ドライヤーの収納アイデアまとめ!スッキリ見せる便利なグッズもご紹介!

ドライヤーの収納アイデアまとめ!スッキリ見せる便利なグッズもご紹介!

意外に面倒なのがドライヤーの収納です。どこにしまえばいいのか悩んでいる人も結構いるので、いい収納アイデアと収納場所、収納場所の作り方を紹介します。また、ドライヤーの収納をスッキリ見せるための便利グッズがあるので、それも取り上げましょう。

記事の目次

  1. 1.ドライヤー収納の悩み
  2. 2.ドライヤー収納のポイント
  3. 3.ドライヤーの収納は見せるか見せないか?
  4. 4.ドライヤーの収納場所
  5. 5.ドライヤーの収納アイデア
  6. 6.ドライヤーの収納場所を作る
  7. 7.ドライヤー収納の便利グッズ
  8. 8.ドライヤー収納の注意点
  9. 9.ドライヤーの収納が決まれば使い易くなる
  10. 10.ドライヤー使用時の注意点
  11. 11.ドライヤーの収納はアイデア次第!使い易く収納しよう

ドライヤー収納の悩み

Photo byOpenClipart-Vectors

ドライヤーは毎日使うものなので、棚の奥の方にしまっておくというわけにはいきません。手軽に出し入れができて、使えないと不便です。しかし、意外に収納場所を見つけにくいのも確かです。ドライヤーをどこに収納したらいいのか、悩みは尽きませんが、その解決策を考えてみましょう。

見た目以上にかさばる

Photo byOpenClipart-Vectors

ドライヤーは大型家電ではなく、小型家電の一種なので、どこにでも収納できそうですが、見た目以上にかさばるものです。小型家電とはいっても、結構場所を取り、狭い場所には収納ができません。したがって、ある程度のスペースが必要となりますが、そのスペースを洗面台の周囲に見つけるのがかなり難しい場合もあります。

置き場所をすっきりさせたい

Photo byErikaWittlieb

ドライヤーを収納する場合、見える位置に置く時と見えない位置に置く時がありますが、いずれにしろ置き場所をすっきりさせたいものです。ただ放り投げたような置き方では、乱雑な印象を与え、気分がよくありません。コードを整えて、折りたたみ式なら折りたたんで、少しでもコンパクトに収納したほうが落ち着くでしょう。

すぐに取り出せる位置に置きたい

Photo byErikaWittlieb

髪を洗えば、使うことになるドライヤーは、毎日必要という人も多いでしょう。また、髪を洗わなくても、セットしたい場合にも使うことがあります。そういう意味では。不便なところに収納すると、使いにくくなります。誰もが簡単に取り出せて、すぐ使える場所に収納したいと考えています。

ドライヤー収納のポイント

Photo by mikecohen1872

ドライヤー収納の悩みはいろいろあるでしょうが、その収納においてはいくつかポイントがあります。そのポイントとは、どんなものなのか簡単に示しておきましょう。実際にドライヤーを収納する場合は、そのポイントを押さえ、使いやすくなるようにすっきりまとめておかなくてはいけません。

取り出しやすいこと

Photo byOpenClipart-Vectors

冒頭のドライヤーの悩みのコーナーで、「すぐに取り出せる位置に置きたい」という説明をしましたが、確かにこれは重要ポイントです。洗面台から遠くに置いたり、洗面台の引き出しの奥の方に収納したりでは、すぐに取り出せません。取り出しやすくして、初めて毎日の用をスムーズにこなせますから、このポイントは絶対に外せません。

取り出しやすいという点でいうと、あまり高い位置や低すぎる場所に収納するのはおすすめできません。高い位置では背を伸ばすか、台に乗らなければ取り出せないし、低すぎる場所では、かがんで取り出すことになり、少し面倒です。

スペースを有効活用すること

Photo byPlushDesignStudio

ドライヤーを収納する場合、その収納場所のスペースをいかに活用するかも一つのポイントです。収納場所によっては、スペースが占領されてしまい、ほかの用途には一切使えなくなりますが、上手にスペースを活用すれば、ドライヤーの収納以外の目的にも使えます。そうなれば、スペースが生きてきます。

コードはきれいにまとめる

Photo byOpenClipart-Vectors

ドライヤーは意外にかさばるものですが、そのかさばる原因の一つに長いコードがあります。このコードをいかにきれいにまとめるかも収納のポイントの一つです。面倒くさいからコードをドライヤーに巻き付けておけばいいだろうという人もいるでしょうが、それではスッキリしません。専用のグッズなどを利用して、うまく収納しましょう。

ドライヤーの収納場所はきれいにしておこう

Photo byClker-Free-Vector-Images

これはドライヤーの収納そのものに関するポイントではありませんが、収納場所はきれいに掃除をしておきましょう。ドライヤーは人間の髪の毛を扱う製品なので、髪の毛はもちろん、ほこりやチリなどもくっついている場合があります。そうなると、収納場所が汚れる可能性もあるので、1週間に1度くらいは掃除をしておきましょう。

グッズを上手に活用

Photo by alberth2

次へ

関連するまとめ

人気の記事