8時間ダイエットのやり方・効果まとめ!失敗しないための注意点も!

8時間ダイエットのやり方・効果まとめ!失敗しないための注意点も!

ダイエットに何度も失敗している方は、ぜひ効果が高いと評判の8時間ダイエットにチャレンジしてみませんか。8時間ダイエットは、1日の8時間以内に朝食から夕食までを全て摂取する方法です。ストレスなく自分のライフスタイルに、8時間ダイエットを取り入れてみましょう。

記事の目次

  1. 1.8時間ダイエットはファスティングの応用!
  2. 2.8時間ダイエットのやり方
  3. 3.8時間ダイエットのタイプ
  4. 4.8時間ダイエットを成功させる方法
  5. 5.8時間ダイエットに効果がある理由
  6. 6.8時間ダイエットを失敗させない注意点
  7. 7.8時間ダイエットの正しいやり方を知ろう!

8時間ダイエットはファスティングの応用!

Photo byponce_photography

時代によって流行るダイエット方法がたくさんあります。ダイエットを何度も試して失敗している方は、効果的な8時間ダイエットにチャレンジしてみましょう。8時間ダイエットは間欠的ファスティング方法になります。

ファスティングと聞くと断食のイメージがあり食べないダイエットではないかと勘違いしてしまいがちですが、8時間ダイエットは1日の内で8時間以内で朝食から夕食を全て済ませる食事方法です。

ダイエットを何度も繰り返し行っているのに失敗してしまう方には、特におすすめです。無理なダイエットは続かない上、健康を害してしまう恐れがあるので、無理なく長期的に続けられるのもおすすめなポイントです。

間欠的ファスティングで無理なくチャレンジできる8時間ダイエットは効果も高く、頑張れば失敗しないおすすめな方法です。8時間ダイエットのやり方や失敗しない注意点を参考にしてみてください。

8時間ダイエットのやり方

Photo byFree-Photos

8時間ダイエットの基本的なやり方についてご紹介します。上記でもお伝えしたように、8時間ダイエットは1日の内で8時間以内に食事を済ませ、16時間の断食で行うダイエット方法です。

ダイエットを何度しても効果が感じられなかったり、無理なダイエットで失敗してしまった経験のある方も多いです。8時間ダイエットは最初は慣れるまで大変で、効果も個人差が出るので正しいやり方や計画をしっかり行うのがポイントです。

8時間ダイエットは基礎的なダイエット方法で、正しいやり方で行えば健康的にもとても良いです。そして効果が出にくい方は特に8時間ダイエットに限らず続けなければ失敗してしまうので、正しいやり方とコツをチェックしてみましょう。

8時間以内に一日の食事をとる

Photo byFree-Photos

8時間ダイエットの正しいやり方1つ目は8時間以内に一日の食事をとります。1日は24時間あり、24時間のうち8時間以内で朝食や昼食や夕食までの食事を終わらせましょう。

参考例として朝9時に朝食をとるのであれば、昼食は12時で夕食は5時までに終わらせます。人それぞれライフスタイルがあります。朝が早くて朝食も早い場合は夕方に夕飯を済ませたり、朝が遅い場合は8時間ダイエットの時間もずれていきます。

レコーディングダイエットの様に食べた物のカロリーを書き出して記録していくダイエット方法も効果がありますが、長続きしなくては意味がありません。

しかし8時間ダイエットはとてもシンプルなやり方なので、誰でも簡単にダイエットを始める事ができます。時計を見て8時間以内の食事スケジュールを決めておきましょう。

16時間の断食の時間を作る

Photo byLubosHouska

8時間ダイエットを成功させる大切なポイントは8時間以内の食事をとる事と、16時間の断食の時間を作る事が重要な秘訣になります。最後の食事から16時間の空腹時間を設ける事によって、痩せやすい体になるメカニズムができます。

人間の体のメカニズムには消化器官を休ませて体の代謝アップをアップさせる効果があります。代謝酸素と消化酸素の2つの酸素はそれぞれ1つの酸素しか分泌されません。

1日で食べる時間を8時間を消化酸素を活発にさせ、残りの16時間を断食させて代謝酸素の時間を作ります。代謝酸素の分泌時間を高めて痩せやすい体作りを行う為に、8時間ダイエットの効果が高まります。

8時間ダイエットの期間

Photo byAbsolutVision

続いて8時間ダイエットの期間についてご紹介します。ダイエットは続ける事がとても大切になりますが、モチベーションを向上させたり期間付きのダイエットを行いたい方も多いです。

