香水の作り方を紹介!アロマオイルを使って簡単に手作りしよう!

香水の作り方を紹介!アロマオイルを使って簡単に手作りしよう!

手作りの香水の作り方はとても簡単です。普段アロマテラピーで使用している精油と無水エタノールを混ぜるだけという簡単な作り方で、あなただけの香水が出来上がります。「その香水どこの?」と羨ましがられることでしょう。香油や練り香水の作り方も紹介します。

記事の目次

  1. 1.香水の作り方
  2. 2.香水に使うアロマオイルのブレンド方法
  3. 3.香水に使うブレンド精油の作り方
  4. 4.香水と香油の違いと作り方
  5. 5.香水と練り香水の違いと作り方
  6. 6.香水を手作りした後の保管方法
  7. 7.香水は初心者でも簡単な作り方で作れる

香水の作り方

Photo byFree-Photos

市販されている香水は合成香料が使われているので苦手だと感じる人もいるかもしれません。しかし全て天然の香料で作られた香水はとても高価です。そんな自然の香料だけを使って香水を手作りしてみませんか?

私たちが香水を手作りする場合、アロマテラピーなどで使われる自然の花や草木から抽出した精油を使用した作り方になります。普段吹き付ける香水が、手作りしたものだとより一層、幸せな気持ちになるのではないでしょうか?

Photo byBuntysmum

しかし、手作りの香水は作り方が難しいと考えていませんか?実は香水の作り方は、初心者でも簡単です。材料も簡単に手に入るものばかりです。普段アロマテラピーで使っている好みの精油を使った香水なら、精神にもいい作用を及ぼします。

決して強くはありませんが、自然の香りにしかない優しさに癒されることでしょう。手作りの香水を吹き付けて心を落ち着かせたり、気持ちをシャキッとさせたりすることができるでしょう。初心者のあなたも香水の作り方を覚えて、この世に唯一無二の香水を手作りしてみましょう。

無水エタノールをボトルに入れる

Photo bykerdkanno

手作り香水の作り方はとても簡単です。まず準備するものです。10ミリリットル分の香水に必要なものは、無水エタノールを10ミリリットル、精油を20滴、香水を入れる容器です。精油は自分の好みのもので構いません。

1種類の精油を使うのもいいですし、数種類の相性のいい精油をブレンドして使うのもいいでしょう。精油は最近では100均ショップでも売っています。

ですがアロマテラピーの専門店に行くと、豊富な精油の中から好きな香りを選ぶことができます。アロマテラピー初心者でも心配はいりません。ブレンドするのにどの精油が相性のいいかなど、店員さんは専門知識がありますからいろいろ教えてくれます。

アルコールはプラスチックを溶かすことに注意

Photo bysilviarita

手作り香水を入れる瓶ですが、材質に注意が必要です。手作り香水では精油を使うのですが、この精油がプラスチック製だと容器を溶かしてしまう場合があります。その他にもゴムや発泡スチロールも溶かしてしまうので、避けましょう。

リモネンという成分を多く含む柑橘系の精油は、溶かす作用が強いので気を付けてください。プラスチック製の瓶の全てが駄目なわけではありません。PEなど耐性のあるものは大丈夫です。

精油だけでなく、無水エタノールもプラスチックの瓶にダメージを与えてしまいます。一番安全なのはガラス瓶だということを覚えておいてください。

精油(アロマオイル)を入れる

Photo bymonicore

材料を揃えたら、まず容器に無水エタノール10ミリリットルを入れましょう。そこに精油を20滴入れて、よく混ぜます。一口に香水と言っても、全体量に対する精油の濃度によってパルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンと種類が変わってきます。

濃度が15パーセントから25パーセントだとパルファムになります。一番濃厚で、長く香りが残る香水です。オードパルファムは12パーセントから15パーセントになります。パルファムより気軽に付けられますが、持続時間が長い香水です。

オードトワレは8パーセントから12パーセントになります。オードトワレは気軽にまとうことができる香水です。メンズ系の香水はオードトワレが多いようです。オーデコロンは4パーセントから8パーセントです。持続時間が1時間程度で気軽に纏うことができる香水です。

時間をおいて香りをなじませる

Photo byMareefe

無水エタノールに精油を入れたら、数日馴染ませます。手作り香水の作り方はこれで完了です。初心者でも簡単にできることがおわかりいただけるでしょう。無水エタノール10ミリリットルに対して、精油は20滴です。

1滴が0.05ミリリットルなので、20滴たらすと1ミリリットルになります。この配合の作り方でできる香水は、濃度が10パーセントになので、初心者でも使いやすいオードトワレになります。もっと濃厚なパルファムでは精油の量を増やしましょう。

香水に使うアロマオイルのブレンド方法

Photo bydomeckopol

精油は単品でもいい香りですが、ブレンドすると香りに深みが出ます。ブレンドする精油には相性があります。香水はトップノート、ミドルノート、ベースノートの3種類の香りがあります。これらをバランスよくブレンドして作ります。

ノートとは揮発速度のことを言います。真っ先に香り立つのがトップノートです。香水の最初の印象を決めるものでもあります。トップノートに続いて香り立つのがミドルノートです。その香水の全体のイメージにとって重要になります。ベースノートは一番長く香り立つものです。
 

次へ

関連するまとめ

人気の記事