夏ならではの折り紙特集!子供でも作れる簡単な折り方やおしゃれなアイデアも!

夏ならではの折り紙特集!子供でも作れる簡単な折り方やおしゃれなアイデアも!

折り紙で玄関やリビングに、子供と一緒に夏の季節飾りをしてみませんか。七夕や夏休み、お盆や祭りと夏にはたくさんの行事や楽しみがあります。折り紙を使って七夕飾りや部屋飾りを作ったり、子供の自由工作を作っても素敵です。そこで、夏ならではの折り紙をご紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.夏のイメージに合う折り紙って?
  2. 2.夏に合う折り紙の折り方【簡単】
  3. 3.夏に合う折り紙の折り方【おしゃれ】
  4. 4.夏に合う折り紙の折り方【立体】
  5. 5.夏に合う折り紙の折り方【七夕飾り】
  6. 6.夏の折り紙を子供と一緒に楽しもう

夏のイメージに合う折り紙って?

Photo bycroisy

折り紙には季節や行事に合わせて作る折り方があります。夏には夏の折り紙の楽しみ方があり、その中でも大きな行事に七夕があります。

夏のイベントの七夕では、短冊や輪飾りなど子供でも簡単に作ることができる折り紙の飾りがたくさんあります。子供のころから家や保育園、幼稚園などで作り方を覚えることができます。大人になっても、親子で七夕飾りを作ったり、夏の折り紙を生かして、夏らしい部屋作りをする人もいます。

子供が楽しむ折り紙では、カブトムシや金魚と夏ならではの折り方もたくさんあります。親子で楽しんだり、子供同士で楽しんだりと、折り紙はみんなで楽しむことができます。夏のイメージに合う折り紙を作って、リースや写真フレームなどを作り、部屋のレイアウトに利用しましょう。

夏に合う折り紙の折り方【簡単】

Photo bypadrinan

夏らしい部屋づくりをしたいと思っても、いきなり難しい折り方に挑戦すると途中で挫折してしまうかもしれません。しかし、折り紙は他のハンドメイドと比較して手軽に取り組みことができます。

折り紙はレース編みや刺繍、水彩画と比べると、身近な材料で、子供でも簡単に取り組みやすい手工芸です。材料も安く100均の折り紙を利用しても、ちょっと飾るだけで部屋や玄関を、夏らしい雰囲気に変えることができます。夏らしい模様の千代紙を利用するという方法もあります。

簡単に部屋をおしゃれに演出することもできます。そこで、比較的簡単に折ることができて、そして夏らしいイメージに合う折り紙を探してみました。折り紙初心者や不器用な人でも取り組みやすい、夏をイメージした折り紙のご紹介です。

セミ

夏は、他の季節にはない虫が大活躍します。カブトムシ、クワガタムシと子供が大好きな虫がたくさん出てきます。セミもその一つです。

セミの折り方はとても簡単です。まず折り紙を三角に半分に折り、次に両側の角を頂点まで折ります。頂点まで折った角を斜めに開くように、半分折り返します。はじめの三角の頂点を一枚だけ四分の三くらい折ります。すると折り紙の裏側(白い紙)が出ます。

次に、残った頂点を少しずらして、その上に折ります。左右の角を半分くらい裏側に折り返します。その時セミの羽の形を作るように斜めに折ります。好みでペンで目などを付けたらセミの出来上がりです。夏の風物詩が簡単に出来上がりました。

イルカ

子供が好きな夏の生き物といえば、可愛いイルカではないでしょうか。それでは、子供でも簡単なイルカの折り方です。まず三角に半分に折り折り筋を付けます。

ひし形に置き、左角を支点に上下の角を中心の折り筋に向かって、両端を折ります。この時5~6㎜程離します。右角も同じように少し離して上下を折ります。右側を左の中に折り込むように入れます。右側で折り込んだ長さと同じ長さ分、左側にも折り筋を付けます。

右手が左になるように裏に返して、つけた折り筋で折ります。折った先の2/3を右に折り返します。角の先を少し折り返します。半分に折り、最初に折り込んだところを右に開きます。さらに左に折り、胸びれを作ります。尾の部分を、イルカらしく角度をつけて折ると出来上がりです。

クジラ

Photo byphtorxp

くじらの折り方は、はじめは折り筋を付け、上下を筋に折るところまで、イルカと同じです。違いは5㎜離さずぴったりとつくように折るところです。折ったら裏返します。

左側の角を右角まで折ります。また返して、上下にできた重なりの角をめくり、折った中を開きながら折り直します。すると細長くなります。角を一枚めくると鶴の羽のようになります。左の角を中心まで折り、上下の角も少しだけ内側に折ります。裏返して右の角を折ります。

