和綴じってなに?製本の手順や綴じ方やおすすめの糸の種類までご紹介!

和綴じってなに?製本の手順や綴じ方やおすすめの糸の種類までご紹介!

皆さんは和綴じというものをご存知ですか?和綴じとは製本のやり方のことです。基本のやり方を覚えることで、誰でも簡単に製本することができます。おしゃれなものや可愛いものなど、いろいろな種類の綴じ方をすることもできます。ぜひ覚えてオリジナルの本を作りましょう。

記事の目次

  1. 1.和綴じの四つ目綴じの綴じ方とやり方・手順
  2. 2.和綴じの三つ目綴じの綴じ方とやり方・手順
  3. 3.和綴じにおすすめの糸の種類
  4. 4.和綴じの製本のコツ
  5. 5.手作り和綴じの本をおしゃれにする方法
  6. 6.和綴じはコツさえつかめば自作できる!

和綴じの四つ目綴じの綴じ方とやり方・手順

Photo by yoco**

日本独特の製本の方法である「和綴じ」の中で最も一般的なものが四つ目綴じです。古来日本に存在するもので、用意しなければいけない材料が少なく、「針」と「糸」と「和紙」だけで手作りの本を作ることができます。

今の若者で名前を知っている人は少なくなりましたが、完成品の模様などは見たことのある人も多くいるのではないでしょうか。見た目とは反して作り方はは比較的簡単に作れてしまい、温もりが感じられると、和綴じの中でも最も広く親しまれています。

まずは基礎とも言える四つ目綴じを習得しましょう。様々な種類の和綴じを行う上で基礎ができれば、作れる幅が広がります。

基本の四つ目綴じの特徴

これから行うのは四つ目綴じです。和綴じ製本を手作りで行う際の基本になりますので、出来るようになるまで何度も練習をしましょう。

四つ目綴じの由来は、読んで字の如く4つの穴があることから呼ばれるようになり、様々な大きさの紙をまとめることが出来るので非常に優れた製本方法と言えます。また、本の大きさなどによっては穴の数を変えるやり方もあります。

多くの和綴じが四つ目綴じで行われていますし、このあとに紹介する和綴じでは必ず登場するやり方です。個性豊かな手作りの本を製本する為にもゆっくりといいので理解しながら進めて下さい。

基本の四つ目綴じの手順

手作りで行う和綴じ製本は、まず穴を開けるところから始まります。表と中の紙がずれないようにしっかりと合わせて、上下なども間違わないように確認しましょう。

まずは表紙の上から15mm内側に1つ穴を開け、下からも15mm内側に穴を開けて下さい。2つの穴の間を3等分に分けたところに2つ穴を開けます。穴を開ける時は曲がらないようにまっすぐに開けて下さい。

次は糸を針に通して綴じ付けに移ります。綴じ始めは紙の中心から針を表紙側に通します。次に本の背に糸を回しながら、背にある穴から針を表の穴へと通していきます。

そして出た針を隣の穴から背のほうへと通します。この時に糸によれがないかを確かめながら進めましょう。あとから直そうと思っても、なかなかうまくできないので気を付けて行いましょう。

次は背にある針を表へ通します。この時、糸のねじれに注意しながら行ってください。次に表の穴から挿し、背の方へと戻します。これで2本目の出来上がりとなります。

背から見て隣の穴へと糸を渡して、背から表へと針を戻します。あとはこの作業を繰り返し行い端まで行きます。同じ工程を繰り返し、始まりの位置まで戻ってくれば出来上がりです。いかがでしたか?思いのほか簡単だったのではないでしょうか。

康煕の綴じ方の特徴

2つ目の手作りの和綴じ製本は康煕綴じになります。この和綴じは中国清朝の康煕帝が広めた和綴じの手法だと言われています。四つ目綴じの角きれの部分に糸を縦横に掛けたもので、角がめくれないように丈夫にすることと、本に装飾を施すことを目的としたやり方です。

手作りで製本をする際に、大事な本を長持ちさせるためにも少しの手間が加わるだけで全然違うので、ぜひ康煕綴じにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

