「いかがお過ごしでしょうか」の使い方!例文や言い換え方もチェック!

「いかがお過ごしでしょうか」の使い方!例文や言い換え方もチェック!

「いかがお過ごしでしょうか」という言い回しは、手紙やメールで相手の近況などを尋ねる場合に、よく使う慣用句のフレーズです。「いかがお過ごしでしょうか」の他の言い換え表現や、恩師や恩人など相手による手紙の書き方や使い方を例文を交えて紹介します。

記事の目次

  1. 1.「いかがお過ごしでしょうか」の意味
  2. 2.「いかがお過ごしでしょうか」の言い換え
  3. 3.「いかがお過ごしでしょうか」の使い方と例文【手紙】
  4. 4.「いかがお過ごしでしょうか」の使い方と例文【ビジネス】
  5. 5.「いかがお過ごしでしょうか」の時候の挨拶
  6. 6.「いかがお過ごしでしょうか」の英語表現
  7. 7.「いかがお過ごしでしょうか」を正しく使用しよう!

「いかがお過ごしでしょうか」の意味

手紙
Photo byOpenClipart-Vectors

「いかがお過ごしでしょうか」という言い回しは「毎日をどのように過ごしていますか?」という意味で、手紙やビジネスメールで近況や安否を気遣う時に使うフレーズです。

しかし「いかがお過ごしでしょうか」の実際の使い方は、過ごし方や安否を知りたいためではなく文面の出だしに使う儀礼的な挨拶の場合が多いようです。

目上の人への手紙やビジネスメールで失礼がないように、文面の書き出しで時候の挨拶のすぐ後に使う場合が通例です。相手のご機嫌を伺う慣用句の意味合いが強い言い回しです。

しかしこの慣用句を上手く使って、自分なりの工夫を加えることにより味気ない儀礼的な文章を感情のこもった暖かい文面にすることが可能です。この後の記事をぜひ参考にしてください。

日々の過ごし方の問いかけを意味する

紅葉
フリー写真素材ぱくたそ

例文で紹介すると「秋もすっかり深まり冬の足音が聞こえてくる今日この頃です。あなた様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか」のように、日々いかに過ごされているかを問いかける意味で使います。

また「季節もすっかり春めいてきました。お客様におかれましては、その後いかにお過ごしでしょうか」などのようにビジネスでは使います。

このように「いかがお過ごしでしょうか」と問いかけることによって、日頃から相手の過ごし方や安否などを気にかけているという意思を伝えて、ビジネスでも私的でも気持ちを和らげる効果があります。

「いかがお過ごしでしょうか」の言い換え

言い換え
Photo bygeralt

手紙やメールで使う「いかがお過ごしでしょうか」には、メールを出す目的や相手が恩師や目上の人、友人や家族などによって使い方に様々な言い換え表現があります。

代表的なものでは「お元気ですか」「お変わりありませんか」「ご機嫌いかがでしょうか」などがあり、さらに丁寧にする場合には「〜でいらっしゃいますか」をつけることがあります。それでは言い換え表現の意味や使い方を紹介します。

お元気ですか

元気
フリー写真素材ぱくたそ

「お元気ですか」は健康状態などを問いかける挨拶表現で、友人などの親しい間柄でよく使う言葉で「いかがお過ごしでしょうか」より軽いイメージの言い換え表現です。

「お元気ですか」を少し丁寧にしたい場合は「お元気でいらっしゃいますか」「お元気にてお過ごしでしょうか」などに言い換えます。

「お元気ですか」という意味合いで、相手が目上の人や自分との関係が特定できないビジネスメールや多数の方宛に出す文書の言い換え表現には「ご健勝にてお過ごしでしょうか」「ますますご健勝のことと拝察いたします」などがあります。

「健勝」とは、健(丈夫である)と勝(まさる)という字の組み合わせで「非常に健康に優れている状態」という意味です。「ご健勝」の替わりに「ご清栄」「お健(すこ)やかに」などの言い換え表現があります。

お変わりありませんか

四季
Photo byPeggychoucair

「お変わりありませんか」という言い換え表現は「いかがお過ごしでしょうか」と同様に「暮らしぶりに何か変化はありませんか」と問いかける挨拶文で、健康状態を尋ねるニュアンスも含んでいます。

