カヌラニードルの使い方まとめ!ニードルとの違いや痛みについても調査!

カヌラニードルの使い方まとめ!ニードルとの違いや痛みについても調査!

一般的に、ピアスホールを開ける時使うのは、ピアッサーかニードルが多いです。しかし、ピアスホールはカヌラニードルで開けることもできます。この記事では、カヌラニードルでのピアスホールの開け方や、感じる痛み、ニードルとの違いも解説します。

記事の目次

  1. 1.カヌラニードルについて徹底解説!
  2. 2.カヌラニードルとは?
  3. 3.カヌラニードル・ニードルの違い
  4. 4.カヌラニードルを使う前の消毒方法
  5. 5.カヌラニードルの使い方
  6. 6.カヌラニードルに対する使用者の口コミ
  7. 7.カヌラニードルで開けた後はケアも大切!
  8. 8.ピアス穴を開ける時にはカヌラニードルを使ってみよう!

カヌラニードルについて徹底解説!

Photo by Joshua Rappeneker

耳にピアスホールを開ける時に使用するのは、ピアッサーやニードルが多いです。しかし、ピアスホールを開けるための道具はほかにもあります。

今回はカヌラニードルを使ったピアスホールの開けかたから、ニードルとの違い、ピアスホールを開ける時の痛みについて徹底的に解説していきます。使い方をマスターして、上手に穴をあけてください。また、使用者の口コミなども見ていきましょう。

カヌラニードルとは?

カヌラニードルという器具を、聞いたことはあっても、具体的には知らないという人もいます。しかし、知らないのはもったいないほどに便利な道具です。

カヌラニードルは、ピアスホールを開けるための道具です。通販などで規制もかかっています。そのため、通販を利用していても、あまり目にすることはないかもしれません。しかし、耳にピアスホールを開けたいならおすすめです。

ピアッサーやニードルよりも傷みが少なく、簡単にピアスホールを開けるのが、カヌラニードルです。誰にでも使えて、特別使い方も難しくはありません。カヌラニードルで楽に穴をあけて、ピアスでおしゃれを楽しみましょう。

ニードルが改良

カヌラニードル以外にも、似たような道具があります。その中には、カヌラニードルに似たニードルという商品もあります。

似ていると感じるのも当然で、カヌラニードルは、より簡単にピアスがつけられるようにニードルを改良したものです。ニードルとは違い、上部分にチューブが付属しています。見た目での違いは、チューブがあるか、ないかです。

また、カヌラニードルとニードルには、針の先端も違います。ニードルの部分も鋭く、よりダメージが少なくて済むように作られているからです。ファーストピアスの装着が簡単で、ピアスホールの定着が早いのが、カヌラニードルの利点です。

使い方に注意

カヌラニードルの使い方には、注意が必要です。体に傷をつけるわけですから、全く痛みがないということはありません。

また、傷をつけるわけですから、気を付けなくてはばい菌が入って炎症を起こすこともあります。もちろん化膿したり腫れたりといったこともあります。カヌラニードルを使った後は、ケアすることをおすすめします。

おしゃれを楽しむためにも、傷や痛みは最小限に抑えることが大切です。耳以外の部分を傷つけないように気を付けて、使い方を間違えないようにしましょう。できるだけ痛みの少ない方法で、耳に穴を開けてください。

耳以外にも穴を開けられる

Photo bykalhh

カヌラニードで穴をあけられるのは、耳だけではありません。唇や舌、おへそ回りなど、鋭い分、さまざまな部分に穴をあけられます。

しかし、カヌラニードルを使っても、すべての場所に穴をあけられるわけではありません。使用前には、使い方をよく理解しておきましょう。使える場所と使えない場所は、把握して、なるべく余分な傷を作らないようにすることが大切です。

とはいえ、耳以外の場所にも開けたいなら、ぜひ使ってみてください。せっかくカヌラニードルがあるのだから、耳だけではもったいないです。鋭い針先があるため、注意が必要です。使い方次第でいろいろなおしゃれを可能にしてくれるのが、カヌラニードルです。

ピアッサーより痛みが少ない

耳にピアスホールを開ける時、もっとも気になるのは痛みです。いくらいいといわれても、痛みが強いなら使いたくはありません。

ピアスホールを開ける器具として、有名なのはピアッサーです。しかし、ピアッサーはその性質上、それなりの痛みを伴います。そのため、ピアスホールは開けたくても開けられないと、ためらう人も多くいます。

その点、カヌラニードルはピアッサーより痛みが少ないです。誰にでき、痛みも少ないならとカヌラニードルを使う人も多くいます。ぜひ、カヌラニードルを使ってほかの器具よりも簡単にピアスホールを開けましょう。

カヌラニードル・ニードルの違い

耳に穴を開ける道具としては、ピアッサーのほかにニードルという器具もあります。ニードルもまた、通販で購入できます。

具体的に、カヌラニードルとニードルでは何が違うのでしょうか。ニードルもカヌラニードルも鋭い針が付いていて、耳にピアスホールを開けるという点は、共通しています。しかし、その違いは一目瞭然です。

カヌラニードルはニードルとは違いチューブが付いているために、ピアスが通りやすくなっている点が、一番の違いです。チューブがあることで、ファーストピアスが簡単に装着できます。また針の切れ味もより鋭く、痛みが少ない点も違いといえるでしょう。

ニードルとは

ニードルとは、先端部分が斜めに切られている特殊な針のことです。耳の組織をつぶすようにして穴をあけるピアッサーとは、穴の開け方が異なります。

剃刀のように研磨された鋭利な刃物で、組織を切りながら穴をあけます。無理を通さないために、直りが早いという利点があります。通販などで手軽に購入できますが、きちんと滅菌されたものでなくては危険を伴います。

本来は医療用器具

ニードルは、実は耳にピアスホールを開けるために作られたものではありません。もともとは医療用器具です。しかしその形状から、ピアスホールを開けるのに便利だということで、よく使用されています。

そのため、真ん中には血液や薬剤を通すための穴も開いています。とはいえ、ピアスホールを開けるのには、必要のない穴です。また、ニードルはきちんと消毒や滅菌をしていなくては、穴を開けた後に化膿することもあるため、注意が必要です。

イヤリングを付けた耳が痛い!痛くない付け方や位置を詳しく紹介!のイメージ
イヤリングを付けた耳が痛い!痛くない付け方や位置を詳しく紹介!
せっかくおしゃれなイヤリングを買ったのに、付けた耳が痛いときはありませんか?実は痛くなるイヤリングの付け方や痛い金具があります。そこでこの記事ではイヤリングの痛くない付け方や位置、さらにはおすすめの痛くないイヤリングのタイプをご紹介します。

カヌラニードルを使う前の消毒方法

次へ

関連するまとめ

人気の記事