ネックレスチェーンの種類まとめ!素材別の名前や選び方のコツもチェック!

ネックレスチェーンの種類まとめ!素材別の名前や選び方のコツもチェック!

ネックレスチェーンの種類をまとめて紹介します。素材や組み合わせによってネックレスチェーンの名前が異なります。基本的なネックレスの作り方も解説していますのでネックレスチェーンの種類や選び方を知ってハンドメイドに挑戦してみましょう!

記事の目次

  1. 1.ネックレスのチェーンの種類や選び方を紹介!
  2. 2.ネックレスチェーンの種類・名前
  3. 3.ネックレスチェーンの素材の種類
  4. 4.ネックレスチェーンの長さの種類と選び方
  5. 5.好きな種類のチェーンでネックレスをハンドメイド
  6. 6.ネックレスチェーンの種類を覚えておしゃれに活用しよう!

ネックレスのチェーンの種類や選び方を紹介!

Photo byestall

ネックレスチェーンの種類やそれぞれの名前や特徴と選び方を紹介します。ネックレスチェーンは形によって種類が分かれており、それぞれに名前がありますのでお気に入りの印象を持ったチェーンを選んでみてください。

ネックレスチェーンの素材の種類や長さに付いた名前を紹介しますので自分が演出したいイメージの長さ選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

また、ハンドメイドネックレスの作り方も用意する材料や道具の名前、手順を含めて詳しく解説しますのでハンドメイドに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ネックレスチェーンの種類・名前

ネックレスチェーンには輪の組み合わせ方や、輪を捻りながら繋げたものなどで種類や名前が変わります。それぞれのネックレスチェーンに特徴や見た目の違いがありますので演出したいイメージによってチェーンの種類を変えると良いでしょう。

ここではネックレスチェーンの種類と名前、特徴をあずきチェーン・喜平チェーン・ボールチェーン・ベネチアンチェーン・フィガロタイプ・スネークチェーン・スクリューチェーンに分けて紹介します。

ハンドメイドのネックレスを作る時に素材だけでなくチェーンの種類も把握しておくと自分の作りたいネックレスのイメージに近づきやすくなりますので選び方の参考にしてみてください。

あずきチェーン

ハンドメイドする時に基本になる種類のネックレスチェーンが3本あります。その1本があずきチェーンです。あずきチェーンは同じ形の輪を繋げています。そのため正面と側面が交互になり、ひとつひとつの間に適度な空間が生まれ、見た目に重さがありません。

トップにつけるモチーフやヘッドを主張したい時にあずきチェーンを使うと、控えめなイメージに仕上がります。またあずきチェーンのメリットしては可動域が大きい為、他の種類のネックレスチェーンと比べると滑らかに動いてくれます。

喜平チェーン

ハンドメイドする時の基本になる種類のネックレスチェーン2本目は喜平チェーンです。喜平チェーンはひとつひとつの輪を90°に捻って繋げているので正面からみると全ての輪がこちらを向く構造になっています。

ネックレスチェーンの印象としては重厚感が感じられるデザインです。あずきチェーンと比べると可動域は狭めで、滑らかな曲線を描くには不向きなタイプのチェーンです。

重厚な印象を与えるチェーンとなり、ひとつひとつの輪が大きいものであればペンダントトップがなくてもチェーンだけでも様になるタイプの種類となります。

ボールチェーン

ハンドメイドする時の基本になる種類のネックレスチェーン3本目はボールチェーンです。ボールチェーンは名前の通りボールが連なっており、ボールが動きに応じてキラキラとしている印象を与えます。

ネックレスチェーンの重厚さを感じさせないのでカジュアルな雰囲気を演出する選び方にぴったりな種類のネックレスチェーンです。

先に紹介したネックレスチェーンのあずき・喜平チェーンと比べると強度は弱い種類のネックレスチェーンなので取り扱いには注意が必要です。

ベネチアンチェーン

ここからは基本的なネックレスチェーンの種類とは異なる特徴的なチェーンを紹介します。特徴的なチェーン1種類目はベネチアンチェーンです。ベネチアチェーンの構造はあずきチェーンと同じ、幅のある輪を繋げているので光沢があり、高級感を感じさせるチェーンとなっています。

近くでよく見ると箱状の四角いコマが連結されており、外に向いているコマの面ひとつひとつがキラキラと輝いてスタイリッシュさとエレガントさを演出してくれる種類のネックレスチェーンです。

フィガロタイプのチェーン

特徴的なネックレスチェーン2種類目はフィガロタイプのチェーンです。フィガロタイプのネックレスチェーンはは輪のサイズを大小を交互に繋げている種類のチェーンです。輪のサイズが規則的に変化している物が連続するだけで見た目にリズムが生まれ、華やかなイメージになります。

フィガロタイプのチェーンは輪のタイプだけではなく、ボールチェーンの種類のものもあり、どちらのネックレスチェーンもアンティークな印象を演出することができます。

ペンダントヘッドもチェーンの印象に合わせてクラシカルなものやレトロなイメージの物を使うとしっくりとはまります。

スネークチェーン

特徴的なネックレスチェーン3種類目はスネークチェーンです。スネークチェーンは名前の通り蛇の体に似ていることから名付けられたチェーンです。スネークチェーンはひとつひとつのつなぎ目がとても小さく、滑らかな印象を与えます。

ひとつひとつのつなぎ目が印象的ではありますが、壊れたり、切れたりした時には修理することが困難な為、身に付ける時と外す時には細心の注意が必要となる種類のネックレスチェーンです。

スクリューチェーン

特徴的なネックレスチェーン4種類目はスクリューチェーンです。スクリューチェーンは先に紹介した基本的な種類の喜平チェーンを一つのコマに2つコマを通して、そこからさらにスクリューの様に捻ったデザインとなります。

断面が様々に見える為、高級感のある輝きを演出することができます。太めのスクリューチェーンは男性に人気があります。

ヒップホップアーティストやブラックミュージックのアーティストが付けている種類のネックレスチェーンといえばピンとくるのではないでしょうか?

ネックレスチェーンの素材の種類

Photo byStevebidmead

ハンドメイドでアクセサリーを作るときにネックレスチェーンの種類が同じでもチェーンの素材が変わると雰囲気も変化します。ここではネックレスチェーンの素材をゴールド・シルバー・プラチナに分けてそれぞれの素材の種類の特徴や違いを紹介します。

ネックレスチェーンの種類と素材の違いを掛け合わせるとたくさんの種類のチェーンがありますので、ハンドメイドする際の選び方の参考にしてみてはいかがでしょうか?

次へ

関連するまとめ

人気の記事