バイトを辞める時の切り出し方と一番良い退職のタイミングは?伝え方も伝授!

バイトを辞める時の切り出し方と一番良い退職のタイミングは?伝え方も伝授!

バイトを辞める時の上手な切り出し方と、一番いい退職のタイミングについて徹底的に解説していきます。バイトを辞める時の切り出し方として、おすすめの伝え方を例文を使って分かりやすくレクチャーしていくので、参考にすることができます。

記事の目次

  1. 1.バイトを辞める時の切り出し方が知りたい!
  2. 2.バイトを辞める時の切り出し方【準備】
  3. 3.バイトを辞める時の切り出し方【方法】
  4. 4.バイトを辞める時の切り出し方【辞める理由】
  5. 5.バイトを辞める時の切り出し方【例文】
  6. 6.バイトを辞める時の切り出し方【伝え方】
  7. 7.バイトを辞める時はうまい切り出し方をしよう!

バイトを辞める時の切り出し方が知りたい!

フリー写真素材ぱくたそ

環境が変化した、就活しないといけないなどの理由からバイトを辞める、辞める必要があるという場合、お店の人にどういう切り出し方があるのでしょうか。やはり印象のいい切り出し方ができるとバイト先の印象もいいことでしょう。いい印象で退職したいもの。

そこで今回は、バイトを辞める切り出し方についてタイミングや退職理由など例文を使って分かりやすくご説明していくので、確認してみてください。ちなみに、バイトを辞めるからといって行かなくなるというのは絶対にしない方が良いでしょう。

バイトを辞めるというのは簡単にできるものではありません。しかし、ここは社会人としてきちんと退職しておかないと後々後悔することになってしまいます。おすすめの例文もご紹介するので、参考にしてバイトを辞めることを切り出してみてください。

バイトを辞める時の切り出し方【準備】

フリー写真素材ぱくたそ

それでは、バイトを辞める時の上手な切り出し方を解説していきます。まずは、バイトを辞めることを切り出す前に準備が必要です。何をするにも準備は大切なようにバイトを辞める時の上手な切り出し方でも、準備を徹底的に行っておきましょう。心の余裕にもつながります。

1か月前には打診しておく

フリー写真素材ぱくたそ

お店にしても、もしもあなたがバイトを辞めるとなると準備があります。最低でもその準備に1ヶ月はかかることがあります。ですので、バイトを辞める時に切り出し方として最低でも1ヶ月前には伝えるようにしておきましょう。

そして、どうしても切り出し方がみつからないと悩んでいるのであれば、まず始めに親しい先輩に相談してみるのもおすすめです。信頼ができるバイトの先輩であれば、店長などとも話しをしやすくなっていることでしょうから、そういう人に頼るという方法もあります。

そうしておけばバイトを辞めることを伝えるタイミングや場のセッティングをお願いするのも方法です。同席してもらって、店長や責任者に退職の意志を伝える切り出し方もあるので参考にしてみてください。

何度も相談を重ねる

フリー写真素材ぱくたそ

お店の側からすると、頑張って働いてくれる人材は手放すのはおしいと感じることでしょう。新しい人をバイトで雇うとなるとまた1から説明して覚えてもらう必要があるので、できればバイトを続けて欲しいと思ってしまうことでしょう。

ついつい引き留めてしまうことも少なくありません。けれども、前から何回か退職の意志を伝えておくと、周りの援護をもらうことが出来る場合もあります。

例えば、「前から○をしてみたいと思っていて、バイトしてお金を貯めるんです」「○に挑戦してみたいと思っていて、そのためにバイトを頑張っています」というように自分にバイトをしている理由を話しておくのもおすすめです。

Photo bynastya_gepp

こうしたことを常にしておけば、退職をする意向を伝えたとしても「そういえば○がしたいと前から言っていましたね」というように助けてくれるかも知れません。

何回もバイトを辞めることを伝えるのは、いやだと思うかもしれませんが、お世話になった場所を逃げるように退職するのはいやでしょう。納得できるまで、お互いに話し合う事も大切になります。相手も人間なのでちゃんとした理由があって、バイトを辞めるのであればそこまではいってきません。

引き留められることも想定

フリー写真素材ぱくたそ

バイトを辞める切り出し方として、自分では勇気を出して切り出したつもりであっても引き留められることはあります。ですので、それは想定しておく必要があるでしょう。バイトを辞めることを切り出したのに、結局退職を受け入れてもらえなかったという場合も想定して、対策を考えておきましょう。

上記でも解説したように、引き留められても何回か話し合いを重ねることで退職できるので、頑張りましょう。もしも引き留められたとしても、どのタイミングでは退職するということを明白にするのも方法です。

バイトを辞める時の切り出し方【方法】

フリー写真素材ぱくたそ

それでは、バイトを辞める時の切り出し方として具体的な方法を解説していきます。実際にバイトを辞める時には切り出し方がとても重要です。どういったタイミングで切り出すやり方がいいのかチェックしてみてください。

仕事が一区切りする時期・時間

Photo byJESHOOTS-com

バイトを辞めることを切り出すタイミングを間違ってしまうと、お互いの気持ちをゆっくりと話し合うこともできずに退職していいのか悪いのかはっきりしないままになってしまいます。

バイトを辞める時の上手な切り出し方として、仕事が終わってからお互いにゆったりとしたタイミングで切り出すのがおすすめです。民法によると退職の申し出から2週間してから辞めることができるとされています。

もしもあなたが今するにでも、バイトを辞める必要があるのであれば、この2週間を意識しておく必要があります。それを頭に入れておいてから最低でも1ヶ月前とされている、認識であったり職場の状況を考えて伝えるようにしてください。

Photo byobpia30

そして、いつ切り出すのかについては、相手の立場に立って考える必要があります。もしも自分がバイトを雇っている立場であれば、辞めるということはいいことではありません。もしも開店の時間帯や始業する時間に言われたらテンションが下がってしまいます。

また、そんなタイミングで伝えてしまったらあなた自身もその日1日本当に最悪の環境で働くことになってしまいます。辞めることを伝えるタイミングは仕事の休憩時間か閉店してからがベストです。

いきなり辞めることを伝えるのではなく相手の立場に立って「店長今お時間よろしいでしょうか?」「お話があるので、後でお時間いただけますか?」と先に聞いておくといいでしょう。バイトを辞めることを切り出すのであれば、必ず相手の立場に立って考えるようにしてください。

仕事のふとしたタイミング

Photo byklimkin

バイトをしている間であっても、お互いにコミュニケーションを取るタイミングはあります。そこで何気ない会話をしている中で退職したいという意志を相手に伝えるという切り出し方もあります。

そうした切り出し方は、相手も本気であると受け止めやすく、前向きに退職を考えてくれる可能性が高くなります。この切り出し方でバイトを辞める場合のポイントは、一気に退職の意志を伝えるのではありません。

会話をしている途中の何気ない時に、その場の雰囲気や話を少しずる退職に持っていきましょう。こうすることで退職を確実なものにしていくことができます。正面から相手に退職の意志を伝えるのは難しいといいのであれば、この方法での切り出し方がおすすめです。

アポイントを取るのがベスト

フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事