狭い家を快適にするインテリア&レイアウトまとめ!子育てがしやすいアイデアも!

狭い家を快適にするインテリア&レイアウトまとめ!子育てがしやすいアイデアも!

狭い家で不便だなと思ったことはありませんか?この記事ではインテリアのレイアウトなど日々の生活で使えるアイデアを集めてみました。実際に使いやすいアイデアばかりになっていますので、これを読んで狭い家とおさらばしてみませんか?

記事の目次

  1. 1.狭い家を快適にする【ポイント】
  2. 2.狭い家を快適にする【インテリア】
  3. 3.狭い家を快適にする【レイアウト】
  4. 4.狭い家を快適にする【子育てアイデア】
  5. 5.狭い家を快適にする【おしゃれ】
  6. 6.広い家よりも狭い家が快適
  7. 7.狭い家をおしゃれで快適にしよう!

狭い家を快適にする【ポイント】

Photo byVictoria_Borodinova

一人暮らしなどをしていると特にこの狭い家がどうにかならないものかと考えることがあります。一日の大半を過ごす家。そんな家の空間は有効に使いたいものです。今回の記事ではそんな狭い家をいかに快適におしゃれに過ごせるようにするのか、そのポイントを紹介していきます。

使ったら収納する

Photo byPexels

狭い家で物が散乱していたら、もっと家が狭く感じてしまいますしだらしない印象をうけてしまいます。なので使ったり、出したりしたものは元の場所に戻すように習慣づけましょう。実践するだけで部屋全体がすっきりとした印象になります。

元の場所に戻す習慣で大切なことは、どこになにを置いていたのかを明確にすることです。そこで収納場所にラベルなどで収納されていたものの名前を書いておくことをおすすめします。こうすることで場所が明確になり、物を収納するのに迷わなくなります。

さらに収納場所をあらかじめ決めておくことでストックの量などがわかりやすくなり、無駄な買い置き等がなくなります。どこにいったかわからなくなることもなくなり、探す時間も短縮することができます。経済的にも家計にも優しいです。

定期的に断捨離する

Photo bycongerdesign

快適な暮らしは便利なものに囲まれた家とも言えますが、必要最低限のものにおさえて過ごしやすい家を作ることも快適な暮らしと言えます。断捨離をすることはものが少なくなるだけでなく掃除がしやすい、効率やモチベーションが上がるなどさまざまな効果があります。

定期的な断捨離をすることで心身ともにすっきりさせましょう。また必要なものと不必要なものを定期的に見直すことは快適な家を保つ上で大切なことです。捨てられないをやめて、捨てる習慣を身につけましょう。

必要なものだけを置く

Photo by Atsushi Tadokoro

住む家には間取りも決まっていますし、スペースが限られています。その中に設置するものはよく考えて設置しないと生活スペースが狭くなってしまいます。収納に片づけれるものは片づけあまりものを置かないように心がけましょう。

必要なものと不必要なものを自分で選び、厳選したいいものに囲まれた暮らしを目指しましょう。ここで需要なポイントは必要なものを選ぶことと、ものを増やさないことです。

狭い家を快適にする【インテリア】

Photo byErikaWittlieb

ここからはインテリアを選ぶポイントの紹介をしていきます。一つ一つの値段も高めなインテリアはよく考えての購入をおすすめします。生活にあったもの、部屋の間取りにあったものを考えましょう。頻繁に買い替えるものでもないので慎重にじっくり、自分に合ったインテリアを選ぶようにしましょう。

背が低い家具を選ぶ

Photo bySkitterphoto

狭い家で背の高いインテリアを設置しようとすると、圧迫感を感じてしまいます。狭い家をより狭く感じさせてしまうので、背の高いインテリアはできるだけ避け、背の低いインテリアを選ぶようにしましょう。背の低いインテリアを壁側に添わせるように設置することで広い空間を作ることができます。

どうしても置きたい背の高いインテリアがある場合はドアの後ろなど見えない場所に置きましょう。空間を広くすることでリラックスすることができます。

奥行があまりない家具を選ぶ

Photo byBUMIPUTRA

家具の高さを低くしたら、次に考えなければいけないのはインテリアの奥行です。考えていたより奥行があって飛び出してしまったという体験はよくあります。奥行はなるべく少ないものを選ぶようにしましょう。奥行が違うインテリアを置く場合は手前に奥行のあるインテリアを置くようすると、部屋全体が広がったように見えます。

部屋を快適にするポイントは部屋を圧迫感少なくすることです。圧迫感をなくすためになにもない空間を広く作ることで過ごしやすく快適な部屋ができます。

間取りにピッタリのサイズを選ぶ 

Photo byMonoar

間取りを知らないとインテリアのレイアウトを考えることは難しいです。部屋のスペースを有効活用するためにもインテリアのサイズはぴったりはまるものを選びましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事