断食ダイエットにもたくさんの種類があり、週末断食や1日断食等も注目されています。8時間ダイエットは半日断食に近く、平日や週末に限らず毎日継続させる必要があります。

8時間ダイエットを行う際にはしっかり効果がでるように期間を決めておきましょう。8時間ダイエットの効果は個人差があります。短期的にダイエットを行いたい方も含め、8時間ダイエットは最低でも2週間以上続けるようにしましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

期間を決めたやり方で効果的に8時間ダイエットを行いたい場合は1ヵ月以上を目安に行うのがおすすめです。実行期間を長く設けて置く程、ダイエットの効果は高くなります。

人間の体は最低2週間行わなければダイエットの効果は期待できません。逆に2週間以上8時間ダイエットを行っても効果が出ない場合は、正しいやり方をおさらいしてみましょう。

8時間ダイエットは半日の断食でやり始めは少し大変です。夜中にお腹が空いてきてしまう場合もありますが、2週間前後で食生活にも慣れてくるので参考にしてみてください。

適度な運動を取り入れる

Photo byskeeze

続いて8時間ダイエットを更に効果が出るおすすめのやり方は適度な運動を取り入れる事です。基本的なダイエットで大切なのが運動です。しかしここでは過酷な運動ではなく、適度な運動を続ける事をおすすめします。

ダイエットの成功への鍵を握るのが筋肉です。8時間ダイエットの断食やファスティングのやり方は、酸素の働きで痩せやすい体を作る方法です。8時間ダイエットのやり方だけでは、筋肉が落ちてしまうのでプラスアルファ運動を取り入れてみましょう。

8時間ダイエットを期間を設けて行えば体重や体脂肪は落ちます。しかし同様に筋肉量も落ちてしまえば、基礎代謝も下がり痩せやすい体作りとは言えません。

Photo byB_Me

筋肉が1キロ減少する事によって、1日の基礎代謝は20~30キロカロリー低下してしまいます。30キロカロリーは少しの様に感じますが1年間に換算すると、約11000キロカロリーになります。

基礎代謝は何もしない状態で消費するカロリーなので、1日30キロカロリーと言えども長期的に見ると差が大きいので筋肉を付ければ付ける程に痩せやすい体になるので注目しておきましょう。

また筋肉がなければ頑張って8時間ダイエットを行ってもリバウンドしてしまう可能性も高くなります。過酷な運動ではなく、毎日続けられる運動をライフスタイルに取り入れて基礎代謝を高めていくのがおすすめです。

食事の内容

Photo byComfreak

8時間ダイエットの食事内容についてご紹介します。8時間ダイエットは16時間の断食で、ダイエットの成功率も高くファスティングは様々な効果があります。

8時間の間であれば低カロリーメニューにこだわらずに、ストレスなく3食摂取できるのがポイント。しかし8時間ダイエットの際には好きな食べ物を好きなだけ食べていれば、カロリーオーバーでダイエットに失敗してしまう恐れもあります。

食べる食事の量やカロリー、栄養の摂取方法にも気を配るようにしてみましょう。痩せやすい体作りに必要な栄養素はタンパク質です。

Photo byFree-Photos

炭水化物や脂質はダイエットには大敵と言われていますが、全く摂取しないと健康上にも良くありません。ダイエットに必要な栄養素を多く、5代栄養素はバランスよく摂取するようにしてみましょう。

8時間ダイエットはファスティングとなります。16時間の断食の後に摂取する食事内容は特に大切です。8時間ダイエットの1番始めに口にする食事は血糖値の上昇が起こしてしまうので、御粥やスムージー等がおすすめ。

長い時間消化器官が休んだ状態になっているので、高カロリーな物を食べるのは控えておきましょう。栄養価の高いスーパーフード等を食事に取り入れて食生活も見直していくのがポイントです。

飲み物

Photo bybridgesward

8時間ダイエットでは食べ物だけでなく飲み物にも気を配るようにしましょう。ダイエット中は水分補給はとても大切で、代謝や血流が良くなり老廃物をどんどん排出してくれる役割があります。

ファスティングの際にも水分をしっかり摂っておかないと、脱水症状を引き起こしてしまう可能性が高いので体重が気になる方は特に注意して多く水分補給を行ってください。

8時間ダイエットでは8時間以内に食事を済ませるのがルールとなります。飲み物は対象外になりますが、ここで重要なのは飲み物の種類に注意しておきましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事