ズボンの収納方法!100均グッズを使った簡単アイデアや畳み方まとめ!

ズボンの収納方法!100均グッズを使った簡単アイデアや畳み方まとめ!

おしゃれで動きやすいズボンを収納するときどうやっていますか?ズボンはかさばるうえ、下手にするとシワや折り目ができてしまい、きれいに履きこなせなくなります。ズボンを収納するためにはどうすれば良いのか、畳み方や収納のコツもご紹介します。参考にして実践してください。

記事の目次

  1. 1.ズボンの収納方法から畳み方まで紹介!
  2. 2.ズボンの収納の悩み
  3. 3.ズボンの収納のポイント
  4. 4.ズボンを吊るして収納する方法
  5. 5.ズボンを畳んで引き出しに収納する方法
  6. 6.ズボンを畳んでボックスに収納する方法
  7. 7.100均グッズを使ったズボンの収納アイデア
  8. 8.ズボンの上手な収納方法を試してみよう!

ズボンの収納方法から畳み方まで紹介!

Photo by May Lee213

洋服タンスやクローゼットに収納する服は、量が多くなると余計にかさばりタンスでもグチャグチャになってしまいがちです。特にズボンは丁寧に収納しないとシワや折り目がつくため注意が必要です。

おしゃれに履きこなしたいズボンが、グチャグチャの状態だと気分も上がりません。ズボンの材質によっては、普通に畳んだだけでも余計な折り目がついてしまうこともあります。

ズボンを綺麗に、そして見つけやすく収納しやすくするには色々な収納アイデアがあります。ハンガーを使ったり吊るしたり100均アイテムを使うなど、様々なアイデアがあります。

こちらではかさばるズボンをどのように収納したらいいか、また畳み方や収納アイデアなどもご紹介します。やってはいけないズボンの収納方法をしているかもしれないので、この機会にしっかり収納方法をマスターしてみましょう。

ズボンの収納の悩み

ズボンを収納するときに困るのが、とにかくかさばることと、シワができやすいことです。ズボンは動きやすく足全体を覆うものなので、丈夫にできており、畳むと分厚くなりかさばります。

ズボンが何枚もあるとよりかさばってしまい、タンスがズボンだけでパンパンになってしまうこともあります。またハンガーにかけても滑り落ちたり、そもそも収納スペースが少ないこともあるでしょう。

上手な収納方法を知るには、まずズボンを収納するときの困り事を知っておく必要があります。ズボン収納のデメリットを知ってから対策を考えていきましょう。

場所を取る

ズボンは衣類の中でもかさばる方で、タンスに畳んだ状態でズボンを入れても、他のズボンを入れるときにすでに邪魔になるくらい収納方法が難しいです。

またシワになりやすく畳み方を間違えると折りシワがついてしまうこともあります。畳んでもズボンはスペースを取るので、他の衣類の収納スペースも確保しようとすると収納が難しくなります。

ズボンのためにタンスをあけておくとしても、何本もズボンを持っていると収納スペースにも限界があるかもしれません。ショートパンツならまだしも、長ズボンだと丁寧に畳んだとしてもかさばるでしょう。

丈夫であるがゆえ分厚くなりがちなズボンの収納方法を改めて見直す必要があります。畳み方が悪いとタンスの奥でズボンが引っかかってしまったり、シワができてしまうこともあります。

また毎年新しいデザインのズボンを買い足していると、どんどん枚数が増えて収納スペースが困窮することもあるでしょう。ズボンの形は一定ではないので、畳んでも同じ形におさまらないことも困るポイントです。

おしゃれに着こなすためにもズボンは綺麗に収納しておくことが大事です。収納スペースの確保と畳み方や収納方法のアイデアなどを知って、上手に収納しましょう。

無理に収納するとシワや折り目

タンスや衣類ケースにズボンを収納していても、畳み方や収納方法が悪いとシワや折り目ができてしまい、おしゃれに履きこなせなくなります。また履きたい時にシワがあると履けず、朝の忙しい時間だとイライラしてしまうかもしれません。

ズボンが何本もあると、収納スペースがないときに無理矢理収納してしまうこともあるでしょう。ズボンをどんなにきれいに畳んだとしても、畳み方など関係なしに無理に詰め込むとダメージになり、シワや折り目がついてしまいます。

Photo by May Lee213

シワになりにくいデニムやチノパンなら、綺麗に畳んでもシワは目立たないかもしれませんが、シワになりやすいスラックスなどはどんなに上手に畳んでも、他のズボンと一緒に収納することでシワになる可能性もあります。

ズボンを収納するときには収納スペースの確保もそうですが、なにより収納方法と畳み方を工夫することが大事になります。この機会にどのような収納アイデアがあるのか、上手なズボンの収納方法を覚えていきましょう。

ズボンの収納のポイント

おしゃれな人は特に服の量が多く、ズボンを何本も持っていると収納に困っているかもしれません。ズボンの収納にはやってはいけない事や、逆におすすめの収納アイデアがあります。

ズボンの収納方法としてたたんで収納するのが普通ですが、取り出す時のことも考えて収納していますか?ズボンの種類によっては収納方法が悪いとダメージになってしまうこともあります。

こちらではズボンの収納方法としてやってはいけないこと、また取り出しやすくするためのアイデアもお教えします。ズボン収納のポイントはコンパクトにすることがなにより大事です。ぜひ真似して収納してみてください。

重ねて収納しない

ズボンの収納する場所として、どこに収納していますか?場所によってはズボンを畳んで収納すると、ダメージになったりシワになってしまうこともあるので収納場所も要チェックです。

季節物のズボンを収納するときなどに使う衣類ケースは特に注意が必要で、深さがあるタイプにズボンを畳んで収納していくと、一番下のズボンに重さなど圧がかかってしまい、ズボンのダメージになってしまいます。

また衣類ケースの開け閉めによって中のズボンがこすれてしまい、ズボンの一部分が色落ちしてしまうこともあるでしょう。衣替えなどでよく使う衣類ケースに収納するときは、あまり多く重ねずに収納することが大事です。

タンスなど奥行はあるが高さがさほどない収納場所なら、ズボンのダメージは受けにくくなります。その分収納量は衣類ケースには劣るかもしれませんが、多く積み重ねる収納にしない方がきれいに保存できます。

取り出しやすくする

ズボンの収納として衣類ケースなどに入れた場合、奥にあるズボンが取りにくく見えにくかったりしませんか?履きたいズボンが取りづらいと探す手間も増えますし、引っ張り出そうとしてズボンにダメージを与えてしまいます。

ズボンの収納には畳み方だけでなく、取り出しやすくすることも大事なポイントです。パっと見て確認しやすく取り出しやすい収納にしておくことで、探すことなくスマートに取り出せます。

おすすめはズボンを立つように収納する方法で、重ねていたときではわかりにくかったズボンも、ひと目で見つけられるようになります。すぐ見つけられることによって、朝の忙しい時間のコーディネートもスムーズにできるうえ、取り出しやすくなります。

ズボンを吊るして収納する方法

次へ

関連するまとめ

人気の記事