昇格・昇進試験の論文対策をレクチャー!書き方のテクニックや例文も紹介!

昇格・昇進試験の論文対策をレクチャー!書き方のテクニックや例文も紹介!

昇進・昇格試験において論文の占める割合はとても高いといえます。しかし、論文と聞くと難しい長文を思い浮かべ苦手意識を持つ人も少なくありません。そこで、昇進・昇格試験における論文対策として書き方のテクニックや例文も紹介します。

記事の目次

  1. 1.昇進・昇格試験に向けた論文対策を進めよう!
  2. 2.昇進・昇格試験に向けた論文対策の前準備
  3. 3.昇進・昇格試験の論文の出題形式
  4. 4.昇進・昇格試験に向けて論文の構造を理解しよう
  5. 5.昇進・昇格試験の論文を書く上で意識すべきこと
  6. 6.昇進・昇格試験の論文で使える書き方
  7. 7.例文で学ぶ昇進・昇格試験の論文の書き方
  8. 8.昇進・昇格試験の論文対策におすすめの書籍
  9. 9.書くこと自体に抵抗感がある人の対策
  10. 10.昇進・昇格試験の論文は怖いものじゃない

昇進・昇格試験に向けた論文対策を進めよう!

Photo bygeralt

昇進・昇格試験に合格するには論文対策が必須です。ビジネスマンにとって昇進・昇格試験は人生を大きく左右する問題だといえるでしょう。もちろん企業にとっても経営基盤を確立するためには優秀な人材を登用したいと考えています。

そのため主任や係長までは、これまでの業績や上司からの推薦で昇進・昇格をさせる企業が大半です。しかしそれ以上の役職や管理者は昇任・昇格試験を課しています。

昇任・昇格試験は概ね「論文」「面接」「適性試験」の3項目です。その中でも「論文」を重要視する企業は多く、しっかりとした対策が必須だといえるでしょう。そこで昇任・昇格試験の「論文」の書き方や構成、例文などを紹介します。

昇進・昇格試験に向けた論文対策の前準備

Photo byPexels

昇進・昇格試験に向けた論文対策を行うには前準備が必要です。しかし、闇雲に前準備を行おうとしても空回りするばかりで先に進めません。まずは昇進・昇格試験の目的を理解しましょう。

昇進・昇格試験はマネジメント能力に長けた人材の発掘・見極めを目的に行います。したがって、論文試験では受験者の問題把握能力や理論的思考力が試されるといえます。

つまり、昇進・昇格試験に向けた論文対策の前準備は、問題把握能力や理論的思考力の向上対策や情報収集を中心に行います。

準備すべきことは大きく3つ

フリー写真素材ぱくたそ

昇任・昇格試験における論文試験は「問題把握能力」「理論的思考力」を試すことを目的に行われます。したがって、準備すべきはこの2項目にかかるスキルを徹底的に研ぎ澄ますことです。また、論文試験にかかる情報収集も忘れてはなりません。

ただし、あれこれと手を出すと的が絞れなくなり、返って空回りしてしまいます。論文の前準備といえば兎角難しくて考えがちです。しかし、本来は次項で紹介する3点に取り組めば前準備としては十分だといえます。

①論理的思考力を身に付ける

Photo bygeralt

「論理的思考力」を身につけることは、論文試験に限らず面接試験でも求められるスキルです。ちなみに論理的思考力とは、物事を論理に基づいて考える力のことを指します。

兎角日常生活においては、感覚やこれまでの習慣にのみ基づいて判断しがちです。しかし、ビジネスでは少しの判断ミスが大きな失敗につながる恐れもあることから、「論理的思考力」は必須のスキルだといえるでしょう。

「論理的思考力」を身につける対策としては、何かを判断する際には必ず「なぜ?」を繰り返し考えることです。自問自答を繰り返すことで、自ずと理論的に物事を考える力が身につき、論文試験対策にもなるでしょう。

②試験についての情報を集める

Photo bygeralt

昇進・昇格試験の論文試験を受験するにあたって「情報を集める」ことはとても大切です。一口に「論文試験」といっても、各企業で求める人材は異なることから切り口は様々です。

また、役職によっても出題傾向や難易度は大きく異なることはよくあります。にもかかわらず、何の情報収集もしないで試験に挑むのは無謀以外の何物でもありません。

効率的に「情報を集める」には、同じ論文試験を受験した先輩に聞くのが最適な対策方法です。出題されたテーマやどういった論文を書いたかなどを詳細に聞いてみましょう。きっとヒントが見つかります。

③自分の考えを持つ

フリー写真素材ぱくたそ

昇進・昇格試験の論文試験では受験者の理論的思考力に加えて、問題把握能力が試されます。つまり、職場の課題に対して「自分の考えを持つ」ことが重要になります。

言い換えれば、職場で語りつくされていることを単に論文に起こしても評価されることはありません。いかに、自分の考え方を論文に盛り込むかがポイントです。

そのためには、日頃から職場においては問題意識をもつことを実践しましょう。さらに職場の課題に対して「自分であればこう改善する」といった考えを持つことが論文対策にもつながります。

本などで勉強するのがおすすめ!

Photo byDGlodowska

昇進・昇格試験の論文試験対策において、「理論的思考力」や「問題把握能力」を身に付けるには、本などで勉強するのがおすすめです。

書店やネットショップには、昇進・昇格試験における論文の書き方などの対策本が数多く並んでいます。これらの中で1冊を読破するだけでも、正しい書き方をマスターすることは可能です。

また、論文の書き方に関する書籍に限らず、多くの本を読むことでも「文章の書き方」を学ぶことはできます。いずれにしても多くの文章に触れることこそ、論文を書く力を飛躍的に向上させる最適な対策です。

昇進・昇格の挨拶スピーチの例文まとめ!話し方のポイントやメールでの方法も紹介のイメージ
昇進・昇格の挨拶スピーチの例文まとめ!話し方のポイントやメールでの方法も紹介
昇進や昇格をした時には、挨拶のスピーチを行ったりメールで報告したりします。このスピーチでの話し方やメールで送る時には、ポイントや注意点があります。今回は、昇進・昇格の挨拶スピーチの例文と話し方のポイントやメールでの方法も紹介します。

昇進・昇格試験の論文の出題形式

Photo bytjevans

昇進・昇格試験の論文試験は、それぞれの企業によって出題形式が異なります。また同じ企業であっても、受験する役職によって異なる場合がありますから注意が必要です。

出題形式は提出期限があらかじめ設けられているもの、試験日に書くものの2パターンに分けられます。

さらに、試験日に書くものについては、あらかじめテーマが決められているものと、当日発表されるものがあります。そこで、出題形式の違いによる事前準備の方法・対策を紹介します。

それぞれに適した準備をしよう

Photo byStartupStockPhotos

論文試験は、出題形式によって対策や書き方も異なります。したがって、それぞれに適した準備・対策を行うことが大切です。的外れな事前準備や対策は無駄にしかなりません。

例えば、あらかじめ課題が決められているにも関わらず、何も対策せずに論文試験に挑むのは無謀そのものです。反対に課題は当日に発表されるにも関わらず、ヤマを張って特定の課題についてのみ対策を行うのも得策ではありません。

提出期限が決まっている場合

フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事