結婚式でのお呼ばれアクセサリーのマナーまとめ!選び方のコツも紹介!

結婚式でのお呼ばれアクセサリーのマナーまとめ!選び方のコツも紹介!

結婚式にお呼ばれする機会も結構ありますが、実はアクセサリーにもマナーがあります。結婚式にお呼ばれした時に迷わないよう、結婚式でのお呼ばれアクセサリーとして、パールや指輪やネックレスはどのようなものが適しているのかなど、選び方のコツをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.結婚式でのお呼ばれアクセサリーのマナー
  2. 2.結婚式が昼か夜かでアクセサリーのマナーが違う
  3. 3.結婚式のお呼ばれアクセサリーを選ぶコツ
  4. 4.結婚式に結婚指輪をしていく場合の注意
  5. 5.結婚式のお呼ばれアクセサリーのおすすめデザイン
  6. 6.結婚式のお呼ばれアクセサリーおすすめアイテム
  7. 7.結婚式のお呼ばれではアクセサリー以外にも注意が必要
  8. 8.結婚式のお呼ばれアクセサリーはマナーに気をつけて選ぶべき

結婚式でのお呼ばれアクセサリーのマナー

Photo by3D_Maennchen

社会人になると友人などの結婚式にお呼ばれすることも結構ありますが、人生における大切なセレモニーである結婚式には様々なルールやマナーがあります。結婚式にお呼ばれした時のルールやマナーの中で、意外に知られていないのがアクセサリーに関するルールやマナーです。

厳密に「絶対こうでなければならない」というルールはありませんが、ある程度のマナーをわきまえてアクセサリーを選ぶことが大切です。結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーについてご紹介しましょう。

花嫁よりは地味なアクセサリーを選ぶ

Photo byOlessya

結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーの一つ目は、花嫁よりは地味なアクセサリーを選ぶことです。結婚式の主役はあくまでも新郎新婦で、ドレスの華やかさなどのためどちらかと言えば花嫁の方が主役になります。その主役より目立つような大ぶりのアクセサリーは厳禁です。

花嫁のアクセサリーは大き目のコサージュやきらびやかなネックレスなどですので、花嫁のアクセサリーより目立つようなアクセサリーを選んではいけません。

白色のアクセサリーはNG

Photo bysevenminutechannel

結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーの二つ目は、白色のアクセサリーはNGだということです。結婚式において花嫁は白いドレスや白っぽいアクセサリーを身にまといます。そのため、花嫁と同じような白色のアクセサリーを選ぶことはマナー違反であると言えます。

例外として、白色であってもパールのアクセサリーなら大丈夫です。パールのアクセサリーは冠婚葬祭いつでも使えるフォーマルなものであると認識されていますので、白色でもパールならマナー違反にはなりません。

シンプルなパールのネックレスなどなら白色でも良いですが、白いコサージュなどはマナー違反になるので注意が必要です。

季節に合わせたデザインを選ぶ

Photo byTakmeomeo

結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーの三つ目は、季節に合わせたデザインを選ぶことです。真冬の結婚式に真夏を感じさせるようなアクセサリーを選んだり、真夏に冬っぽいアクセサリーを選ぶことはマナー違反となります。春には桜のデザインのアクセサリーを選ぶなど、季節感のあるデザインを選ぶことも大切なマナーです。

ヘアアクセサリーにベルベットなどが使用されている場合にも注意しなければなりません。ベルベットは厚手で冬のイメージがある布地ですので、春や夏の結婚式には不向きであると言えます。

季節感のあるアクセサリーを身に着けることは、結婚式の場の雰囲気を大切にすることにもつながりますので、季節に合わせたデザインのアクセサリーを選ぶことが大切になります。

時計はNG

Photo byfancycrave1

結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーの四つ目は、時計はNGだということです。時計というものは時間を見ることを目的としたものですが、結婚式にお呼ばれした時に腕時計をはめていくと「いつ終わるのか気にしている」などと思われることもあります。そのため、時計はマナー違反ということになります。

結婚式という大切なセレモニーは幸せを皆で分かち合う時間ですので、時計を身に着けないことは「この幸せな時間がずっと続いてほしい」という気持ちを表すという意味にもなります。

ですが、腕時計をつけることが習慣である人にとっては腕時計を外すことは難しいですので、これは絶対にNGというわけではありません。

アニマル柄・毛皮はNG

Photo byskeeze

結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーの五つ目は、アニマル柄や毛皮はNGだということです。アニマル柄や毛皮のアクセサリーは、殺生のイメージがあります。本物の毛皮を使っていないフェイクファーのアクセサリーも同じ理由でマナー違反になりますので、普段アニマル柄やファーを好んでいる人は注意が必要です。

結婚式というおめでたい席にそのようなマイナスイメージのアクセサリーを身につけて行ってはいけません。これも大切なマナーですので覚えておきましょう。

結婚式が昼か夜かでアクセサリーのマナーが違う

Photo bytoanmda

結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーは先にご紹介しましたが、実はもっと細かいマナーもあります。それは、結婚式が昼間であるか夜であるかによってアクセサリーの選び方を変えなければならないということです。昼と夜それぞれの結婚式にお呼ばれした時のアクセサリーのマナーについてご紹介しましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事