魅惑の黒い宝石は何種類ある?名前と共に石言葉の意味や特徴も紹介!

魅惑の黒い宝石は何種類ある?名前と共に石言葉の意味や特徴も紹介!

宝石と言うと、カラーストーンの持つそれぞれの色彩の輝きをイメージされる方も多いでしょう。けれど内なるパワーを秘めた黒い宝石は今とても人気があります。黒い宝石はその種類やそれぞれの石言葉を知れば、身に付けたい魅力に溢れています。

記事の目次

  1. 1.黒い宝石の名前や石言葉の意味をチェック
  2. 2.代表的な黒い宝石の種類と特徴
  3. 3.黒い宝石が持つパワー
  4. 4.黒い宝石のおすすめアクセサリー
  5. 5.黒い宝石を身に付けて願いを叶えよう

黒い宝石の名前や石言葉の意味をチェック

Photo bymonicore

黒い宝石は古くからパワーストーンとして知られ、特別な力を持ち主にもたらすと信じられてきました。あなたは黒い宝石と聞いて、どんなイメージが思い浮かびますか?「ミステリック」でポジティブな「秘められた力」、それともネガティブな「魔力」でしょうか?

黒い宝石は、一般的な宝石であるカラーストーンのように透明度の高い輝きとは異なり、内なる輝きをまとっています。黒い宝石の石言葉の意味にもパワーを秘めた言葉が多いです。

代表的な黒い宝石の種類と特徴

Photo byIsucc

黒い宝石にはどんな種類があるでしょうか?黒い宝石には天然のものと人工的に色をつけたものと2種類ありますが、加工されたものは完成度が高いです。天然のものはとても高価で、加工品もおすすめです。ここでは黒い宝石の代表的な8種類を取り上げ、それぞれの特徴と石言葉の意味を紹介します。

ブラックダイヤモンド

Photo by www.ralfsteinberger.com

ブラックダイヤモンド(Black diamond)は黒い宝石の種類の中で代表的な宝石でしょう。特にブラックダイヤモンドの天然石は、無色透明のダイヤモンドとは異なった黒い輝きを放ち一度見たら忘れられない魅力があります。中央アフリカ共和国やブラジルが主な産出国です。

ブラックダイヤモンドは黒い宝石が持つパワーが強力と言われています。石言葉は「願望」「愛情」「成功」「格を上げる」などで、4月の誕生石です。自分の潜在力を強化したり、自分のエネルギーをコントロールしたい時に使われるのが特徴です。

オニキス

Photo byClker-Free-Vector-Images

オニキス(Onyx)はインドが主な産出国です。オニキスの石言葉には「手中にある成功」「迷いのない信念」「夫婦の幸福」「厄除け」「秘密」があり、8月の誕生石でもあります。目標を持つスポーツ選手のお守りとして人気があり、和名は「黒瑪瑙(くろめのう)」です。

オニキスはキリスト教ではロザリオの素材として、古代インドでは悪霊から身を守るお守りとされてきました。ネガティブな気を吸い取り、石の中に閉じこめ持ち主を守ってくれると言われています。また「縁切りの石」とも言われています。

スピネル

Photo by derrico_jewelry

スピネル(Spinel)にはレッドスピネル、ブラックスピネルの種類があり、長年ルビーと間違えられてきました。ブラックスピネルはブラックダイヤモンドにも匹敵する輝きがあり、人気です。石言葉には「内面の充実」「安全」があり、産出国は、ミャンマー、スリランカです。

8月の誕生石にはペリドット、サードニックスがありますが、最近スピネルが加えられました。スピネルの和名は結晶が尖っていることから「尖晶石(せんしょうせき)」の名前で呼ばれています。

セレンディバイト

Photo by steph.clifford

セレンディバイト(Serendibite)の石言葉には「気位」「勇気」「艶やか」「快さ」があります。8月の誕生石です。スリランカで発見され、セレンディバイトの石の名前は、アラビア語で「Serendib(サランディーブ、セイロンの古い名前で現在はスリランカ)」からきています。

セレンディバイトは、非常に特殊な環境下でしか生成されず、透明度の高いレアストーンなので、非常に高額です。またミャンマー産のセレンディバイトは、濃色が多く黒く見える特徴があります。

ヘマタイト

Photo by cyberpunk65

ヘマタイト(Hematite)酸化鉱物の一種、鉄黒色で赤錆色の条痕があります。ギリシャ語の血を意味する「haimatos 」が石の名前の語源となっています。和名が「赤鉄鉱」で、この石を粉末にすると血のような赤い色が見られることからきています。

装飾品として加工される時は、ブラックダイヤモンドとも呼ばれまパワーストーンアクセサリーとして人気があり、10月の誕生石です。石言葉は「心の内に燃える思い」です。持ち主の意思の力を強め、ポジティブに目的を達成できると言われています。

シャーマナイト

Photo by mangovall

シャーマナイト(Shamanite)は、ネイティブアメリカンのシャーマン(呪術師・祈祷師)の名前がつけられ、ネイティブの間でお守りや装飾品とされてきました。持ち主のネガティヴなエネルギーをポジティブなエネルギーに変え、魔除けのようなパワーがあり、正しい道へ導くと言われています。

石言葉は「自己表現」「自己認識」で、7月の誕生石です。シャーマナイトの鉱物の名前はブラックカルサイト(Black calcite)と呼ばれ、アメリカのコロラド州私有の自然保護地区のみでしか採石されない希少な石です。

ブラックオパール

Photo by James St. John

ブラックオパール(Black opal)の色はメインは不透明な濃灰色から黒色で、さまざまな色彩が地色に見える単一の天然石です。石言葉は「カリスマ性」「魅力」で、10月の誕生石です。周囲に惑わされない理知と軽やかさを併せ持つ特徴がある宝石と言われています。

遊色効果を持つブラックオパールと言われますが、遊色効果の意味はオパールなどの天然石にある虹色の色彩のことで、見る角度によって輝きの色の変化が楽しめる特徴を言います。

オブシディアン

Photo by James St. John

オブシディアン(Obsidian)は、酸性の溶岩が急激に冷えてできた天然ガラスで、世界各地の火山地帯で産出されます。急激に形成中、脱ガラス作用を起こして黒地に白色の斑紋模様の「スノーフレークオプシディアン」もあります。石言葉は「潜在能力の開花」「集中力」などです。

7月の誕生石です。和名は良く知られる「黒曜石」で、日本では古くから武器や物を切る道具として用いられてきました。また「シャーマナイト」同様、ネイティブアメリカンの間でも魔除けとされています。

次へ

関連するまとめ

人気の記事