業務スーパーの肉部門で人気の商品はコレ!おすすめの使い方もチェック!

業務スーパーの肉部門で人気の商品はコレ!おすすめの使い方もチェック!

業務スーパーで安い豚肉・鶏肉・牛肉が購入できることを知っていますか。業務スーパーでは一般的なスーパーより冷凍肉・冷蔵肉などが安い価格で購入することができます。そんな業務スーパーで購入することができる肉について説明をします。

記事の目次

  1. 1.業務スーパーの肉の安全性
  2. 2.業務スーパーの人気おすすめの牛肉4選
  3. 3.業務スーパーの人気おすすめの豚肉4選
  4. 4.業務スーパーの人気おすすめの鶏肉4選
  5. 5.業務スーパーの肉のおいしい使い方
  6. 6.業務スーパーの肉は安くて使いやすい!

業務スーパーの肉の安全性

Photo byPeggy_Marco

「業務スーパー」は、安い食品を提供している人気の食品スーパーです。一般的なスーパーより値段が安いの特徴です。「業務スーパー」で販売している食品には、パン・米などの主食品から調味料、お菓子、サラダ、玉子焼き、煮付けなどの惣菜があります。

また「業務スーパー」で販売している食品には、ひじきやワカメといった乾燥物、ハム・ソーセージ、ツナ・トマト・カレーなどの缶詰物など数多くの種類の食品があります。

特に「業務スーパー」で販売している食品で人気なのが肉類です。ここからは「業務スーパー」で人気の肉にスポットをあてて、「業務スーパー」で販売している肉の安全性などおすすめの肉や販売している肉の種類などを詳しく説明をしてきます。

肉の種類

Photo byHans

「業務スーパー」で販売している肉にはどんな種類があるのでしょうか。「業務スーパー」で販売している肉の種類について説明をします。

「業務スーパー」で販売している肉には冷蔵肉・冷凍肉・加工肉があります。「業務スーパー」で人気でおすすめの肉が冷蔵肉です。冷蔵肉には鶏のもも肉、鶏のむね肉があります。

また「業務スーパー」で販売している冷凍肉も人気がありおすすめです。人気があっておすすめの冷凍肉には鶏のもも肉、若鶏のむね肉、若鶏の手羽さきや肉だんごなどがあります。さらに合鴨ロース肉の燻製はおすすめです。

また人気があっておすすめの冷凍肉には、牛赤身スジ肉、牛のサイコロステーキ、ブラジル産鶏もも正肉などがあり、一般的なスーパーよりも安い値段で購入することができます。

おすすめの加工肉には

Photo by_Alicja_

また「業務スーパー」で販売している加工肉も人気があっておすすめです。「業務スーパー」で販売している加工肉には、豚のもも肉や豚のロース肉を使って作られたハムがあります。

また「業務スーパー」で販売している加工肉には、豚肉・牛肉・鶏肉などを使って作られたウインナーやソーセージがあり一般的なスーパーよりも安い値段で購入することができます。

さらに「業務スーパー」で人気があっておすすめなのが冷凍ハンバーグステーキです。人気でおすすめの冷凍ハンバーグステーキには、デミグラスソース・和風おろし・チーズ入りトマトなど5種類ほどのソースから選ぶことができます。

ブラジル産の肉

このように「業務スーパー」で販売している肉は、人気があって安い価格で購入することができるのでおすすめです。「業務スーパー」で販売している冷凍肉の中でもおすすめしたいのが「SEARAブラジル産鶏もも正肉」です。

「SEARAブラジル産鶏もも正肉」は2㎏で700円ほどと国内産と比べると安い価格で購入することができます。しかし、ブラジル産の鶏肉は衛生問題が発生しています。そのため「業務スーパー」で購入した経験がない人は肉の品質が心配です。

そこで「SEARAブラジル産鶏もも正肉」の肉の品質について説明をします。「SEARAブラジル産鶏もも正肉」は国内産と比較すると約半分の安い価格で購入することができます。

