失業保険の受給期間は?自己・会社都合の場合や延長・バイトする際の注意点を解説

失業保険の受給期間は?自己・会社都合の場合や延長・バイトする際の注意点を解説

失業保険について主に転職時に失業保険を貰おうとしている方に、その仕組みや受給に関する事や、期間、受給、離職時の状況などを踏まえて解説します。始めて転職する方や経験のある方、いらっしゃると思いますが、今一度、期間、受給等を参考にして頂ければ幸いです。

記事の目次

  1. 1.失業保険の基礎知識
  2. 2.教育訓練給付雇用継続給付について
  3. 3.失業保険の受給期間と離職理由
  4. 4.失業保険で受給できる金額
  5. 5.失業保険受給期間中の副業について
  6. 6.受給期間の延長について
  7. 7.失業保険を賢く利用してスムーズな転職に役立てましょう

失業保険の基礎知識

カレンダー
Photo byrawpixel

会社に入社し、加入された、雇用保険と言う失業保険と、会社を辞めた時に一定期間ハローワークから受給されるのが失業保険です。受給できる期間が離職者の離職前の労働期間や、離職理由により、受給期間がそれぞれそれぞれ違います。

失業保険は雇用保険の被保険者であった日が、離職の日からさかのぼって2年間の間に雇用保険の被保険者であった期間が通算1年以上ないと受給されません。

失業保険は基本手当と言う求職者給付に含まれてそれ以外に就職促進給付や教育訓練給付雇用継続給付が有ります。これも失業保険で、受給できるものです。

教育訓練給付雇用継続給付と言うものが有りまして、再就職について技能を身に着けたい人に、国が指定している教育機関で教育を受けて、訓練中から、訓練が満了するまで、その期間、基本手当が支給され、受給できると言う失業保険もあります。

教育訓練給付雇用継続給付について

カレンダー
Photo bytigerlily713

教育訓練を受講を開始した日、離職から一年未満の方が対象です。だだし、妊娠、出産などの理由で、受けられない場合は、ハローワークに申請すれば、受講できるようになるまで、延長ができます。

延長に関して注意する点について注意点を書きます。適応期間は最大20年まで延長が可能になりますが、始めの1年以内に受講出来なかった日数分を加えた期間が適応期間になります。

失業保険とは

カレンダー
Photo byBasti93

失業保険について、もう少し詳しく書きます。簡単に言えば、自己都合、会社都合のいかんにかかわらず、会社を辞めた時に、雇用保険の被保険者であった人に、国から受給されるお金です。

失業保険を貰おうとする人は、働く意欲が有り、就職先を積極的に探して居る人が対象になりますから、働く意欲が無い人や、就労先を積極的に探さない人は受給されません。

雇用保険料は毎月の給料の0.5%を納めます。給料から天引きされます。まず雇用に入れてくれる企業は、申告しなくても、やってくれます。この雇用保険に入って居ないと、失業した時に、失業保険を受給されません。

失業保険の正確な用語は、雇用保険の基本手当の事を言います。失業給付金とも言います。それを総じて失業保険と言います。

失業保険には受給資格がある

カレンダー
Photo bywebandi

雇用保険の被保険者であった事ですが、会社に65歳以降に新規雇用された人や、雇用保険の被保険者であった時期が31日未満の人や、1週間の労働時間が20時間未満のパートタイマーは雇用保険の加入対象者ではないので、受給の失業保険に注意する必要があります。

雇用保険の受給者は、就職しようとする積極的な意思と、就職できる能力が、十分あるにも関わらず、就職できない状態である人の事です。既に労働先が決まって居る人も出ません。

あと、離職前の2年間に雇用保険の被保険者であった時期が通算1年以上あったことですが、特定理由がある場合は、離職1年間に雇用保険の被保険者であった時期が6ヶ月以上であれば、受給は可能です。被保険者であった時期が、離職日から6ヶ月前に労働時間が11日以上ないと失業保険はいけません。

受給できない待機期間とは

カレンダー
Photo byFree-Photos

失業保険の手続きは管轄のハローワークでしますが、ハローワークでは、待期期間と言うものがありまして、申し込みをしてからの7日間(会社都合の場合、特定理由の離職者)、失業保険が貰えません。自己都合や、会社に損害を与えて離職した人は、待機満了後、更に3カ月の期間は受給されません。

待機期間とは、失業の状態である事の証明になります。期間が満了するまで待ちましょう。就職活動は可能です。その後に受給されます。

なお、待機の期間でも就職活動は出来ます。自己都合等で、受給期間が延びる方は、バイトもできます。そのバイトが度を超えなければ失業保険は、受給されます。

失業保険の受給期間と離職理由

カレンダー
Photo bytigerlily713

失業保険を貰う事ができる最大日数は、所定給付日数と言いますが、それは、離職時の年齢や、雇用保険の被保険者であった日数や離職理由によって、90日と言う期間から、360日と言う期間があります。

自己都合の場合の離職は、年齢には関係なく、雇用保険の加入年数によります。給付期間は90日や50日と言う期間です。90日の給付制限の期間も有ります。雇用保険の加入年数が1年未満は給付は有りませんので受給されません。

次へ

関連するまとめ

人気の記事