るおすすめレシピをご紹介します。定番の梅酒の作り方を知って、アレンジ梅酒にもぜひ挑戦してみましょう。梅酒の飲み頃やおすすめアレンジ梅酒のレシピも紹介します。

梅酒を飲みやすくする割り方と比率

Photo byflockine

梅酒を他の飲み物で割るとき、割り方と比率が重要になってきます。ジュースなどの飲み物の比率によって飲み口が変わり、梅の風味を損なわないような比率で割ることが大切です。続いては、梅酒を飲みやすくする割り方と比率について紹介していきます。

はちみつレモンで割る

Photo byonefox

梅酒を飲みやすくする割り方として、はちみつレモンで割る飲み方もあります。梅酒の持つフルーティーな香りに甘酸っぱさが加わることにより、梅酒が苦手な人でも飲みやすくなります。

作り方は梅酒の水割りを普通に作り、そこにレモン汁とはちみつを加えてよく混ぜ合わせるだけです。冬など寒い時期は水割りではなく、お湯割りで作るのもおすすめです。

アイスティーで割る

フリー写真素材ぱくたそ

紅茶と梅酒という意外な組み合わせに感じますが、アイスティーで割る飲み方も飲みやすくなっておすすめです。紅茶の「渋み」と「香り」が紅茶の「甘み」と合わさることによって、アルコールが薄まることの物足りなさを補ってくれます。

おすすめの比率は、梅酒1に対しアイスティー1で、氷を入れたグラスに梅酒とアイスティーを注ぎ、マドラーでかき混ぜるだけで完成です。無糖タイプよりも、加糖タイプのアイスティーの方が梅酒の甘さと馴染みやすいです。

甘酒で割る

Photo by VARDIGA

梅酒を飲みやすくしたい場合、甘酒で割るのもおすすめです。甘酒も甘いので、梅酒を甘酒で割ると、さらに甘くなるのではないかと思われますが、梅酒と特有の酸味のおかげで、さっぱりとした丸みのある甘みになります。

おすすめの比率は、梅酒1に対し甘酒1で、氷を入れたグラスに甘酒と梅酒を注ぎ、マドラーで混ぜ合わせるだけです。使う甘酒は、米麹タイプの甘酒の方が梅酒と合います。

ソーダで割る

Photo byAviavlad

次へ

関連するまとめ

人気の記事