この他「お変わりなくお過ごしのことと存じます」「ご無事にお暮らしのことと存じます」などの言い換えがあります。

また気候の挨拶文に続けて「体調など崩されてはいらっしゃいませんか」「お風邪など召されてはおりませんか」など健康を気遣う表現を続けることがあります。

日本は四季がはっきりしていて気候も年間を通じて目まぐるしく変化します。そのために手紙などの挨拶文として、季節に合わせた言い換えの慣用句がたくさんあります。またその後に、体調や過ごし方の変化を尋ねる文面をつけるのが通例になっています。

ご機嫌いかがですか

機嫌
Photo byOlessya

「ご機嫌いかがですか」の「機嫌」とは、体の調子という意味もありますが、どちらかというと「気分の良し悪し」「感情の状態」のように精神的なニュアンスが強い言葉です。

つまり「ご機嫌いかがですか」は「ご気分はいかがですか」と問いかける言い回しです。丁寧な言い換えでは「ご機嫌はいかがでいらっしゃいますか」「ご機嫌のほどはいかがでしょうか」「ご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます」のような使い方をします。

「いかがお過ごしでしょうか」の使い方と例文【手紙】

手紙
Photo bywww_darkworkx_de

最近はスマホやパソコンが普及したため、連絡はLINEやメールで済ましてしまうので、手紙を書く機会は年賀状や暑中見舞い程度という方が多いのではないでしょうか。

手紙には、LINEやメールと違って相手に自分の思いや感情を文面に込めて伝えることができます。受け取った相手にも差出人の暖かい気持ちが伝わり嬉しいものです。もちろんパソコンで印字した文章より自筆の手書きの方が感情がよく伝わります。

手紙
フリー写真素材ぱくたそ

LINEやメールでは相手に失礼にあたる場合が多々あります。そんな時に手紙を書くことになるのですが書き慣れない人には、どうやって書いたらいいのか分かりません。

また相手によっても書き方を変えなければなりません。そんな場合に慣用句「いかがお過ごしでしょうか」は非常に便利な言い回しです。「いかがお過ごしでしょうか」の相手に合わせた使い方や例文をこれから紹介します。

字が下手だからと尻込みしないで、思い切って手書きにトライしてみてください。手書きの手紙は字の上手い下手にかかわりなく、心を込めて書けばあなたの暖かい気持ちは必ず伝わります。

友人に書く手紙

友達
Photo bycuncon

友人に書く手紙の場合は「いかがお過ごしでしょうか」では少し堅苦しすぎるので、むしろ「お元気ですか」や「いかがお過ごしですか」の方が親しみが感じられます。

友人に書く場合は、決まり切った慣用句の時候の挨拶などは抜きにして、個性や感性を生かして自分らしい言葉で書くのが親しみが伝わりベストです。

例文では「前略、桜の花も散って葉っぱの緑が大分濃くなってきましたがお元気ですか?」「前略、このあいだの食事会からもう3ヶ月もたちました。いかがお過ごしですか?」のような使い方をします。

つまり友人に出す手紙は、あまり形式にとらわれずに自分の気持ちをストレートに、かたくなり過ぎない優しいオリジナルな文章で書けば、相手にも親しみが伝わって気楽に読んでいただけるのでベストです。

恩師や恩人に書く手紙

同窓会
Photo by Instituto Cervantes de Tokio

恩師や恩人に手紙を書くことは、同窓会やクラス会にお誘いする場合などが多いのではないでしょうか。何年も会っていない恩師なので暮らしぶりや環境は当時とはずいぶん変わっているかも知れません。

恩師は自分より目上の人なので、失礼のないように丁寧な文章にする必要がありますが、あまり堅苦しい表現では事務的になり気持ちが伝わりません。

クラス会などの会合に参加していただくために書くのですから、ぜひお会いしたいという気持ちや恩になった感謝の感情を含めた書き方にしましょう。

先生
フリー写真素材ぱくたそ

次へ

関連するまとめ

人気の記事