トラガスピアスの開け方は?痛みの度合いや注意点もチェック!

トラガスピアスの開け方は?痛みの度合いや注意点もチェック!

最近「トラガスピアス」という耳の「トラガス」と呼ばれる部位に開けるピアスは、おしゃれな女子に特に人気があります。しかし通常のピアスと違い軟骨に穴を開けるので、痛みが気になる方も少なくないでしょう。気になっているけどなかなか踏み出せない、という方必見の記事です!

記事の目次

  1. 1.トラガスピアスの開け方や注意点を紹介!
  2. 2.トラガスとは
  3. 3.トラガスピアスの開け方
  4. 4.トラガスピアスの注意点
  5. 5.トラガスピアスのココが知りたい!
  6. 6.トラガスピアスを開けてオシャレ度をアップしよう!

トラガスピアスの開け方や注意点を紹介!

Photo by avatar-1

耳にあけるピアスの部位の中でも最近人気のある「トラガスピアス」をご存知ですか?「トラガス」は耳のある部分の名前なのですが、その「トラガス」にピアスをするには、耳の軟骨にピアスを開けなくてはいけません。今回はその「トラガピアス」の痛みや開け方、注意点などご紹介いたします!

トラガスとは

まずは、その人気の耳の部位「トラガス」についてご紹介していきましょう。一体「トラガス」とはどのような部分なのでしょうか。

また、なぜそんなに最近人気があるのかも気になる方も多いかもしれません。同じ耳でも耳たぶにピアスが開いているのと、「トラガス」に開いているのでは何が違うのか見ていきましょう。

耳の顔側にある軟骨部分

今回ご紹介する人気の「トラガス」というのは、耳の穴の入り口のポコっと出っ張っている三角の部分の部位の事をさします。

耳の中でも顔側にある小さな出っ張りの「トラガス」という軟骨にピアスを開けるというのが、おしゃれな女性の中でとても人気になっています。

近年人気の部位

その耳の顔側にある出っ張りの軟骨部分に開ける「トラガスピアス」は、近年非常に人気が出てきています。では、なぜそんなに「トラガスピアス」は人気なのでしょうか。

実は「トラガスピアス」は、顔に近い耳の軟骨部分にピアスを開けるので、髪の毛をかきあげた瞬間や、ふとした瞬間に髪の間からちらりと見えるのがかわいい、と人気なのです。

ピアスを開ける位置をチェック!数や場所・男女によって意味の違いは?のイメージ
ピアスを開ける位置をチェック!数や場所・男女によって意味の違いは?
耳につけるアクセサリーの一種であるピアス。このピアスは、つける位置によって、意味が変わるのだそうです。また、つける位置や数は、男女によって意味が違ってきます。この記事では、ピアスの位置に込められた意味をまとめ、おすすめのピアスの位置を紹介していきます。

トラガスピアスの開け方

Photo bylittleprince2

そんな「トラガスピアス」ですが、耳の軟骨にピアスを開けるとなると、普段耳たぶのピアスは自分で開けている、という方でも少し開け方を悩んでしまうかもしれません。

では、「トラガスピアス」を開ける場合、どのような方法がいいのでしょうか。おすすめのピアスの開け方をご紹介いたします!

病院で開ける

Photo by Presidencia de la República Mexicana

まずは、ピアスを安全に開けたいという方におすすめの開け方「病院でトラガスピアスを開ける」というものです。

病院で開けるメリットは、何と言っても清潔でトラブルが起きにくいということでしょう。しかし、病院によっては施術を行わない場所もあり確認が必要です。

そして「トラガスピアス」は通常のピアッサーで開けるよりもニードルという太めの針で開けるのがおすすめです。病院で「トラガスピアス」を開ける場合、ニードルではなくピアッサーで開ける場合もありますので、事前に開け方を病院に聞いておくのがおすすめです。

ピアススタジオで開ける

Photo by arriba

続いて、「トラガスピアス」の開け方でおすすめなのは、ピアスの専門である「ピアススタジオ」で開けるという開け方です。

ピアススタジオなら自分好みの穴のサイズなども自由に決めることが出来ますし、病院よりもフレンドリーに対応してくれて相談もしやすくておすすめです。

自分で開ける

病院にもピアススタジオにも行かずに、「トラガスピアス」を開けたい、という方は、「自分でトラガスピアスを開ける」という開け方も出来ます。

自分で「トラガスピアス」を開けるとなると、多少の経験が必要かもしれません。耳たぶに開けるピアスと、「トラガス」のような軟骨部分にピアスを開けるのでは少々勝手が違ってしまいます。

用意するもの

Photo by wonderferret

自分で「トラガスピアス」を開ける場合、開けるために必要な道具も自分で用意しなくてはいけません。「トラガスピアス」を開ける為に必要なのは、軟骨用のピアッサー、もしくはニードルです。

そしていずれも14Gと呼ばれる太さのものがおすすめです。軟骨に穴を開ける場合、ニードルの方が綺麗に穴が開いておすすめなのですが、慣れていないとニードルで穴を開けるのは難しいでしょう。

しかも「トラガス」と呼ばれる部分は、非常に範囲が狭くピアスも開けにくいので、自分で開けるという場合は、簡単に開けることができるピアッサーを使用した開け方がいいかもしれません。

Photo by r.erices01

そしてその他に、ファーストピアス、軟膏、マジック、消毒液、清潔な消しゴム、清潔な容器、そして鏡が必要です。

鏡はもし三面鏡があればとても見やすくておすすめです。また、マジックは自分で開けたい場所に印をつけるものなので、アイライナーでも代用可能です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事