結婚式でのコサージュマナーを解説!親族とゲストの違いやおしゃれコーデは?

結婚式でのコサージュマナーを解説!親族とゲストの違いやおしゃれコーデは?

結婚式に招かれた時にはドレスに合わせたコサージュをつけて行くととても華やかになります。結婚式に招かれた時のコサージュのマナーやおしゃれなデザインやつける位置、親族として出席する時の注意点やコサージュのダサいつけ方などについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「コサージュ」とは?
  2. 2.結婚式のコサージュマナー【全体】
  3. 3.結婚式のコサージュマナー【種類】
  4. 4.結婚式のコサージュマナー【位置】
  5. 5.結婚式のコサージュマナー【NGなもの】
  6. 6.結婚式のコサージュコーデ【ダサい】
  7. 7.結婚式のコサージュはドレスと一緒にレンタルがおすすめ
  8. 8.結婚式のコサージュはマナーを守っておしゃれな装いに!

「コサージュ」とは?

Photo byullajj

女性ならコサージュを知っている人が多いですが、男性はあまりコサージュのことは知らないでしょう。また女性であっても知らないという人もいないわけではないので、まずはコサージュとは何なのかについてご紹介します。コサージュは英語の「corsage」から来る外来語でフランス語の「コルサージュ」が語源です。

フランス語の「コルサージュ」は婦人服の身頃のことを意味していて、日本で言うところの「コサージュ」につながります。それでは、コサージュとは一体何なのかについてご紹介しましょう。

女性のドレスにつける花飾り

Photo byMabelAmber

コサージュとは、女性のドレスにつける花飾りのことを言います。語源はフランス語の「コルサージュ」で、元々フランスで「胸元のブーケ(ブーケ・ド・コルサージュ)」と言われていたものが縮まって「コサージュ」と呼ばれるようになったと言われています。コサージュに使う花は、生花でも造花でも構いません。

コサージュをドレスの胸元につけるだけで一気に華やかさが増しますので、結婚式にお呼ばれした時にはドレスにコサージュをつける女性も多いです。

コサージュは胸元につける花のことを指しますので、肩につける場合は「ショルダーコサージュ」と呼び方を変えます。また、結婚式で男性が胸につける花は「コサージュ」ではなく「ブートニア」と呼びます。

結婚式のコサージュマナー【全体】

Photo byanneileino

それでは次に、結婚式におけるコサージュのマナーについてご紹介します。結婚式にお呼ばれした時にはドレスやバッグや靴などにもマナーがあり、そのマナーを守らなければなりませんが、実はコサージュにもマナーがあります。ドレスなどと同じように「これはNG」というマナーが存在しています。

良い結婚式にするためにも、コサージュのマナーもきちんと守りましょう。それでは結婚式のコサージュのマナーをご紹介していきます。

ドレスとの色合わせ

Photo bychelseighmillar

結婚式にお呼ばれした時のコサージュのマナーとして、まずはコサージュとドレスとの色合わせが大切だと言えます。結婚式を華やかに盛り上げる美しいドレスに似合う色のコサージュを選びましょう。同系色でも良いですし、正反対だけどその色に似合う色というのもあります。ドレスをさらに華やかにしてくれるコサージュを選ぶのが大切なマナーです。

ですがあまりに突飛な色のものは悪目立ちしてしまいますので、華やかさと悪目立ちを勘違いしないようセンス良くドレスに色合わせしましょう。

結婚式でのお呼ばれアクセサリーのマナーまとめ!選び方のコツも紹介! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
結婚式にお呼ばれする機会も結構ありますが、実はアクセサリーにもマナーがあります。結婚式にお呼ばれした時に迷わないよう、結婚式でのお呼ばれアクセサリーとして、パールや指輪やネックレスはどのようなものが適しているのかなど、選び方のコツをご紹介します。

結婚式のコサージュマナー【種類】

Photo byDearlyReloved

それでは次に、結婚式のコサージュの種類についてご紹介します。ひと口にコサージュといっても色々ありますので、どのようなコサージュを選べばよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。実際に店にコサージュを買いに行くととてもたくさんの種類があってなかなか選べないこともあります。

結婚式にお呼ばれした時に選ぶべきコサージュの種類について、いくつかご紹介していきましょう。

コサージュの種類

Photo byfloristluton

コサージュにはたくさんの種類があります。大きなブーケになっているものもあれば、とても小さなブーケのコサージュもあります。また、色や素材やデザインなどもとてもたくさんありますので、結婚式にはどのようなブーケが適しているのかを知っていなければ、マナー違反のコサージュを選んでしまう可能性もあります。

それでは、結婚式にお呼ばれした時に選ぶべきコサージュの種類について具体的にご紹介します。

大きさ

Photo bykennedyfotos

結婚式のコサージュマナーの一つ目は、コサージュの大きさです。コサージュを買いに行くと大きくてきれいなコサージュが目につきますが、あまり大きなコサージュはマナー違反になります。また、胸元にさりげなくつけるべきコサージュがあまり大きいと、おしゃれどころかダサい印象になってしまいます。

逆にあまり小さいと全く目立ちませんので、これもいけません。結婚式のコサージュは、大体10cmから12cm程度の大きさを目安にしましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事