ネックレス付け方ガイド!簡単に付け外しするコツや爪が長い時に使える裏ワザも!

ネックレス付け方ガイド!簡単に付け外しするコツや爪が長い時に使える裏ワザも!

首回りを着飾ってくれるネックレスですが、付け方は簡単ですが留め具が小さくフック部分が開閉が難しかったり爪が長いと止めづらいいう人も多く楽な付け方や裏ワザが知りたいという人も多いです。今回はネックレスを簡単な付け方や裏ワザをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ネックレスの付け方を簡単にする方法ってある?
  2. 2.ネックレスの付け方の悩み
  3. 3.ネックレスの付け方を簡単にする裏ワザ
  4. 4.ネックレスの付け方を簡単にするおすすめの留め具
  5. 5.ネックレスの留め具の交換は自分でできる?
  6. 6.ネックレスの留め具を交換して付け方の悩みを解消しよう!

ネックレスの付け方を簡単にする方法ってある?

フリー写真素材ぱくたそ

ネクレッスを付け外しの時に鎖部分が絡まってしまってネクレッスがダメにしてしまうことってよくあります。そこでネクレッスをキレイに簡単につける裏ワザなどの方法を紹介します。簡単な付け方をマスターしネクレッスの付け外しをスムーズにしましょう。

ネックレスの付け方で簡単にする方法はいくつかあります。一つはネックレスのチェーンを調整する方法ですが、チェーンが短い場合は長いチェーンに取り替えたり少し手間がかかります。さらに留め具をもっと簡単に付けたい場合はマグネットタイプの留め具に変更するのも一つの手です。

ネックレスの付け方の悩み

Photo byestall

ネックレスを付ける時に悩むのが付け方です。ネックレスの留め具はネックレスの種類によっては小さく付けづらく、ネクレッスチェーンが絡まったりし付け外しに苦労する方も多いです。

またネックレスは首の後ろに付けなくてはいけないので手元が見えづらく付ける苦戦するという悩みアクセサリーがネクレッスにチェーンで接続している、2段階仕様の複雑な構造をしているネックレスがあります。

このタイプのネックレスは付け外しに苦戦しているとネックレスのチェーンとアクセサリーのチェーンが絡まってしまいネックレスをダメにしてしまうという悩みが多くあり付け方に関する悩みは絶えません。

そこで、ネックレスの付け方に悩みを持っている人に向けて、ネックレスの付け方に関する悩みを紹介し参考してみましょう。

留め具が小さく付けにくい

ネックレスで一番の多くある悩みが留め具の小さです。ネックレスは首元に付けるため大きめの留め具を使用すると首に負担をかけてしまったり、付け外し後に跡が付いてしますので必然と留め具はどうしても小さくなってしまいます。

ですが、やはり留め具が小さいと付け外しに苦戦してしまい、装着に時間がかかるなど、ネックレスのチェーン部分をアクセサリーを絡めてしまいネックレスをダメにしてまうこと悩みを抱えている多いです。解決策は留め具をマグネットに交換すると簡単に装着出来ます。詳しい方法は後ほど紹介します。

爪が長いと更に留めにくくなる

ネックレスを付け外しをする時に爪が長いとネックレスの留め具になかなか指を引っ掛けることが出来ず、ネックレスの装着するのがより難しくなります。自分の爪が長い場合でなくてもネイルなどで付け爪をしている時も爪が長い時と同様の状態なので同じことが言えます。

装着時は爪を切るか付け爪をする前にネックレスを装着するのがおすすめですがファッションで爪が長いままでいいという人もいるでしょう、先ほども触れました、留め具をマグネットに変更する方法が有効です。

ネックレスの付け方を簡単にする裏ワザ

いよいよネックレスの簡単な付け方の裏ワザを紹介します。ネックレスの付け外しを簡単にする裏ワザは留め具をマグネットに変えると変更することネクレッスの付け外しが簡単になります。ネクレッスの付け外しに苦戦する方や付け外し時間を短縮したい方は必見です。

