マネークリップの使い方ガイド!使うメリットやデメリットもチェック!

マネークリップの使い方ガイド!使うメリットやデメリットもチェック!

お金をスマートに持ち運ぶことができるマネークリップですが、正しい使い方やマナーをご存知でしょうか。これからマネークリップを使おうと考えている方に向けて、マネークリップを使用するメリットやデメリット、正しい使い方やマナーを紹介します。

記事の目次

  1. 1.マネークリップとは
  2. 2.マネークリップの使い方ガイド
  3. 3.マネークリップのメリット
  4. 4.マネークリップのデメリット
  5. 5.マネークリップの正しい使い方
  6. 6.マネークリップの種類
  7. 7.マネークリップおすすめブランド
  8. 8.番外編:マネークリップのような薄型財布という選択肢
  9. 9.マネークリップを購入するか迷う場合
  10. 10.マネークリップのマナー
  11. 11.外国ではマネークリップは一般的
  12. 12.マネークリップの使い方をマスターしよう

マネークリップとは

お札やカードを挟んで使用するマネークリップ。かつてはおじさんくさい、成金っぽいと言われていたアイテムですが、最近は雑誌やWEBで特集が組まれるなど、人気が出てきています。

最近良く見るけど、使い方やおすすめが分からず、購入に踏み切れない方のために、マネークリップの正しい使い方とおすすめのブランド、またマネークリップを使用する上でのメリットやデメリットを紹介します。

マネークリップはお金を挟むもの

Photo bywebandi

マネークリップはその名前の通り、お金を挟んで使用するものです。元々は、チップ文化のある海外で、チップを渡す際に財布からお金を取り出すのではなく、マネークリップに挟んだお札からチップを渡すのが始まりです。

日本ほど治安の良くない海外では、財布を取り出すことは盗難の可能性を高める行為ですし、キャッシュレス化も進んでいるため、日本人のように大きな財布を持ち歩いている人がいないことも、マネークリップが使われている大きな理由です。

最近は、断捨離やミニマリスト、従来から続くシンプルブームの流れを受けて、日本でもマネークリップを使う人を多く見るようになりました。従来以上にキャッシュレス化が進み、海外のように大きな財布を持ち歩く必要が少なくなったことも理由の1つです。

マネークリップの使い方ガイド

Photo bypasja1000

続いて、マネークリップの使い方ガイドです。マネークリップを使おうかどうか悩んでいる方は、まず通常の財布との違いを理解した上で、自分のライフスタイルに合っているかどうかを確かめてください。

マネークリップは通常の財布と比べて非常にシンプルにお金を持ち歩くことができますが、シンプルが故にデメリットもあります。まずはその点を確認しましょう。

マネークリップと長財布の違い

Photo byblickpixel

マネークリップと長財布の違いは、収納力です。長財布を使用している方は良くお分かりですが、お札やカードも多くの枚数が入りますし、小銭を入れることもできます。

これに対して、マネークリップは基本的に小銭を入れることはできません。また、物によりますが、カード類はお札と一緒にマネークリップで挟む使い方になります。普段からカード払いや電子マネー等を良く利用していて、あまり小銭の出番が無いという方は、マネークリップに変えてもあまり不自由しないでしょう。

紙幣を挟めれば全てマネークリップ

Photo by wuestenigel

ちなみに、マネークリップの形に厳密な定義はありません。マネークリップとして販売されているオシャレなものではなくても、お金を挟むことができれば、それはマネークリップとなりえます。

文房具のクリップでもお金は挟むことができますし、物を引っ掛けたりするクリップでもお金は挟めます。これらをお金を挟む用途で使用すれば、立派なマネークリップです。ただ、見た目があまりにも実用的すぎますので、おしゃれな物を求めている方には不向きです。

しかしながら、マネークリップを使い始めてみたいという方にとっては、値段も安く手に入りやすいため、おすすめです。

マネークリップのメリット

それでは、マネークリップのメリット、デメリットをみていきましょう。まずはメリットからです。今までマネークリップに馴染みのなかった日本人がマネークリップを使用するメリットは、見た目がすっきりすることと、カードがかさばらずに荷物の嵩が減るということです。

見た目がすっきりする

Photo by BTC Trinkets .com

1つ目のメリットとして、見た目がすっきりすることが挙げられます。特にお札を挟むだけのシンプルなマネークリップだと、長財布と比べてかなりスマートな見た目になります。

お札を裸のまま持つことに抵抗がある方は、少しスマートさは無くなってしまいますが、お札部分を覆うカバーが付いたマネークリップもあります。こちらは、2つ折り財布と似たような見た目ですが、厚みはかなり少なくなるため、通常の財布と同じ感覚で使うことができ、おすすめです。

カードがかさばらない

次へ

関連するまとめ

人気の記事