猫にハッカ油は悪影響があるって本当?危険と言われる理由や症状をチェック!

猫にハッカ油は悪影響があるって本当?危険と言われる理由や症状をチェック!

猫にハッカ油は悪影響があるって本当でしょうか?この記事では知識として抑えておきたい、ハッカ油が猫に与える影響やその危険性、またその理由や症状を詳しく解説します。古より猫除けとして使われてきたハッカ油は、果たして「本当に猫に有害」なのかについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.ハッカ油は猫にとって危険?悪影響の理由とは?
  2. 2.ハッカ油とは
  3. 3.猫にハッカ油が危険な理由
  4. 4.猫のハッカ油による中毒症状
  5. 5.猫に直接使わなくてもハッカ油は危険!
  6. 6.大切な猫のためにハッカ油には注意しよう!

ハッカ油は猫にとって危険?悪影響の理由とは?

Photo byKirgiz03

近年、ハッカ油が注目を浴びています。人々の健康志向が進んでいることもあり、アロマオイルやエッセンシャルオイルに含まれるものも含め、虫除けなど、様々な用途で使われることが多くなってきました。

天然成分を謳っていることもあって、主に子供さんのいる家庭などでの使用頻度が高まっているようです。最近はコロナウイルスの流行で余計に売上が急上昇しているという話もあるようです。

さて、そんなハッカ油が猫にとっては危険で、悪影響があるという話があります。ここではその危険性と共に、ハッカ油が猫に悪影響を及ぼす理由も併せてご説明していきます。ぜひ、覚えてあなたの愛猫の健康を守ってあげてください。

ハッカ油とは

Photo by ShebleyCL

まず、本題に入る前に、ハッカ油というものが何かを知っておく必要があります。ハッカ油というくらいなので、ハッカが原料の油なんだろうな、程度の想像は付きますが、なかなか詳しく説明しろと言われたら、ちょっとなかなか難しいと思われます。

ましてや、それが猫に危険だと言われても、悪戯に不安感が増すばかりでどうしていいか、わからなくなることでしょう。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」、という通り、まずはご自身と愛猫がこれから対峙する相手について学んでいきましょう。

すべてはそれからです。相手の危険性について的確に認識し、充分な情報と知識を蓄えることで、あなたの愛猫が危険に晒されるリスクはぐっと低くなります。大切な家族のために出来ることはしてあげましょう。

ハッカの成分を蒸留抽出して作られた精油

Photo bymanfredrichter

ハッカ油とは、二ホンハッカ、西洋ハッカ、東洋ハッカなどといった全世界で栽培されている100種類以上のミント類からハッカの成分を蒸留し、抽出して作られた精油のことで大抵、小瓶などに入れて売られています。

主なものにペパーミントやスペアミントがあります。また、アロマオイルとしてだけではなく、食品の香料などの様々な使われ方をしています。ハッカの成分を、一気に凝縮している極めて濃度の高いものです。

いろいろ活用できる万能オイル

Photo bymargenauer

ハッカ油は天然由来で人体に優しく、万能という言われ方をしています。その用途は香りを楽しむアロマオイルとしての使い方のほか、除菌や消臭の効果や制汗効果、掃除や化粧水にも、また口臭予防のマウスウォッシュや虫除けなど多岐に渡ります。

冒頭に述べたように近年の健康志向の高まりから、子供さんのいる家庭では、市販の虫除けスプレーを使いたくないとの理由で、ハッカ油を虫除けとして使われることが多くなっているようです。

また、独特のスースーする清涼感から、夏場に重宝されることも多く、水に精油を入れたハッカ水でスプレーを作り、ハッカ水スプレーを家に常備している家庭もあるようです。このようにハッカ油は極めて用途が広く、極めて有用な精油と言えます。

猫除け対策として使われることも

Photo byClaudiaWollesen

ハッカ油は猫除けの用途で使われることがあります。猫除けは本来の用途ではありませんし、道徳的にも褒められたものではありませんが、そのようにハッカ油を使っている人も少なからず存在しているのです。