付け外し簡単なマグネットの留め具に交換

ネクレッスを簡単につける方法は留め具をマグネットに変えることです。留め具を変えるとなると細かい作業が多く手間が掛かる印象を持っている人も多いと思いますが、実は以外と簡単に留め具を変えることが出来ます。詳しいやり方は後ほど紹介します。

マグネットタイプの留め具は意外とピンキリ高いものだと数千円くらいで、安いタイプだ数百円くらいで購入が可能です。また交換の方法で最も簡単なのが購入した場所でその場で交換してくれるところもあるので、マグネットタイプにするならネクレッス購入時に店員さんに聞いてみるのがおすすめです。

また種類によっては自分で交換が出来るマグネットタイプもあり費用をあまりかけたくない場合は自力で交換出来る仕様のものを選ぶとアクセサリー業者に頼むより安く済ませることが出来ます。

強力な磁力で突然はずれる心配もなし

Photo bypapazachariasa

留め具をマグネットに交換する際に心配なのは、ちょっとした衝撃ですぐに外れてしまったり壊れてしまったり耐久性に心配がある人も多いでしょう。マグネットの留め具に使用されている磁石は強力なものを採用しているので金具で止めるタイプと変わらない強度があります。

そのため引っ張られたぐらいでは外れことはなく、種類によっては付け外し時に留め具部分をポキっとおるように外す仕様になっている留め具もあり、簡単には外れにくい構造になっています。

ネックレスの付け方を簡単にするおすすめの留め具

ネックレスを簡単な付け方が出来るおすすめの留め具がマグネットクラスプと呼ばれる留め具になります。マグネットクラスプにも種類があり、留め具も商品の値段や質によって付け外しやすさが変わってくるので留め具を選ぶ時は値段やマグネットの質などを確認するのがおすすめです。

またマグネットクラスプには工具による付け替えが不要なものもあるので、留め具の交換に費用をかけたくない場合には工具不要のマグネットクラスプを選べば簡単な付け方が出来るネックレスにすることが出来ます。

マグネットクラスプはシンプルなデザインのものからハート型、星型やおしゃれな装飾がされたものなどデザインが豊富なので、普通のネクレッスの留め具に飽きた人にもおすすめで留め具を自分好みの仕様にすることに可能でネックレスの付け外しも簡単にしつつおしゃれを決めることも出来ます。

マグネットタイプの留め金具

おすすめのマグネットタイプの留め具はオプレージュby大西パールから販売されているポキっと簡単に装着することが出来るマグネット留め金具になります。

値段は約4000円とマグネットタイプの留め具の中では高価な部類に入りますが、その分、装着が簡単で留め具の部分の両端をつまみポキっと折りまげるだけで、付け外しが出来るので簡単な付け方が出来ます 、そのため爪の長い方や細かい手作業が苦手な方におすすめです。

また色がシルバーとゴールドがあるので多くのネックレスのチェーンで採用されているのカラーなので、いろんな種類のネックレスに対応出来ます。

簡単装着のマグネット

次に紹介するのもオプレージュby大西パールから販売されてマグネットタイプになりますが、こちら先ほど紹介されたものより、シンプルなタイプで大きなアクセサリーがついている重量感のあるネックレスなどには向きませんが、通常のネックレスならば問題なく付けることが可能です。

また値段が高くても1000円代なので、安価に手に入れられるのも魅力で留め具部分が丸くなっているので爪が長い方でも簡単に付け外しが可能です。こちらも色がシルバーとゴールドなので通常サイズのアクセサリーならほとんど付け替えることが可能です。

サイズが6mmと8mmの2タイプを展開しており、ネックレスのチェーンに合わせる方法や爪が長くネイルをしているなど付け方に工夫しなくてはいけない場合は8mmタイプを選ぶと簡単に装着をすることが可能です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事