左側の開く部分を右斜めに折り返し、胸びれを作ります。中心線で折るとクジラの形になります。右角を折り上げ、ハサミで切り込みを入れるとクジラの尾が出来上がります。イルカよりも簡単なので、子供と一緒に作ってみましょう。くじらは夏模様にピッタリの生き物です。

金魚

夏の風物詩といえば金魚、という人はいませんか。金魚には色々な折り方があります。平面のものもあれば立体のものもあります。今回は立体でも簡単な折り方をご紹介します。

まず、15㎝の折り紙で伝統的な兜を折ります。兜の後ろを開きハサミで中心を1㎝残して切り込みを入れます。兜を縦に折り直し、切り込みを入れたところを右手側にします。こちらが尾ひれになります。兜の角が胸ひれになるように、下の角を1㎝ほど中に折り込みます。

上の角を上から1㎝くらいのところで折り目を付けて、中にぐっと折り込みます。すると頭に丸みができます。尾ひれは左右対称になるように、3等分に折り目を付け、ひらひらした尾を作ります。兜の前を金魚の頭に見せた、立体金魚になります。夏は、おしゃれなガラス容器に入れても素敵です。

夏に合う折り紙の折り方【おしゃれ】

夏に合う折り紙でリースを作ったり、モールを作って飾ってみましょう。おしゃれな折り紙を使うと、子供でも簡単にかわいい飾りを作ることができます。

夏向きの折り紙では、虫や魚のほかに、浴衣やうちわ、貝殻といった夏ならではのアイテムもあります。浴衣の折り紙は、本の栞や絵手紙のアイテムとしても利用することができます。うちわや貝殻と合わせると、それだけで一つの絵になります。

折った浴衣を色紙に貼ったり、厚紙を使ってリースの飾りにして玄関やリビングをおしゃれに飾ることもできます。子供だけでなく高齢者の人も、簡単に折ることができます。保育園や幼稚園、高齢者の手習いとして夏の折り紙で部屋飾りを作ってみましょう。

浴衣

浴衣は着物と帯の二枚の折り紙を用意します。まず、着物からです。折り紙の白いほうを出して横半分に折ります。一度開き、上下を中心線まで折ります。

上下の折り目を中心に合わせるように折ります。折り紙を90度回転します。横半分に白いほうを出して折り、半分重ねて上に折り開きます。上下を逆にし、下の打ち合わせをひし形に開きます。ひし形は襟にるため、細かく2度折り返します。襟の部分を折り返します。

半分に折った線を襟の下まで持ち上げて折ります。片方を中心の線に向かって折ります。一部を開いて袖下の丸みを付けます。両袖を折ります。帯の折り紙を2㎝暗いの幅に切り、半分に折って着物に巻きます。リボンの形を作り、帯の上の貼り付けます。夏の浴衣の出来上がりです。

うちわ

浴衣を折り紙で作った隣に、もう一つの夏の風物詩のうちわが欲しくなります。折り紙の白い部分を表に出し三角に折ります。飛行機のように左の角を中心に上下の辺を中心線まで折ります。

折った角を、折った線よりも少し外に出るように折り返します。はみ出した部分を裏に折り上げます。下の白い折り紙を上に折り上げます。1㎝くらいで折り返します。うちわの持ち手を作ります。両側の白い部分を下に折ります。折山を開くように折ると、持ち手の部分がまっすぐになります。

左右同じように開き、持ち手を細くします。持ち手のとがった部分を裏に折り込めば出来上がりです。色紙やリーズに、浴衣と一緒に貼って、夏の部屋飾りを作りましょう。小さな折り紙で作ると、手紙やポチ袋のワンポイント飾りにもなります。夏の折り紙で、知っておくと便利な折り方です。

貝殻

Photo bygadost0

貝殻の折り方も色々あります。巻貝は立体で難しいですが、二枚貝は平面のものもあり、簡単に折ることができる折り方もあります。

まず、折り紙を縦横斜めに4本の折り筋を付けます。表は鶴の羽を作るところまで折ります。裏は上の2本を中心まで折り、そのまま外側に折り返します。右側の折り紙を左側に倒します。同じように左側を右側に倒します。開くとホタテ貝の貝殻の部分ができます。

表と裏の下の部分を1㎝くらい、内側に折り込みます。表の貝殻の形を整えます。鶴の羽になる部分を下に折ります。すると、この部分が下側の貝殻になり開きます。子供でも簡単にできる貝殻の折り方です。淡いピンク系グラデーションの折り紙を使うと、よりホタテ貝のようになります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事