インナーカラー向けのヘアアレンジを紹介!長さ別の簡単なやり方は?

インナーカラー向けのヘアアレンジを紹介!長さ別の簡単なやり方は?

インナーカラーにおすすめのヘアアレンジを長さ別に詳しく紹介します。内側の髪の毛を違うカラーに染めるインナーカラーと呼ばれるヘアアレンジが流行しています。インナーカラーが映える簡単でかわいいやり方を、長さ別にまとめました。

記事の目次

  1. 1.インナーカラー向けヘアアレンジのやり方【ショート】
  2. 2.インナーカラー向けヘアアレンジのやり方【ボブ】
  3. 3.インナーカラー向けヘアアレンジのやり方【ミディアム】
  4. 4.インナーカラー向けヘアアレンジのやり方【セミロング・ロング】
  5. 5.インナーカラーにおすすめのヘアカラー
  6. 6.インナーカラーは長さ別に簡単でかわいいヘアアレンジがある

インナーカラー向けヘアアレンジのやり方【ショート】

髪が短い場合、インナーカラーが映える簡単でかわいいヘアアレンジのやり方はないのでは?と思う人もいるでしょう。ショートだからこそインナーカラーが映えるヘアアレンジのやり方もあります。ここからは、インナーカラー向け長さ別「ショート」のヘアアレンジのやり方を詳しく紹介します。

耳にかける

インナーカラー向け長さ別「ショート」のヘアアレンジ、1つめは「耳にかける」やり方を紹介します。いつでも簡単に出来るのが、耳にかけるヘアアレンジです。意識しなくても、髪を耳にかけることが癖になっている人も多いでしょう。耳の周りにインナーカラーを入れておけば、耳にかけた時に映えるのでおすすめです。

カールをつける

インナーカラー向け長さ別「ショート」のヘアアレンジ、2つめは「カールをつける」やり方を紹介します。ショートは、毛先にちょっとカールをつけるだけで動きのあるヘアスタイルになります。外巻のカールをつけると、インナーカラーを強調させることができます。ワンカールで動きをつけ、インナーカラーが隙間からちらっと見える感じもかわいいです。

アクセサリ・ヘアピンでのアレンジ

Photo byAceClipart_Etsy

インナーカラー向け長さ別「ショート」のヘアアレンジ、3つめは「アクセサリ・ヘアピンを使う」やり方を紹介します。耳にかけるアレンジにアクセサリやヘアピンを追加すれば、よりアレンジの幅が広がります。

スカーフを巻いたりアメピンクロスの複数使いのほか、カジュアルスタイルであればアクセサリやヘアピンもカラフルな物や遊び心のあるものを選びましょう。

インナーカラーが映えるカットをする

Photo bySkitterphoto

インナーカラー向け長さ別「ショート」のヘアアレンジ、4つめは「インナーカラーが映えるカットをする」やり方を紹介します。ショートは、長さ別の中ではアレンジの幅が一番狭い分類になります。自分でアレンジをするのが難しいと感じる場合などは、インナーカラーが映えるようにカットしてもらうのもおすすめです。

どんなヘアスタイルがいいか分からない場合は、美容師さんに相談するとおすすめのカットをいろいろ教えてくれるはずです。

インナーカラー向けヘアアレンジのやり方【ボブ】

ボブヘアとは、一般的に襟足くらいで髪の長さを揃えたスタイルです。ある程度の髪の長さがあるのでヘアアレンジの幅は広がります。簡単でかわいいインナーカラーが映えるヘアアレンジは、流行りのくるりんぱや大きめのアクセサリーなどさまざまあります。ここからは、インナーカラー向け長さ別「ボブ」のヘアアレンジのやり方を詳しく紹介します。

お団子にアレンジする

Photo byKRiemer

インナーカラー向け長さ別「ボブ」のヘアアレンジ、1つめは「お団子にアレンジする」やり方を紹介します。ボブヘアでお団子を作る場合は、高めの位置がおすすめです。大きめのお団子を左右どちらかに少しずらして作り毛先に動きを出すことで、インナーカラーが映えるヘアスタイルになります。

アクセサリー+ハーフアップでアレンジ

インナーカラー向け長さ別「ボブ」のヘアアレンジ、2つめは「アクセサリー+ハーフアップでアレンジ」するやり方を紹介します。ハーフアップとは、後ろ髪の上半分だけアップにするヘアスタイルです。左右の耳を出すことで、インナーカラーが映えるスタイルになります。大きめのピアスやイヤリングを足すと、おしゃれ度アップです。

ゆるめのハーフアップ

インナーカラー向け長さ別「ボブ」のヘアアレンジ、3つめは「ゆるめのハーフアップ」のやり方を紹介します。サイドは残してハーフアップします。くるりんぱをして留め、ふんわり感を出すためにバランスを見ながら少しずつ髪を引き出しましょう。前からの見た目は変わりありませんが、サイドや後ろ姿はかわいい印象になります。

大きめのアクセサリーで留める

次へ

関連するまとめ

人気の記事