奨学金返済がある相手との結婚は反対される?影響など考えるべきことは?

奨学金返済がある相手との結婚は反対される?影響など考えるべきことは?

奨学金の返済の必要な相手との結婚は反対されると言います。奨学金の返済が必要な相手と結婚した場合、考えられる影響や考えておくべきことについて詳しくご説明していきます。また、もし今現在奨学金を返済しているならどうしたらいいのかについてもご説明していきましょう。

記事の目次

  1. 1.奨学金返済中の結婚の不安
  2. 2.奨学金・結婚前の男女で違いが大きい
  3. 3.奨学金・結婚後の返済義務
  4. 4.奨学金・結婚後トラブルにならない為に
  5. 5.奨学金・結婚に反対する親が多い
  6. 6.奨学金・結婚時に内緒にした事による障害例
  7. 7.奨学金・返済は結婚前が理想
  8. 8.結婚した後・奨学金返済方法
  9. 9.奨学金・名義変更手続き
  10. 10.奨学金は結婚前に完済が理想

奨学金返済中の結婚の不安

Photo bynattanan23

今回は、奨学金の返済中の結婚について詳しく解説していきます。奨学金を返済している時の結婚は、「難しい。」「結婚を反対される。」こともあります。それは、「奨学金は言い換えれば借金」と考える人が少なくないためです。また、奨学金の返済に苦しむ若者も多いのが現状です。

Photo bycarlosalvarenga

では、奨学金の返済が必要な中での結婚についてどうしていけばいいのかについて解説していきましょう。また、結婚前の手続きや結婚後に名義変更が必要になってくる場合もあります。結婚を考えた時奨学金の返済がある人はどうしておくことが必要になってくるのでしょうか。最後まで読んでしっかりと理解しておきましょう。

奨学金は言い換えれば借金

Photo bymenartimgdesing

奨学金返済中の結婚の不安「奨学金は言い換えれば借金」です。奨学金のことを借金があると捉える人は少なくありません。そのため結婚をする時に奨学金がある人との結婚は、「借金のある人との結婚」ということになります。特にご両親には、大切に育てた子供が「借金を背負う結婚は反対です。」「わざわざそんな苦労を背負って結婚して欲しくない。」

Photo byFree-Photos

「借金がある人との結婚は不安でしかない。」と思う人はいます。実際に、奨学金の返済のためにせっかく結婚したとしても結婚生活を持続できないカップルや結婚した後も満足な暮らしができずに奨学金の返済に追われる毎日になってしまう人もいます。

そうなると親としては結婚には反対してしまうのです。奨学金の返済はできれば結婚前に終わらせておくのが理想です。しかしこれはあくまでも理想になってきます。奨学金の返済がまだの状態で結婚を考えている人はよく考えてから結婚するようにしましょう。

返済に苦しむ若者も多い

Photo byStockSnap

奨学金返済中の結婚の不安「奨学金は言い換えれば借金(返済に苦しむ若者も多い)」です。実際に奨学金の返済のために苦しい生活を送らざる得ない若者は多くいます。「自分の奨学金だから仕方がない。」と一生懸命返済しようと働いています。結婚を許してしまった親は、「どうしてあの時しっかり結婚を反対しなかったんだろう。」

「結婚を反対しておいてあげればよかった結婚できない方がどれだけ幸せになったことか。」「親としてしっかり助言してあげればよかった。」と後悔している親もいます。では、奨学金の返済がまだの状態での結婚についてより詳しく解説していきましょう。

奨学金・結婚前の男女で違いが大きい

Photo byauzza38

奨学金は結婚前の男性と女性とでは捉え方が大きな違いがありました。それは、結婚をして例えば、男性の方に奨学金の返済の必要があった場合、結婚したら女性の分の返済も必要になってきます。そうなってくると男性と女性2つの奨学金を返済する必要があります。

それを結婚前に感じて結婚を躊躇してしまう男性もかなりいます。また、女性が奨学金の返済が残っている場合、男性は奨学金の返済へのプレッシャーを感じることもあります。それでは、奨学金について結婚前の男女での違いについてご説明していきます。

完済前に専業主婦になるかで変わる

Photo by089photoshootings

奨学金・結婚前の男女で違いが大きい「完済前に専業主婦になるかで変わる」です。結婚をして、女性に奨学金の返済が必要であった場合、女性が専業主婦になるかならないかは大きな影響があります。結婚前の男性の意見として「結婚して、彼女が自分で働いて返済してくれるなら何も問題ない。」「彼女にはずっと働いてもらいたい。」

Photo byjaneb13

「彼女の奨学金を自分が返済すると思うと、自分も奨学金返済の身なので辛い。」「奨学金が返済できなくなったらどうしたらいいのか分からない。手続きとか全く分からないから不安。」「名義変更をして返済が自分になってしまわないか不安。」という意見がありました。奨学金は完済していない状態での結婚はよく考える必要があります。

Photo byFree-Photos

妻の奨学金である場合は、妻が働いているのであれば問題なく返済することができます。しかし、結婚してすぐに子供ができたら仕事を続けられるか迷うことも考えられます。共働きで返済し続けるのか、専業主婦として夫が返済するのか考えておく必要があるでしょう。男性への負担についてもしっかりと考慮しておく必要があります。

男性への負担を考慮

Photo byFree-Photos

奨学金・結婚前の男女で違いが大きい「完済前に専業主婦になるかで変わる(男性への負担を考慮)」です。奨学金の返済が必要な状態で結婚をすると男性には大きなプレッシャーとなる人もいます。中には「奨学金も含めて結婚すると決めた。」「奨学金は自分が返済するのが当然だと思っている。」という男性もいます。

しかし、多くの男性が「自分が彼女の奨学金を背負うと思うと結婚がかなりのプレッシャーに感じる。」「手続きとか全く知らないので負担に感じる。」という意見をもっていました。結婚をすると言うことは男性にとっては大きな責任を負うことにもなります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事