【血液型別】B型のダイエット方法まとめ!おすすめの食材・運動は?

【血液型別】B型のダイエット方法まとめ!おすすめの食材・運動は?

血液型別のダイエット方法があるのを知っていますか。血液型に合わせたダイエットをすると無理なく痩せられるのです。この記事では、B型におすすめダイエット方法について紹介します。B型のダイエットにおすすめ食材や運動方法、そして注意点についても解説していきます。

記事の目次

  1. 1.B型におすすめの血液型ダイエット方法を紹介!
  2. 2.血液型ダイエットとは
  3. 3.B型におすすめの血液型ダイエットのポイント
  4. 4.B型におすすめの血液型ダイエット方法【食材】
  5. 5.B型におすすめの血液型ダイエット方法【運動】
  6. 6.B型におすすめの血液型ダイエット方法を試してみよう!

B型におすすめの血液型ダイエット方法を紹介!

Photo byStockSnap

プチ断食ダイエットやバナナダイエット、我慢しないダイエットなど色々なダイエット方法が存在しています。実際に気になるダイエット方法に挑戦してみても、あまり効果を感じられなかったり、辛くて続かなかったという人も多いことでしょう。

実は「血液型」がダイエットの重要なキーワードなのです。血液型には、それぞれの性格や特徴があるのと同じように血液型に合ったダイエット方法があるのです。

この記事では、マイペースで飽きやすい特徴を持つB型におすすめしたい食材や食品、B型に実践してほしい運動、B型が注意してほしいことについて紹介します。B型におすすめの血液型ダイエット方法を解説していくので、なかなかダイエットが成功しないB型は参考にしてみて下さい。

血液型ダイエットとは

Photo bysiberian_beard

血液型ダイエットとは、アメリカの自然療法を研究する「ピーター・J・ダダモ博士」が科学的な根拠と臨床データに基づいて血液型によって、合うダイエット方法があるということから、血液型ダイエットが広まりました。

現在、人間の血液型は4つに分けられていますが、それぞれの血液型にはルーツがあり、これまで歩んできた歴史や生活が今もなお現在の人間の血液に刻み込まれているのです。

昔、どんな生活をしていたのか、何を食べていたのかによって血液型ごとに得意・不得意の食べ物が存在しています。血液型に合わせた食べ物を食べることで無理なく、簡単にダイエットできるのが「血液型ダイエット」というわけです。

人気モデルも実践して有名に

血液型ダイエットは、人気モデルも実践しているダイエット方法です。世界的人気な「ミランダカー」は、産後に17㎏も増えた体重を約2か月で戻せたのは血液型ダイエットのおかげと言っています。

他にもグッチやルイ・ヴィトンなどの有名ブランドのモデルをつとめる「ナタリア・ヴォディアノヴァ」、ヴェルサーチやドルチェ&ガッパーナなどのブランドのモデルをしてきた「ヘイリービーバー」も血液型ダイエットで体型を保っていると言っています。

色々なダイエットを取り入れる世界的人気モデルも血液型ダイエットを実践して体型を保っているのは事実で、それほど血液型ダイエットは効果的だと言えます。

なぜ血液型別なのか?

Photo byPeggy_Marco

現在の人間の血液型は、A型・B型・O型・AB型の4つに分けられています。それぞれの血液型の血液に含まれる抗体や抗原などの相性が異なっているため、輸血は同じ血液型同士でないと輸血ができないのです。

輸血の理由と同じように血液型ダイエットでも、それぞれの血液型に合うものを積極的に摂取していくことで脂肪燃焼効率が高まったり、不調を起こさずにダイエットができるのです。

また、血液や食べ物の中には「コルチゾール」というホルモンと「レクチン」というたんぱく質が含まれていいて、肥満の原因になる物質です。血液型別ダイエットとは、コルチゾールとレクチンが持つ血液型ごとの作用を利用して効率的に痩せられるダイエット方法ということです。

