水の賞味期限はどのくらい?開封前後の違いやメーカー別の長持ち具合も解説!

水の賞味期限はどのくらい?開封前後の違いやメーカー別の長持ち具合も解説!

水は私達に必需品で、飲料水や洗濯、風呂、炊事、掃除などの多岐に渡る用途で使われています。この記事では、飲料水として注目し、各メーカーのペットボトルの水の賞味期限の違いから、水の賞味期限についての理解していきましょう。それにより被災時でも役立つ知識だと言えます。

記事の目次

  1. 1.水の賞味期限ってあるの?
  2. 2.水の賞味期限とは
  3. 3.メーカー別水の賞味期限の違い
  4. 4.水の賞味期限を長持ちさせるコツ
  5. 5.水の賞味期限について知っておこう!

水の賞味期限ってあるの?

Photo byPezibear

そもそもの話、「水には賞味期限があるのか」という事ですが、答えは「あります」。賞味期限は、いわばおいしさが保障される期限という事なので、食べられなくなるとか飲めなくなるとは違うのです。故においしい水とそうでない水と分けられます。

実際、それなりの人達が、賞味期限が切れると水が飲めなくなると思い、賞味期限が切れてしまったペットボトルを廃棄し、先が長い賞味期限のペットボトルを買ってしまうようです。上記の様に賞味期限を正しく理解しておきましょう。

水の賞味期限とは

Photo byClaudiaWollesen

まず、水の賞味期限は過ぎても、飲めない事はありません。あくまで、おいしさは保障されませんが、飲むこと自体は可能です。ただし、未開封で暗所などの保管状態が良くないといけません。

さらに言うと、未開封と開封ではいくら大きな違いがあり、「開封」というのはつまり口から水を飲むという事です。人間の口内には雑菌があり、これが口からペットボトルへ移動するとカビの原因になるのです。

故に長持ちしたければ、防災バッグに未開封のペットボトルの水を入れておかないといけません。これがもし口に付けたペットボトルの水なら、賞味期限が過ぎていなくても、飲めない水と変化するのです。

水自体は腐らない

Photo bysasint

まず、水自体は腐らない性質を持っています。何故かというと、無機物という性質を持っており、これこそが水自体を腐らせないのです。水道水が腐る場合は、水道水に含まれる塩素の働きが、3日で失われるため腐ると言われています。

もっと言えば、水は純粋である程、他の物質を吸引しやすい性質をもっており、しかも液体であるので、例えば、水道水が通るパイプや排水管には、他の物質を吸収してしまうのです。そのため水道水には塩素が不可欠となっています。

ペットボトルの水には賞味期限がある

Photo byds_30

ペットボトルの水には、賞味期限があり、このまま置いておくと賞味期限が過ぎて、中にある水に味わいが無くなってしまいます。更にペットボトルを保管する場所によっては、賞味期限が過ぎていなくても飲めずに長持ちしない様になります。

これはペットボトルが空気を完全に防げず、目に見えない状態で空気を透過してしまうからです。早い話、においやガスなどの気体は、ペットボトルを透過して、中の水に影響を与えてしまうのです。

故にペットボトルの水の賞味期限をを長持ちさせるには、日光が当たらない暗所で湿度も高くない低温低湿な場所で保存するのが有効です。何故かというと、カビが発生してしまい、中にある水に影響を与え、賞味期限に関わらず腐るからです。

未開封だと基本腐らない

フリー写真素材ぱくたそ

まとめますと、ペットボトルの水の賞味期限が切れていないにも関わらず、長持ちさせるには、未開封が絶対条件です。これにより、口から雑菌が入って、数日飲まないと腐るというのが無くなります。これをすると、絶対に腐ります。

ペットボトルで開封というのは、賞味期限が切れておらず、一定の温度が保たれた冷蔵庫に置いても、雑菌が入った状態で放置すれば腐るので、どんなメーカーであっても、開封で何か月も保てるのは不可能な技術となります。

故に今後、今の絶対条件として保管するには、口をつけず、飲まない事が絶対で、尚且つ低温低湿で整理整頓された部屋や倉庫にペットボトルを保存しなければ、防災時口をつけたまま放置すれば、使いものにならないのです。

水は腐るのか徹底調査!臭いや色の変化や長持ちさせる保存方法をチェック!のイメージ
水は腐るのか徹底調査!臭いや色の変化や長持ちさせる保存方法をチェック!
水が腐るのは何故でしょう。本来水は腐らないはずですが、保存用の水にもリミットがあり、それを過ぎると飲料以外に使用し、臭いがして色や味も変わったものは飲めません。そんな水道水や蓄えた水の腐る理由など、長持ちの秘訣について詳説しましょう。

メーカー別水の賞味期限の違い

Photo byPhotoMIX-Company

ここまで、ペットボトルの水を未開封で尚且つ保存に適した場所でなければ、賞味期限が切れているにも関わらず、飲めない水になると説明しました。これを更に細かく説明していきます。それはメーカー間の違いと、未開封や開封などです。

今までの説明では、メーカーに関わらず、ペットボトルの水が、メーカーごとに違いがあるかの紹介をしてきませんでした。あくまで、ペットボトルの水という事に念頭を置いて、説明しました。

しかし、日本ではペットボトルの水といっても、伊藤園・サントリー・キリン、コカ・コーラなどの各社が、それぞれのペットボトルの水を販売しているのです。もっと言えば、それ以外のメーカーも出していると言えます。

サントリー

Photo byHans

サントリーから販売されているペットボトル水は「南アルプスの天然水」という商品名になります。南アルプスの天然水は、通常の「南アルプスの天然水」と非常用の「南アルプスの天然水」の2種類があります。

通常の南アルプスの天然水の賞味期限は、550mlで一年間保存でき、2Lで2年保存が出来ます。これが非常用の南アルプスの天然水となると、2Lで63カ月も保存する事が出来ます。

キリン

Photo by tie78reu

キリンから発売されているペットボトルの水は、「アルカリイオン水」と「ボルヴィック」という商品です。アルカリイオン水には、500mLと2Lで共に二年間保存できます。ボルヴィックになると、500mLと1.5Lで36カ月保存が可能です。

コカ・コーラ

Photo byguilaine

コカ・コーラから販売されているペットボトルの水は、緑の葉っぱのイラストが載ってある「いろはす」で、自動販売機やスーパーでもよく見かけるペットボトルの水です。340mlと2Lが発売されており、共に720日となっています。

伊藤園

Photo by Windslash

次へ

関連するまとめ

人気の記事