猫除けにハッカ油特有のスースーする匂いを猫が嫌うことを利用できると、猫が近づいて欲しくない場所にハッカ油を散布したり、酷い場合は野良猫やほかの家の猫に対して直接、身体にハッカ水のスプレーを吹きかけたりする人もいるようです。

動物の命も人間と同じくかけがえのない命です。未だにハッカ油の猫に対する害は深く認知されておらず、猫除けと称したこのような悲劇が無くならないのが現状です。皆さんは可愛い猫たちに、決してそんなことはしないようにしましょう。

ハッカ油の使い方は?掃除・消臭・虫よけなどいろんな活用法をご紹介!のイメージ
ハッカ油の使い方は?掃除・消臭・虫よけなどいろんな活用法をご紹介!
何かと便利な使い方ができるハッカ油を使ったことはありますか?ハッカ油は爽やかな香りが特徴となっていますが、暑い夏に涼しさをもたらしくれます。この記事ではそんな便利なハッカ油の掃除や消臭、虫除けなど様々な使い方をご紹介します。
ハッカ油スプレーの作り方を伝授!効能や使い方の注意点もチェック!のイメージ
ハッカ油スプレーの作り方を伝授!効能や使い方の注意点もチェック!
ハッカ油と無水エタノールなどを混ぜるだけという簡単な作り方で完成するのがハッカ油スプレーです。殺菌効果や覚醒効果、虫よけ効果など作っておくと便利に使えるハッカ油スプレー。必要な材料や分量などハッカ油スプレーの作り方やその効能、注意点などをまとめました。

猫にハッカ油が危険な理由

Photo bysusannp4

では、なぜハッカ油は猫の身体に悪影響を及ぼすのでしょうか。その理由をご説明していきましょう。その理由は猫の身体の仕組みにあります。いかにハッカ油が猫にとって危険なのか、お分かり頂けるときっとその恐ろしさに驚愕するかもしれません。

以下にその理由を列記しましたが、ハッカ油は猫の身体にとってまさに猛毒であり、悪影響どころか命に危険をもたらす存在です。そのことをよく理解して、ハッカ油の取り扱いには慎重の上にも慎重を期すようにしてください。

精油の成分とは

Photo byOpenClipart-Vectors

精油の成分は、植物性脂溶性化学物質といわれるもので、これが体内に入り、分解されない状態が続くと、毒に変わってしまうという恐ろしい物質なのです。植物性脂溶性化学物質が含まれた精油全般が、猫にとっては悪影響を与える有害な物質と言えます。

猫の肝臓は精油の成分を解毒できない

Photo by1899441

「植物性脂溶性化学物質」が、猫に有害な理由は、猫の身体の仕組みと関係があります。人間や犬の場合は、この物質を分解するための「グルクロン酸転移酵素」がその肝臓に含まれているので、その影響を受けないのです。

そして、猫の肝臓は、この「グルクロン酸転移酵素」を充分に作れません。よって、身体の中で毒素は分解されずに溜め込まれ、肝機能に強い影響を及ぼす、という仕組みになっています。

猫は元から完全に肉食の動物なので、遥か太古の時代より、植物を身体に取り入れる必要性がなかったために、精油の成分を分解するシステムが出来なかったものと考えられています。

ハッカ油以外の濃縮された精油もNG

Photo bywilkernet

結論から言って、ハッカ油だけでなく全ての精油が猫にとって有害であり、猫の身体に深刻な悪影響を与えます。ですので、とにかく猫を飼っているご家庭では、ハッカ油を含めた精油全般の使用を禁止する必要があるのです。

ハッカ油も含め、精油はとても有用で便利なものなので残念ではありますが、愛する飼い猫はあなたの家族です。彼らの命が何より大切ですから仕方ありません。精油による中毒症状には、愛猫の命を奪うものもあり、とても危険です。

猫のハッカ油による中毒症状

次へ

関連するまとめ

人気の記事