肉の安全性については、ブラジルの農業・畜産の輸出を管理している「ブラジル農牧畜供給省」が肉の安全を確認した際に食品に付ける検品済マークが押されているので肉の品質は安心です。

抗生物質の量

Photo byqimono

ブラジル産の鶏肉の衛生問題は「抗生物質の量」です。カビや細菌によって排出される抗生物質は自然環境の破壊と人体に悪い影響を与えます。以前、ブラジル産の鶏肉から抗生物質が検出されたといった報告があります。

ブラジル産の鶏肉には、遺伝子組換された飼料を使ったことが原因とされています。しかし、ブラジル産の鶏肉から検出された抗生物質の量は、人体に悪い影響を与えるほどの量ではなかったといった結果があります。

ブラジルの抗生物質の量の基準と日本の抗生物質の量の基準の違いが原因といえます。またブラジル産の鶏肉は飼料の規制が強化された肉が輸出されているので安全性に関しては問題ありません。

安い理由とは?

Photo bygeralt

「業務スーパー」で販売している冷蔵肉・冷凍肉・加工肉は何故、安い価格で販売することができるのでしょうか。「業務スーパー」で販売している肉を安い価格で販売できるのは国内産よりもブラジルなど外国産を輸入しているからです。

外国は日本に比べて鶏・豚・牛などを飼育するための人件費が安いできます。また安い飼料で飼育することができます。

つまりトータル的に鶏肉・豚肉・牛肉などを安い価格で輸入することができます。そのため「業務スーパー」は一般的なスーパーより安い価格で販売することできるようになります。

業務スーパーの人気おすすめの牛肉4選

ここでは「業務スーパー」の人気でおすすめの牛肉を紹介します。「業務スーパー」の人気でおすすめの牛肉には牛やわらかサイコロステーキがあります。

また「業務スーパー」の人気でおすすめの牛肉には牛やわらか焼肉、特製しお仕立て牛タン、牛赤身スジ肉があります。次項から「業務スーパー」の人気でおすすめの牛肉の種類ごとについて詳しく説明をしていきます。

牛やわらかサイコロステーキ

「業務スーパー」の人気でおすすめの牛肉には「牛やわらかサイコロステーキ」があります。「業務スーパー」の「牛やわらかサイコロステーキ」は骨格周辺やブロック状の細かい肉と内蔵肉を固めたオーストラリア産の成型肉です。

「業務スーパー」の「牛やわらかサイコロステーキ」は500gで550円ほどで販売されています。一般的なスーパーで販売されている牛のサイコロステーキよりは安い価格で購入することができるおすすめのオーストラリア産の肉です。

冷凍の状態でフライパンで焼きあげることができるので調理も楽にすることができます。また一般的なスーパーで販売されているサイコロステーキよりも糖質は低いといった特徴があります。

牛やわらか焼肉

「業務スーパー」の人気でおすすめの牛肉には「牛やわらか焼肉」があります。「業務スーパー」で販売されている「牛やわらか焼肉」も「牛やわらかサイコロステーキ」と同じように骨格周辺やブロック状の細かい肉と内蔵肉を固めたオーストラリア産の成型肉です。

「牛やわらか焼肉」は500gで580円ほどの安い価格で購入することができます。焼肉を入れているパッケージ裏面に原材料や栄養成分表示と調理法が記載されているので確認をしてから調理をするようにしましょう。

おいしい焼肉に便利なようにカットされていますが、おいしい焼肉丼や牛かつの使い方ができるおすすめの成型肉です。

特製しお仕立て牛タン

「業務スーパー」の人気でおすすめの牛肉には「特製しお仕立て牛タン」があります。「業務スーパー」の「特製しお仕立て牛タン」はポーランド産の牛タンです。

ポーランド産の牛タンですが、沖縄の上原ミートで塩味ダレに漬け込んで5mmほどの厚さに軟化加工した牛タンになります。250gで950円ほどの安い価格で購入することができます。

冷凍肉ですが、そのままの状態で調理もできます。しかし、おいしい牛タンにするにはしっかり焼けるように、自然解凍してから調理をすることをおすすめします。

次へ

関連するまとめ

人気の記事