100均のプラ板商品を徹底リサーチ!初心者向けのおすすめ商品や作り方を伝授!

100均のプラ板商品を徹底リサーチ!初心者向けのおすすめ商品や作り方を伝授!

100均にあるプラ板を、徹底的にリサーチしました。昔からあるプラ板は子供と楽しんでも良し、アクセサリーにしても良しと、幅が広がるアイテムです。初心者でも失敗しない、100均プラ板の作り方をレクチャーします。100均プラ板の種類や、手作りアイデアもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.100均でプラ板が気軽に作れるんです!
  2. 2.プラ板って何?
  3. 3.100均で買えるプラ板商品
  4. 4.100均のプラ板で作るおしゃれな作品例
  5. 5.100均のプラ板で手作りアクセサリーに挑戦!

100均でプラ板が気軽に作れるんです!

Photo by Bojangle Beads

昔からあるプラ板は、子供の頃に遊んだ方も多いのではないでしょうか。手軽に手作りできるプラ板で、大人になっても子供と一緒に楽しむ機会もあるでしょう。

今では100均ショップでプラ板が購入できるので、コスパ良く手作りすることができます。プラ板の種類もたくさんあり、サイズだけでなく透明や白など手作りの幅が広がります。

100均のプラ板を使って、おしゃれなアクセサリーを手作りすることもできます。子供のおもちゃと侮れないプラ板で、クオリティの高いアクセサリーが作れます。色々な手作りアイデアもありますので、ぜひ参考にしてください。

プラ板って何?

Photo by Bojangle Beads

プラ板になじみのない初心者でも、簡単に手作りすることができます。そもそもプラ板とは、プラスチックの板の略でクラフト用に販売されているものになります。

プラスチックはスチロール樹脂やポリスチレンと呼ばれているもので、熱を加えて縮むタイプのプラ板は「延伸ポリスチレン」と呼ばれています。工作用のプラ板は、熱を加えると元の形に戻ろうとする性質があります。

100均のプラ板は薄いシート状になっており、熱を加えて元の厚みに戻して使います。シート状のプラ板は100均に様々な種類がありますが、どれも熱を加えることでサイズが1/4程度に縮みます。

プラスチックの板で作る雑貨の材料

Photo by 1DayReview

100均プラ板を手作りするために、必要なものがいくつかあります。まずは熱を加えるための、トースターです。なるべく高さがあるものを使いましょう。高さが無いと、プラ板が縮むときに熱源に引っ付いてしまう可能性があります。

トースターに入れるときに使う、アルミホイルも必要です。アルミホイルはクシャクシャにしてつかいます。こうすることで、プラ板がアルミホイルにくっつくことを防ぐ効果があります。

熱を加えたプラ板は変形しやすいので、形を決めるためにもプレスする必要があります。辞書や板など分厚いもので、プラ板をプレスしましょう。本とプラ板の間にクッキングシートを挟めば、汚れる心配もありません。

扱いが簡単で手作り初心者にもおすすめ

フリー写真素材ぱくたそ

100均プラ板は薄くて軽いので、初心者や子供にも扱いやすいのでおすすめです。特別な工具などは必要なく、家にあるものだけでアクセサリーなどを手作りすることができるので、コスパの良いアイテムと言えるでしょう。

プラ板にデザインをしてカットする時には、ハサミやカッターを使います。カッターは一気に切るのではなく、少しずつ何度も切ると失敗しにくいです。初心者はハサミで切ると良いでしょう。角が鋭くなるので、子供は扱いに気を付けましょう。

可愛いデザインや、おしゃれなアクセサリーなどには欠かせない塗料も用意しておきましょう。身近なもので、油性ペンやアクリル絵の具、パステルなどが初心者にも使いやすいでしょう。どれも100均で準備できますので、チェックしてください。

アクセサリーも作れる

100均プラ板ではキーホルダーにすることが多いですが、工夫すればアクセサリーを手作りすることもできます。アクセサリーはプラ板とは思えないクオリティに手作りでき、普段使いにも充分使えます。

アクセサリーにするためのチェーンや部品なども、100均で販売されています。雑貨屋などでも部品だけで購入できますので、自分にあったデザインやカラーなどを選んでみましょう。

初心者でも100均プラ板でアクセサリーを手作りすることもできます。ヘアアクサセリーとしてヘアゴムを手作りする方も多いです。オリジナリティに溢れた100均プラ板で、アクセサリー作りを楽しんでみてください。

100均に売ってるプラ板の種類

あらゆる100均ショップに必ず取り扱いがあるプラ板は、様々な種類が販売されています。よく見るプラ板は透明ですが、白のプラ板や半透明なものもあります。

蓄光タイプやインクジェット対応のプラ板など、用途によって使い分けて使える種類が豊富にあります。インクジェット対応のプラ板では、絵に自信がない方でも簡単におしゃれなプラ板を手作りできます。

色鉛筆を使ってプラバンに着色する方法は?やり方・コツを詳しく解説!のイメージ
色鉛筆を使ってプラバンに着色する方法は?やり方・コツを詳しく解説!
プラバンで、オリジナルのアクセサリーを作って楽しんでいる人も、最近は増えています。プラバンに着色するの際、色鉛筆を使う人もいます。この色鉛筆での着色の仕上がりは、どんな作品でしょう。今回は、色鉛筆での着色と仕上がりについて見ていきましょう。

100均で買えるプラ板商品

Photo by craftivist collective

こちらでは、100均ショップに販売されているプラ板をご紹介します。100均ショップによってサイズなども違いますが、作り方などは一緒です。どのようなプラ板を作りたいかをイメージして、100均で探してみてください。

100均ダイソー 透明 プラ板

ダイソーにある厚さ0.2mmのプラ板で、B4サイズ1枚入りで販売されています。作り方はプラ板に油性ペンなどでイラストを描き、ハサミで好きな形にカットします。キーホルダーにするのなら、穴を開けてから熱を加えてプレスします。

作り方の注意点としては、キーホルダーとして使うための穴は、大きめに開けておくことです。トースターで熱を加えると1/6程度に縮むので、穴も小さくなります。

加熱時間など作り方の詳細は、プラ板のパッケージ裏に書いてありますので、初心者の方でも安心して作ることができます。穴を開けるためのパンチも、100均で用意できます。

100均ダイソー 透明 プラバンキュコット

透明タイプは厚さ0.4mmや0.2mm、サイズもA4やB6など様々な種類のプラ板が販売されています。トースターで熱を加えることによって、1/4程度に縮みます。写真立てに飾ったり、おしゃれなモビールにしたりする場合はプラ板をそのまま使っても良いでしょう。

100均ダイソー 半透明 プラバンキュコット

次へ

関連するまとめ

人気の記事