コルチゾール

Photo by1388843

コルチゾールとは、主に糖・たんぱく質・脂肪の代謝の促進や免疫抑制をしているホルモンの1種で、身体にとっては必須のホルモンなのです。

また、コルチゾールは「ストレスホルモン」とも呼ばれ、ストレスを感じると分泌されます。過剰なストレスを感じると多くのコルチゾールが分泌されてしまい、ネガティブ思考になったり、過剰なストレスを感じつつけてしまうと、うつになってしまうこともあります。

ダイエットでも、ストレスを感じる方法でダイエットを行ってしまうと、コルチゾールが多く分泌され、食欲のコントロールができなくなったり、太りやすくなってしまうのです。

レクチン

Photo bychangupn

レクチンは、ほとんどの食べ物に含まれているたんぱく質の1種です。もともと、植物が自分の身を守るために身に付けたもので、毒素を含んでいます。植物を食べる動物の血液にもレクチンは含まれているので、今ある食品のほとんどにレクチンは存在しているのです。

レクチンは毒素を含んでいるので、自分の体に合わないレクチンを含んだものを食べてしまうと、消化不良を起こしたり、下痢や便秘、疲労感、発疹などの不調をおこす原因になってしまいます。

B型におすすめの血液型ダイエットのポイント

Photo byMalina_Bogdanovskaya

B型のルーツは遊牧民族にあると言われています。遊牧民族は、住み慣れた土地を離れて、新しい土地へ家畜と一緒に移動しながら、家畜から作った乳製品や肉、保存食などを食べたり、いろいろなものを食べて生活をしています。

そのため、消化能力や免疫力が高い特徴があります。つまり、B型は消化能力が高いので、どんな食材でも体に合っていると言えます。偏った食事にしない限り、変に太ることがないのです。

B型は、バランスの良い食事に気を付ければ無理にダイエットをする必要はない、ダイエットが簡単にできる血液型なのです。B型におすすめの血液型ダイエットのポイントには具体的にどんなものがあるのか、見ていきましょう。

たんぱく質をしっかり摂る

Photo byRitaE

B型は遊牧民であったことから、肉との相性は非常に良いです。肉は太るからと言って食べる量を減らしてしまうと、たんぱく質不足になって炭水化物や甘い食べ物が食べたい欲求が高まり、イライラしたり、疲れやすくなってしまう特徴があります。

B型はたんぱく質を摂取してダイエットする方法が向いているので、しっかりとたんぱく質をとりましょう。ただ、油分や脂肪分の多いものは不得意なので、揚げ物系には注意して下さい。

相性の良い乳製品を摂る

Photo byponce_photography

B型は他の血液型よりも乳製品との相性が良く、積極的に食べてほしい食品です。乳製品の中でも特にヨーグルトは、腸内環境を整え便秘解消や、代謝をあげてくれるサポートもしてくれるので、B型のダイエットには欠かせない食品です。毎日、ヨーグルトを食べて、無理なく痩せましょう。

ただ、いくら乳製品との相性が良いといっても、アイスや砂糖をたくさん使ったクッキーやケーキなどの甘い食べ物は要注意な食品なので、出来るだけ控えるのがおすすめです。

良質な油を摂る

Photo bystevepb

B型は、油分や脂肪分の多いものは苦手で要注意しなければいけません。油を使って料理をするときやサラダのドレッシングなどには「オリーブオイル」がおすすめです。

オリーブオイルは、血液中の悪玉コレステロールを下げたり、腸内環境を整えたり、肌や髪にも効果があるとされ美容にも健康にも人気が高い食品です。B型は、オリーブオイル以外の油との相性が悪いので、油を使う際にはオリーブオイルを使ってください。

また、オリーブオイルなどの油は光や空気に弱く、すぐに酸化してしまい質の悪い油になってしまうので、開けたら早めに使いきったり、正しく管理をするなど使用方法や管理方法には注意しましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事