ワイヤークラフトの作り方!初心者向けの簡単レシピや100均で買える材料も紹介

ワイヤークラフトの作り方!初心者向けの簡単レシピや100均で買える材料も紹介

100均でも売られているワイヤーを使って、気軽にワイヤークラフトを楽しんでみませんか。ワイヤークラフトとは、誰でも簡単に出来るハンドメイドです。使う材料を揃えるのも手軽で、雑貨やアクセサリーを作れます。作り方も難しくないので、チェレンジしてみましょう。

記事の目次

  1. 1.ワイヤークラフトとはプチプラなDIY
  2. 2.ワイヤークラフトに必要な道具・材料
  3. 3.ワイヤークラフトの作り方のテクニック
  4. 4.ワイヤークラフトの簡単な作り方
  5. 5.ワイヤークラフトで作る雑貨
  6. 6.ワイヤークラフトで作るアクセサリー
  7. 7.ワイヤークラフトは簡単でかわいい!

ワイヤークラフトとはプチプラなDIY

Photo byPezibear

ワイヤークラフトというものを知っていますか。必要な材料はワイヤーのみで、少しの道具があれば、誰でも簡単に取り組めるハンドメイドです。ワイヤークラフトの大きな魅力の一つは、何といっても材料費が安く済むことです。ワイヤークラフトに使うワイヤーは、100均でも買うことが出来ます。

プチプラだからこそ、思い切って始めるのも悪くないハンドメイドです。作り方もとても簡単なので、100均にワイヤーを買いに行って、早速始めてみてはいかがでしょう。

ディスプレイ・メッセージに便利

ワイヤークラフトは、ディスプレイやメッセージ雑貨を作るのにとても便利です。お部屋のインテリアにアクセントがほしい時には、ワイヤークラフトの出番となるでしょう。ウェルカムボードのように、ワイヤークラフトでメッセージを作って、玄関に飾るのもおしゃれです。

平面のディスプレイなら、壁に取り付けるのも簡単です。ピンであちこちに引っ掛けるようにして飾っても、楽しいインテリアになるでしょう。

立体的な作品も作れる

ワイヤークラフトでは、平面だけでなく、立体的なモチーフを作ることも出来ます。立体的な雑貨を作るには多少の慣れが必要になりますが、さほど難しい作り方ではありません。まずは平面の作品にチャレンジしてみて、次第に難しい立体のワイヤークラフトにチャレンジしてみるといいでしょう。

立体的なワイヤークラフト作品には、平面にはない存在感が生まれます。どちらのワイヤークラフトも、自分で作れるようになればハマること間違いなしです。

ワイヤークラフトに必要な道具・材料

Photo bySid74

ワイヤークラフトを始めるにあたって、一体どんな道具や材料が必要なのでしょうか。ハンドメイドをするには、それに適したアイテムを揃えることが大切です。ワイヤークラフトの場合、専門的な道具や材料は必要ありません。そのため、ハンドメイド初心者でも始めやすいのが特徴です。

こちらでは、ワイヤークラフトをするのに必要な道具と材料について見ていきましょう。100均でも買えるので、すぐにワイヤークラフトを始められるでしょう。

ワイヤー

Photo byanalogicus

ワイヤークラフトの最も重要な材料は、ずばり、ワイヤーです。ワイヤークラフトなので、ワイヤーがなくては何も始まりません。ワイヤーには様々な種類があり、ワイヤーを作っている材質や色、ワイヤーの太さなどで分けられています。

ワイヤーはホームセンターでも購入可能ですし、手芸店でも取り扱いのある場合があります。身近な場所から、ワイヤークラフトの主な材料を探してみましょう。

ワイヤーは100均で購入するのがおすすめ

Photo by k.oh.ey

ワイヤークラフトに必要なワイヤーは、100均でも購入することが出来ます。ワイヤークラフトに使うワイヤーは、軽くて曲げやすい特徴のあるアルミワイヤーがおすすめです。100均でも扱っている場合がありますので、探してみるといいでしょう。

100均でワイヤーを買うメリットは、他にもあります。100円という価格の安さで材料を調達出来るので、ちょっとやってみたいなという時にはぴったりなのです。

ラジオペンチ

Photo byMichi-Nordlicht

ワイヤーを曲げて形作っていくのが、ワイヤークラフトです。そのため、ワイヤークラフトにはペンチが欠かせません。中でもラジオペンチは、初めてワイヤークラフトに取り組む人におすすめです。先が尖っているので細かい作業もしやすく、作業中にワイヤーをカットすることも出来ます。

ワイヤークラフトには、他にも使えるペンチ類がいろいろあります。ひとまずはラジオペンチから始めて、必要だと感じたら、順次道具を増やしていくといいでしょう。

紙・ペン

Photo bynetmaru

後に続く作り方の部分で詳しくご紹介しますが、ワイヤークラフトは、紙に書いた(描いた)文字や図柄に沿って、ワイヤーを曲げて作ります。そんな理由で、ワイヤークラフトには紙とペンが必須なのです。紙はあくまでワイヤークラフトの下書きをするだけなので、裏紙でも構いません。

その他あると便利なアイテム

ワイヤークラフトでより作品を美しく作るためには、他にもあると便利な道具もあります。こちらも決して専門的ではなく、どこの家にもあるような、そんな簡単な道具ばかりです。

ワイヤークラフトをする時にあると便利なのが、「ガイド」と呼ばれるものです。ガイドは、ワイヤークラフトでモチーフの形を均等に作るのに役立つアイテムです。

特定の道具を差すのではなく、その形を作るのに役立つなら、何でもいいのです。たとえば、ワイヤークラフトで小さな花を作るとします。花びらの形を均等に作りたければ、ワイヤーをペンなどに巻き付けて形を同じにします。ペンが、ここで言うガイドということです。

定規もまた便利な道具のひとつであり、ガイドの役割をしたり、ワイヤーを真っすぐ曲げるのにも役立ちます。ワイヤークラフトが上達してくると、ワイヤー同士を繋ぐという作業も出てきます。はんだや蝋を付ける道具があると、ワイヤークラフトの幅が広がります。

ワイヤークラフトの作り方のテクニック

ワイヤークラフトの作り方には、覚えておくと便利なテクニックもあります。テクニックを駆使した作り方をすれば、ワイヤークラフトの面白さがさらに広がることでしょう。ワイヤークラフトの作り方では、どんなテクニックを覚えておくといいのでしょう。

まずは作り方におけるテクニックを頭に入れ、それから本格的にワイヤークラフトを始めてみましょう。ワイヤークラフトで雑貨や作品を作るのに、きっと役立つはずです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事