康煕の綴じ方の手順

康煕綴じは両方の角に補強と装飾の為に行う手法です。まずは四つ目綴じと同じ要領で4つの穴を開け、角に開けた穴の縦横1.5cm角の中央に上と下に1か所ずつ穴を開けます。

今までと同様のやり方で糸を通していきます。順番に作業を行い端まできたら、上にある針を新しく開けた穴から下へ向かって通します。糸を本の背を回して、また上から下へと糸を通します。次は本の横を回して上から下へと針を通すのですが、この時にゆるかったりしないように気を付けましょう。

これで角の強度を増すことができます。表と裏が同じ軌道で糸が通るようにして下さい。そして、四つ目綴じのやり方で反対の角まで綴じます。角は縦横に糸を回し、始めの位置まで戻ってくれば康煕綴じの出来上がりです。

亀甲の綴じ方の特徴

次の和綴じ製本は亀甲綴じです。名前の由来は、その装飾が亀の甲羅に見えることから呼ばれるようになったと言われています。

特徴は開ける穴同士の間隔が今までと違い、狭くなってしまうで、使用する紙の種類によっては破れてしまう可能性もあります。ですから厚手のものなど、しっかりとした紙を用意するようにしましょう。

今回は開ける穴が三角形になるようにします。配置のバランスは、正三角形でも、二等辺三角形でもどちらでも大丈夫です。自分の好みの形でけっこうですので、丁寧に行ってください。

ただし、強度の面では二等辺三角形にした方が本が丈夫になるので、色々な装飾を加えたいと思うかもしれませんが、初めのうちは二等辺三角形にしたほうが良いでしょう。

亀甲の綴じ方の手順

手順は、まず今までと同じように穴を4か所開けます。そして、背側に等間隔に穴を2つ加えて三角形にします。今までと同様に背の方から針を通して下さい。そしてその針を背に回し、また表へと針を通していきます。

新しく開けたほうの穴の片方に表から針を通します。そしてまた背を回し、同じ穴の表から裏へと針を通していきます。次に下の方から出ている針を中央にある穴から表へと戻します。針が表側の中央の穴から出ていれば成功です。

もう片方の穴も同様のやり方で綴じてください。模様が亀の甲羅のようになっていればOKです。同じ工程を繰り返し、端までくれば完成します。ひと手間加えることで、また違った味のある作品が作れますので、ひとつひとつの作業を丁寧に作ることを心がけましょう。

麻の葉の綴じ方の特徴

次の和綴じのご紹介に移ります。名称は麻の葉綴じと呼ばれており、綴じあがった糸の模様が麻の葉に見えるので呼ばれるようになったと言われています。麻の葉綴じは優雅な装飾の綴じ方なので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

麻の葉綴じは、今までに行ってきた和綴じの応用です。手作りで製本を行う人の多くが麻の葉綴じを使っています。その理由としては見た目が美しいのもありますが、大事な本を長持ちさせたいという気持ちの表れではないでしょうか。

麻の葉の綴じ方の手順

それでは麻の葉綴じにチャレンジしましょう。手順はまず今までと同様に穴を4つ開けます。その穴の間に5つの穴を追加します。端の穴と中央の穴との間隔のズレが気になる時は、穴を開ける時に調節して等間隔に穴を開けましょう。

まず康煕綴じに仕上げて行うのが一般的なやり方です。まず今までと同じ要領で綴じていきます。表に出てきた針を隣の穴から下へと通し、下の糸を背を回して上の方へと移動させます。そして先ほどと同じ穴に上から通し、背表紙にある針を隣の穴へ通します。

そして表側へと移動させ、中央の穴へ通します。次に背側へと返し、さらに隣の穴へ戻すことで斜めの糸ができます。それを次の穴へ移動させ完成です。行ったり来たりが多くなるので、分かりづらい時などは写真をみながらキレイにできるように頑張りましょう。

和綴じの三つ目綴じの綴じ方とやり方・手順

次へ

関連するまとめ

人気の記事