ヒレとロースの違いとは?特徴・カロリー・柔らかさなどを比較調査!

ヒレとロースの違いとは?特徴・カロリー・柔らかさなどを比較調査!

トンカツ屋でメニューを選ぶ時、スーパーで買い物をする時にヒレ肉とロース肉のどちらを選べばいいのか迷ってしまいませんか?この記事ではヒレ肉とロース肉の特徴や値段、カロリーがどう違うのか、どんな料理が合っているのかをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「ヒレ」「ロース」とは
  2. 2.「ヒレ」と「ロース」の違い
  3. 3.「ヒレ」の特徴
  4. 4.「ロース」の特徴
  5. 5.「ヒレ」と「ロース」柔らかいのは?
  6. 6.「ヒレ」と「ロース」のカロリー量
  7. 7.「ヒレ」と「ロース」の値段の違い
  8. 8.「ヒレ」と「ロース」栄養があるのは?
  9. 9.「ロース」の美味しい食べ方
  10. 10.「ヒレ」の美味しい食べ方
  11. 11.すね肉は長時間煮込もう
  12. 12.肉料理の最先端、低温調理
  13. 13.ロースとヒレをベストな調理法で美味しく食べよう!

「ヒレ」「ロース」とは

Photo byOpenClipart-Vectors

とんかつの専門店に行くと必ず「ヒレ」と「ロース」のメニューがあります。しかし両者にはどういった違いがあるのでしょうか。ヒレとロースではカロリーや柔らかさや値段に一体どれだけの違いがあるのか、それぞれにどんな特徴があるのかをこの記事でご紹介していきます。

ヒレ、ロース肉について詳しくなることで毎日の料理に使う肉の使い分け方が分かるようになります。特にロースは家庭で使う肉で一番ポピュラーなので知っておくと便利です。

肉の部位のこと

Photo by mersy

「ヒレ」と「ロース」は肉の部位の名前のことです。ヒレは主に豚や牛の体の中心にある部位で、「ヘレ」や「フィレ」とも呼ばれます。ヒレは他の部位に比べて採れる量が少ない高級部位です。牛肉の場合はシャトーブリアンと呼ばれる、ヒレの中でも更に中心にある希少な最高級部位が存在します。

ロースは肩から背中にかけて採れる部位で、「肩ロース」「背ロース」「リブロース」等複数の部位があります。牛と豚で特徴や値段が違うので使い分けには気を付けましょう。

「ヒレ」と「ロース」の違い

Photo byRitaE

健康に気を使った料理を作る時には、使う材料の栄養やカロリー、肉の性質についてよく知っておかなければなりません。

ヒレとロースでは脂の量やカロリー、味わい等がガラっと変わります。カロリーや脂を気にする方はそれぞれの違いを知っておくとお店で注文する時や家で料理する時に役立ちます。ここではヒレとロースそれぞれがどう違うのか、どういった料理に向いているのかをご紹介します。

脂の量

Photo by TAKA@P.P.R.S

ヒレとロースの一番の違いは、脂の量が違う点です。ヒレはロースに比べて脂と筋が少なく赤身がほとんどを占めている部位です。しかしモモ肉と違い同じ赤身でもしっとりと柔らかいのが特徴です。ロースは程よい脂身の量を持っており、赤身と脂両方のうまみを味わえる部位となっています。

しかし牛肉の場合は、輸入の外国産牛肉か国産の和牛かによって脂の量が全然違います。国産の和牛だとヒレであってもしっかりと霜降りの脂が付いているので国産と輸入の違いには注意しておきましょう。

Photo byRyanMcGuire

ヒレは豚、牛ともに赤身の味を一番味わえる部位となっています。他の部位と違い筋が少なくしっとりと柔らかいのでヘルシーで食べやすい部位としても有名です。ロースは豚と牛で脂の入り方が違います。豚のロースは脂と赤身がはっきりと分けられているので赤身と脂をそれぞれで楽しむことが出来ます。

Photo by ume-y

牛のロースは肉全体に脂のサシが入っているので口の中で溶けるような食感とコクのある味わいがあります。ヒレはステーキ等厚みを持たせた調理法が適しています。ロースはすき焼きや生姜焼き等薄くスライスして調理する料理に向いています。それぞれの特徴に合った調理法で料理を作るようにしましょう。

「ヒレ」の特徴

Photo by JaggyBoss

ヒレは肉全体の中でも少量しか取れない希少な部位です。赤身肉でありながらも一番運動量の少ない肉なので食感が柔らかく、あっさりとしたヘルシーな味わいを持っています。豚でも牛でも柔らかいという特徴は変わりませんが、それぞれに少し違いがあります。ここでは豚と牛のヒレ肉の特徴をご紹介します。

「豚ヒレ」の種類

Photo byRitaE

豚ヒレは牛のヒレよりも脂が少なく、タンパク質の多いヘルシーな部位となっています。豚1頭から2本しか取れず、肉全体の2%程しかありません。そのため他の部位よりも値段が高めになっています。脂肪が少ない分火を通しすぎるとパサパサになってしまうので、調理する時は高温短時間で火を通すカツレツやソテー等が向いています。

値段がとても高い牛ヒレ肉と違い、豚のヒレ肉は比較的安く購入することが出来ます。ヘルシーさも豚ヒレの方が良いので安く美味しくヘルシーに食べられる部位として人気があります。

「牛ヒレ」の種類

Photo by takamorry

次へ

関連するまとめ

人気の記事