キッチンの吊り戸棚に賢く収納!有効的な使い方や便利なグッズもご紹介!

キッチンの吊り戸棚に賢く収納!有効的な使い方や便利なグッズもご紹介!

キッチンは毎日何度も物を出し入れする場所なので収納が上手にできると作業の効率も上がります。そんなキッチンの収納場所の吊り戸棚は有効的に使えていますか?アイディアやリフォームで吊り戸棚に使いやすく収納する。さらにグッズを使った有効的な使い方を、ご紹介します。

記事の目次

  1. 1.キッチンの吊り戸棚の使い方は?
  2. 2.キッチンの吊り戸棚の整理ができない原因
  3. 3.キッチンの吊り戸棚の収納術を紹介!
  4. 4.キッチンの吊り戸棚の収納アイディア!
  5. 5.キッチンの吊り戸棚にグッズを活用してリフォーム!
  6. 6.キッチンの吊り戸棚のリフォームポイント
  7. 7.ガラス扉の吊り戸棚で見せる収納
  8. 8.吊り戸棚とデザインアクセントのオープン戸棚
  9. 9.キッチンの吊り戸棚は収納術を活かして有効活用しよう!

キッチンの吊り戸棚の使い方は?

Photo byjessebridgewater

キッチンの吊り戸棚は高い場所で、すぐ手が届く場所以外は使いづらくて収納を活用されていない方が多いようです。しかしキッチンで使いたい物は沢山あります。そんな物で溢れかえったキッチンは使いずらく見た目もキレイとは言えません。せっかくの収納場所です!使い方を覚えて吊り戸棚を有効に使ってください。

開口や窓の制約がなければ吊り戸棚は低い位置の設置がおすすめです。手が届きやすく棚の内部も見やすくなるからです。しかし高い場所にしか設置することができない場合もあります。

そして高所の吊り戸棚でも収納物を選択したり収納の仕方を工夫すれば有効的に使うことができます。また吊り戸棚の下に取り付ける収納グッズの活用などのアイディアを取り入れたりリフォームする方法もあります。

Photo byPIX1861

吊り戸棚はユニット式でサイズを違えて取り付けたり扉も開き戸・跳ね上げ戸・引戸・昇降式等メーカーやグレードによって色々なタイプが揃っています。また使いやすさにこだわったグッズをオプションで付ける事もできます。新築やリフォームで吊戸り戸棚部分を使いやすいように設計する方法もあります。

吊戸棚の収納としての使い方には鉄則があります。高い場所なので出し入れで負担や危険を感じる物は吊り戸棚ではなくキッチンキャビネットへ収納します。例えば重たく大きな鍋や食器等は高所での出し入れは負担になります。

脚立や踏み台での大きい物や重たい物の出し入れが危険と感じる身体状況になりましたら、このような物を吊り戸に収納することは注意してください。

Photo bypro5262

また窓や対面キッチンの開口部の関係で使いづらい高さの吊り戸棚でしたら思い切ってリフォームして昇降式の吊り戸棚にする方法もあります。棚の内部が昇降できる仕組みです。使い方は出し入れしたい時に電動式ならボタンを押します。手動式なら把手を下げると棚だけが下りて来るので見やすく出し入れしやすい位置になります。

使い方に応じた高さの吊り戸棚は、とても便利です。手の届く位置の吊り戸棚だと調理中でもすぐ出し入れのできる調味料や調理器具を収納すると、作業効率もよく見やすく出し入れしやすい収納場所となります。

キッチンの戸棚に収納する物

Photo bycongerdesign

まずキッチンの収納は作業に効率的に収納されているか見直してみます。そして以外にキッチンに置く必要のない物がある場合もあります。物で溢れているキッチンでしたら使わない鍋や食器を処分するだけでもスッキリして新たな収納スペースができます。そしてそれぞれの収納場所は使いやすい収納場所に使う頻度の多い物を収納していきます。

キッチンの戸棚も日本のメーカのキッチンは引出しタイプが収納しやすく取り出しやすいのでおすすめしています。キッチンキャビネットは60㎝以上が主流で奥行があります。それを引出しタイプにすると無駄なスペースが少なく収納しやすく取り出しやすくなります。

そして高い場所や奥を見渡せない収納スペースにはアイディアが必要です。例えば収納ケースに入れ手前の把手で引出す使い方や収納グッズを上手に利用する使い方です。

Photo byJillWellington

吊り戸棚が開き扉の場合は地震で開いてしまうおそれがあります。中の収納物が地震で動き開き扉を押し開けてしまうことがあるからです。ですから食器類の積み重ねのような収納の仕方をしたい場合は地震の揺れがあった時に扉をロックしてくれる金物をつけると安心です。また危険を感じる収納の仕方をしないアイディアが必要です。

一人暮らしのキッチン収納術まとめ!狭い空間をおしゃれにする方法を解説! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
一人暮らしの狭いキッチンは収納スペースも狭くて片付け辛い!そんな悩みを持っていませんか?一人暮らしでも、100均の収納グッズやファイルボックスを使えば、簡単に収納する方法があるのです!今回は、一人暮らしのキッチンをおしゃれにする収納のコツをご紹介致します!

キッチンの吊り戸棚の整理ができない原因

Photo bysimisi1

キッチンの吊り戸棚が整理できない方が多くいらっしゃるようです。手が届きずらいのでなんとなく収納して、そのままになっていたり奥の方へ収納されてしまい、その物の存在すら忘れていたり、ということもありませんか?せっかくの収納スペースです。吊り戸棚の使い方を覚えて「スッキリとした気持ちの良いキッチン」を目指してください。

原因①直置きをしてしまう

吊り戸棚の高い場所では奥のスペースを覗くことが、なかなかできません。物を棚に直置きにしてしまうと奥の物を出すには手前の物を出したりどけたりしなければなりません。それを脚立や踏み台の上で行うのは誰もが億劫になるものです。また脚立や踏み台が無くても手が届く手前の物でも、つかむ場所がない物は出し入れがしにくくなります。

ですから直置きにせず手の届く位置に手前へ引き出すことのできるデザインの収納ケースなどで整理しながら収納物を把握できるようにしてみましょう。また他にもアイディアグッズ等での収納の使い方をご紹介します。

原因②使う物の中身が分からない

Photo byAlexas_Fotos

吊り戸棚の高い場所では手前の物しか見えなかったり奥の方の物は脚立や踏み台に登らなければ見えない場合は何が奥に収納されているのかを忘れてしまいます。また収納ケースを設置しても出してみなければわからない状態も使わないままになってしまいます。ですから何を収納したかを「収納ケースに書いておく」等の工夫が必要です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事