「生きがい」とは何か?言葉の意味や使い方・生きがいの見つけ方を紹介!

「生きがい」とは何か?言葉の意味や使い方・生きがいの見つけ方を紹介!

生きがいとは、どのような時に感じてどんな物事で思いますか。生きがいとは、どんなときに生きる価値を見いだし、相手と張り合い、喜びをわかちあっていますか。今一度、生きがいとはと見つめ直し人生を晴れやかな思いで歩んでいきましょう。

記事の目次

  1. 1.「生きがい」の意味とは
  2. 2.「生きがい」の2つの使い方とは
  3. 3.「生きがい」のない人の特徴とは
  4. 4.「生きがい」の見つけ方とは
  5. 5.高齢者にとっての生きがいとは
  6. 6.「生きがい」を面接で聞かれた場合の答え方とは
  7. 7.生きがいの使い方
  8. 8.生きがいとは何かに対して努力していること

「生きがい」の意味とは

Photo by jetalone

生きがいとはどんなときに感じるのでしょうか。人生とは、楽しいときに生きがいを感じるのではないでしょうか。物事でうれしいことが発生したときに生きがいの意味を知るのではないでしょうか。学説では生きがいとは、長生きの秘訣だともいいます。生きがいとは本来どのような姿なのか意味を考えながら読み進めて知っていきましょう。

その人の生を根拠付けるもの

ひと言で生きがいとは言えども、生きがいの意味を考えてみるために人生とはと振り返って共通する出来事、物事、それによる感情などを考えてみます。生きがいの意味が徐々に伝わるのではないでしょうか。伝わった意味をそのままにせず、自分に置き換え今後に発展できるように解釈を加えるとより、素敵な人生を過ごせます。

また読み進めていくうえで、生きがいの意味以外のことを連想することもあります。情報を知ることは、さまざまな視点からその本質の意味、情報の意味を考えることです。

生きがいとは、人として社会貢献していくときにおいて義務教育から集団行動で活動すると同時に、心の成長も伴います。成人になっていく過程で自分が生きている物事に対して、生きがいと生きがいの意味を少なからず見つけているのではないでしょうか。

大人になるというのはその事柄の意味を受けて入れて、生きていくことに他なりません。誰しもが経験していることそれこそが共通している生きがいだと言えます。

生きがいの意味とは、人とは違う考え方を持ち行動できること、生きがいのため持論をまげない信念、他人がどう言ってもこれと決めたことに対して進んでいける心。こうした張り合いという形も生きがいとして存在します。通常の意味と反するような意味も含んでいることこそ生きがいの概念として考えられています。

「生きがい」の2つの使い方とは

生きがい、生きがいと言いますが、そもそも何種類ありどのような意味を持つのかまだわかりません。ひとえに生きがいといえど、大きくわけて2種類の生きがいがあります。

「①は消極的な生きがい、②は積極的な生きがい。」と反してわかれています。具体的にどのような生きがいなのか、次の節で説明していきます。生きがいの種類を知ることで、より深く詳しく知ることができます。読み進めていきましょう。

①消極的な生きがい

人生1日生きていればいろいろなことがあります。これがあるから生きていてよかったと安心できる生きがいを連想して思うのは晩酌が例に挙げられます。

生きがいとは、PCや音楽、漫画、アニメ、映画かもしれません。嗜む程度に付き合い、明日への活力にできるそんな存在が誰にでもあるはずです。

例にあげた生きがいだけが消極的な生きがいではありません。個性を色で示すと十人いれば十色あるように、さまざまな生きがいがあります。共通していたり、全く違ったり、似ていたりさまざまです。

②積極的な生きがい

生きがいとは、人は人から影響を少なからず受けます。気づいていないほど小さなものから、将来こうなりたいと思う目標になるまでさまざまな影響範囲があります。生きがいとは、天職を見つけた人が将来○○になって働きたいと思い日々努力しているのではないでしょうか。

小学生のなりたい職業の比率は男女で違います。もちろん小学生もそれ以外の職業にあこがれる子もいます。男子だったら、サッカー選手、医師、弁護士、エンジニア、女子は、パティシエール、医師、看護師、教師が人気があります。

そういえばと、自分のなりたい職業はなんだったのだろうと思い返してみるのも良いかもしれません。

「生きがい」のない人の特徴とは

生きがいのない人の特徴は大きく分けて5つあります。おそらく生きがいに気づけていない人もいます。生きがいがすでにある人にとっても生きがいのない人の特徴を知ることは参考になります。生きがいがないとはいえ現状に満足している人にそれ以上の生きがいを求めようなんて思いはしません。

ただ、人生を生きていたら生きがいとは、と考えることは誰しもがあることです。そんなときに、読んでみると迷いが吹っ切れるなんてあるかもしれません。迷いや悩みは小さなきっかけで消えるものです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事