階段下を活かす収納術まとめ!奥行きをフルに使ったアイデアや活用方法も!

階段下を活かす収納術まとめ!奥行きをフルに使ったアイデアや活用方法も!

階段下は収納に便利なスペースです。しかし奥行広く形も様々です。ごちゃごちゃになりがちな階段下の収納スペースを有効活用するアイデアや、階段下収納に便利なアイテム、おしゃれな見せ方をご紹介します。階段下の収納スペースを使うときの参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.階段下の収納スペース活用できてる?
  2. 2.階段下の収納スペースの悩み
  3. 3.階段下の収納スペースを有効活用するコツ
  4. 4.階段下の収納スペースを活用するアイデア
  5. 5.階段下収納スペースのおしゃれな使い方
  6. 6.階段下収納に便利なアイテム
  7. 7.階段下収納スペースを有効活用しよう

階段下の収納スペース活用できてる?

Photo byPositive_Images

階段下は収納に便利なスペースです。しかし奥行きが広く形も様々です。奥行きが広く様々な形をした階段下のスペースは整理整頓され、便利な使い方ができていますか?

奥行きが広く様々な形をした、扉が付いている階段下の収納スペースは、ごちゃごちゃしてしまい奥のものが取り出せないことがあります。

階段下の収納スペースをごちゃごちゃにならず、物を取り出しやすい使い方のアイデアや有効活用するコツ、棚やボックス、突っ張り棒などの収納アイテムをご紹介します。階段下の収納スペースを便利に活用するための、お悩み解決の参考にしてみてください。

階段下の収納スペースの悩み

階段下の収納スペースは奥行きが広く形が様々です。扉が付いた収納スペースは、無造作に物を詰め込むため、ごちゃごちゃして取り出しにくくなります。

階段下の収納スペースは、形が様々で使いにくい、奥行きが広いのに有効活用できない、ごちゃごちゃしていて物が取り出しにくいなど、階段下の収納スペースを有効活用できていないといった悩みがあります。

階段下の収納スペースを有効活用するための収納アイデアや収納スペースの使い方、階段下収納に便利なアイテムをご紹介します。

形が様々でつかいにくい

階段下の収納スペースは、扉が付いていると外から見えないので「一旦入れておこう」が積み重なり結局、詰め込むことになってしまいます。

階段下の収納スペースは、形が様々でデッドスペースが多くなります。形が様々で使いにくいと思われがちな階段下の扉付き収納スペースのお悩み解決のアイデアをご紹介しましょう。

階段下の収納スペースは形が様々で使いにくと思われますが、ホームセンターや雑貨店には収納用アイテムがたくさんあります。扉付きの収納庫は、内側の扉に収納スペースを作ることができます。形が様々な階段下の収納スペースは、棚や小物をプラスすると使いやすいスペースになります。

奥行きが広いのに有効活用できない

階段下の収納スペースは様々な形で奥行きが広いのに、有効活用ができないという悩みがあります。扉が付いた収納スペースは収納庫の中が見えないので、無造作に詰め込んでしまいます。

奥行きが広いので、奥に詰め込んでしまった物を取り出しにくくなることがあります。階段下の収納スペースの奥も有効活用できるアイデアをご紹介しましょう。

階段下の収納スペースは、ごちゃごちゃして物が取り出しにくいという悩みがあります。ごちゃごちゃして物が取り出しにくいときは、どのように収納すればよいのでしょうか。

ごちゃごちゃしていて物が取り出しにくい

階段下の収納スペースは、扉が付いていると外から見えないので、無造作に物を入れてしまいがちです。奥行きが広く様々な形をしている、階段下の収納スペースへ無造作に物を入れてしまうと、ごちゃごちゃして中の物が取り出しにくくなります。

階段下の収納スペースのごちゃごちゃをスッキリと整理整頓して、物を取り出しやすくするアイデアをご紹介します。扉付きの収納スペースに物を詰め込みすぎないこと、棚やカラーボックス、突っ張り棒などの収納アイテムを使って整理整頓するのがおすすめです。

階段下の収納スペースを有効活用するコツ

階段下の収納スペースは、奥行きが広く形が様々で、有効な使い方ができないという悩みがあります。階段下の収納スペースは内側の扉も収納スペースに使ったり、棚や収納雑貨でデッドスペースを減らすというアイデアもあります。

奥行が広く形が様々な階段下の収納スペースを有効に使うための収納方法や、デッドスペースの減らし方、収納スペースにプラスすると収納力がアップする棚やボックスなど、階段下の収納スペースの有効な使い方のコツをご紹介します。

片側に寄せた収納が吉

階段下の収納スペースは、奥行きが広く様々な形で有効活用が難しい形状になっています。奥行きが広く様々な形の階段下の収納スペースの有効的な使い方のコツをご紹介します。むやみやたらに物を突っ込んでいては、奥のものが取り出せなくなります。

奥行きがある階段下の収納スペースは、片側に寄せた収納がおすすめです。奥行きが広い階段下の収納スペースは、奥から順に詰め込んでいては、収納スペースがいっぱいになってしまい、奥の物が取れなくなってしまいます。

奥行きが広い階段下の収納スペースに物を詰め込む場合は、片側に寄せて物を取り出せるスペースを空けておくと、奥の物をスムーズに取り出すことができます。

詰め込みすぎはNG

部屋の片付けに便利な階段下の収納スペースは、奥行きが広く様々な形で効率よく収納するのが難しくなります。むやみやたらと部屋の物を詰め込んでしまっては、詰め込んだものが必要になった時、スムーズに取り出せなくなります。

部屋を片付けたいからと、収納スペースに詰め込みすぎては取り出すときに時間がかかってしまいます。階段下の収納スペースは扉を閉めてしまえば中が見えないので、手当り次第に収納してしまいがちですが、詰め込みすぎると必要なものを取り出すときに探さなければなりません。

階段下の収納庫だからといって詰められるだけ詰め込むと、奥の物が取り出せなくなります。扉付きの収納スペースは、詰め込みすぎには注意しましょう。

棚を使ってデッドスペースを減らす

階段下の収納スペースは、奥行きが広く形が様々で効率よく物を詰め込めず、デッドスペースができてしまいます。階段下の収納スペースに効率よく物を入れるには、片側に寄せて奥の物を取り出しやすくしたり、詰め込みすぎないことがポイントです。

階段下の収納スペースは、形が様々でデッドスペースができてしまいます。デッドスペースを効率よく使うと、小さな物の整理整頓もできます。デッドスペースを減らすには、棚を効率よく使うのがコツです。デッドスペースは棚を使うことで、階段下の収納スペースを有効活用できます。

階段下の収納スペースを活用するアイデア

次へ

関連するまとめ

人気の記事