郵便局(かんぽ生命)の学資保険のメリットを紹介!返戻率などから検証!

郵便局(かんぽ生命)の学資保険のメリットを紹介!返戻率などから検証!

郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」は、ライフプランに合わせて3つのコースが用意されています。また、全国の郵便局で手軽に手続きができるなど、様々なメリットがあります。そこで、郵便局(かんぽ生命)の学資保険のメリットや返戻率などを紹介します。

記事の目次

  1. 1.郵便局のかんぽ生命とは?
  2. 2.郵便局のかんぽ生命には3つの学資保険コースも!
  3. 3.出生予定日の140日前から加入可能!
  4. 4.郵便局のかんぽ保険への加入方法
  5. 5.かんぽ生命の学資保険のメリット
  6. 6.かんぽ生命の学資保険のデメリット
  7. 7.かんぽ生命の学資保険に付加する特約の内容
  8. 8.郵便局のかんぽ生命を上手に活用しよう!

郵便局のかんぽ生命とは?

Photo bygeralt

郵便局といえば、郵便配達を思い起こしがちですが、かんぽ生命も大切なサービスの一つです。サービスの開始は1916年ですから、100年以上の歴史があり、民営分社化(2007年)とともに、「かんぽ生命」に生まれ変わりました。現在では学資保険を始め様々な保険商品が取り扱っています。ここでは、かんぽ生命の学資保険について紹介します。

学資保険で備えておく

Photo bysathyatripodi

郵便局のかんぽ生命には様々な商品がありますが、中でもおすすめなのが、学資保険「はじめのかんぽ」です。子供の教育費には、学費や塾など日常的に必要なお金のほかに、卒業や入学といった節目の時期に必要はお金があります。

とりわけ、高校・大学の入学に際しては多額のお金が必要となります。また、子供が学校に在学中に親が病気などで入院したり、死亡してしまうこともあります。学資保険「はじめのかんぽ」はこういった事態のために備えておける保険商品なのです。

郵便局のかんぽ生命には3つの学資保険コースも!

Photo byWokandapix

郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」には、ライフプランに合わせて、小中高及び大学入学時、大学入学時、大学入学及び大学在学時の費用を準備する3つの学資保険コースが用意されています。それぞれに大きなメリットがありますから、加入前にその内容を理解しておくことが大切です。ここでは、かんぽ生命の3つの学資保険コースについて紹介します。

小・中・高・大学入学時の学資保険コース

Photo bystokpic

小・中・高+大学入学時の学資保険コースは、大学進学時にかかる費用に備えるだけでなく、小・中・高入学前にも学資祝い金を受け取ることができます。子供の学費と言えば、大学受験時を思い浮かべがちですが、最近では小学受験や中学受験も珍しくありません。その際に備えが全くないと慌てることにも成りかねません。

つまり、小・中・高+大学入学時の学資保険コースは、子供の成長に合わせて必要な費用に備えを蓄えるための学資保険だと言えます。なお、保険金の払込み期間については、17歳・18歳で払い込みを満了するコース又は12歳で払い込みを終え満期を迎えるコースから選ぶことができます。

入学前に受取れる

Photo bynattanan23

小・中・高+大学入学時の学資保険コースで気になるのが、学資祝金(満期保険金)を受け取れる時期です。結論から言えば、小中高校及び大学の入学前に受け取ることができます。

例えば、300万円の基準保険金額の場合だと、小学校入学前の12月に15万円、中学校入学前の12月に30万円、高校入学前の12月に45万円の学資祝金が支払われます。そして、大学入学時には300万円の満期保険金を受け取ることができますから、まとまったお金が必要な時の備えをしたい人におすすめのコースです。

大学入学時の学資保険コース

Photo bymarcela_net

大学入学時の学資保険コースは、大学入学時の費用に備えて加入するものです。満期保険金を受け取る年齢については、早生まれの人にも対応できるよう17歳満期又は18歳満期から選ぶことができます。また、保険金の払込み期間については、17歳・18歳払い込み満了コース又は12歳で払い込みを終え、満期を迎えるコースから選ぶことができます。

大きな出費に備える

Photo bygeralt

大学入学時の学資保険コースは、大きな出費に備えた学資保険になります。大学に入学する際には、大学受験にかかる費用、入学金など初年度納付金の他に、一人暮らしなど新生活に必要な費用もかかり、大きな出費は避けられません。その点、学資保険「はじめのかんぽ」に加入しておけば、大学入学時の出費にも余裕をもって対応することができます。

大学入学時と在学中の学資保険コース

Photo bypaseidon

大学入学時と在学中の学資保険コースは、大学入学時に学資祝金を受け取り、その後、大学卒業まで一定の学資祝金(満期保険金)を受け取りるものです。例えば、300万円の基準保険金額の場合だと、大学入学時に75万円、その後、大学卒業まで毎年75万円の学資祝金(満期保険金)を受け取ることができます。

お金の掛かる在学中も安心

Photo bykschneider2991

大学入学時にはまとまったお金が必要ですが、在学中の出費も決して侮ることはできません。授業料や教材費は当然として、留学する場合には大きな費用が必要となります。実家を出て一人暮らしを始める場合には生活費も必要です。つまり、大学入学時と在学中の学資保険コースは、大学入学後の出費に照準を定めた学資保険だと言えます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事