ネイビーブルーのヘアカラーで魅力UP!ブリーチなしでのやり方を解説!

ネイビーブルーのヘアカラーで魅力UP!ブリーチなしでのやり方を解説!

デニムでおなじみのネイビーブルーをヘアカラーに取り入れてみましょう。ネイビーのヘアカラーはブリーチするかしないかでイメージが変わります。また色落ちする過程を楽しむこともできるヘアカラーです。アッシュを混ぜたりアレンジもできておすすめのヘアカラーです。

記事の目次

  1. 1.透明感が魅力のネイビーブルーのヘアカラーを紹介!
  2. 2.ネイビーブルーのヘアカラーってどんな色
  3. 3.ネイビーブルーのヘアカラーの特徴
  4. 4.ブリーチあり・なしのネイビーブルーのヘアカラー
  5. 5.ネイビーブルーのヘアカラーのレングス別の雰囲気
  6. 6.ネイビーブルーのヘアカラーのおすすめの入れ方
  7. 7.セルフでネイビーブルーに染めるには?
  8. 8.お洒落なネイビーブルーのヘアカラーに挑戦してみよう!

透明感が魅力のネイビーブルーのヘアカラーを紹介!

Photo bymyrtue

「ネイビーブルーのヘアカラー」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?真っ青とは少し違った落ち着いた色味であり、さらに非常に個性的なヘアカラーです。ネイビーブルーとは具体的にどんなカラーなのでしょうか?ブラウンやアッシュといった定番カラーとどう違うのでしょうか?

ネイビーブルーのヘアカラーは、黒髪には飽きてきたけれど、ガラリとイメージを変えるのは抵抗があるという人におすすめです。ネイビーブルーは黒に近い青なので、明るいアッシュやブラウンといったヘアカラーと比べて、黒髪に近いと言えるでしょう。

ブラウン、ベージュ、アッシュといったヘアカラーは大変人気があり、多くの人がアッシュ系やブラウン系のヘアカラーで染めています。外国人の少年のような透明感あるヘアカラーが実現できるアッシュ系カラーですが、個性がなくなっていると感じないでしょうか?

その点、ネイビーブルーのヘアカラーは個性的です。アッシュ系カラーの人は巷に溢れていますが、ネイビーブルーのヘアカラーをしている人はあまりいません。自分の個性を知り、アッシュ系のような人と同じヘアカラーでは嫌だという人におすすめです。

ネイビーブルーのヘアカラーは、黒髪の人がチャレンジするのにハードルが低い特徴があります。ブリーチしていない髪にネイビーブルーのヘアカラーを施すと。黒髪と大きく違う点があります。それは、赤みがないことです。日本人の黒髪には、特有の赤みがあります。

この赤みが、透明感を感じさせなくしている理由です。青は赤の補色なので、赤みの出やすい髪をカラーリングすれば、赤みを抑えてくれる働きがあります。ネイビーブルーのヘアカラーはブリーチなしでも施術できるのでしょうか?ブリーチは髪を傷めるというイメージがあります。

ブリーチをしたネイビーブルーと、ブリーチをしないネイビーブルーでは、イメージが変わってきます。自分はブリーチした時に出るカラーが好きだという人は、ブリーチをすることをおすすめします。しかしブリーチしなくてもネイビーブルーを楽しむことができるのでしょうか?

ブリーチするしないに限らず、ネイビーブルーのヘアカラーを施す時、さまざまなアレンジ方法があります。アレンジによっては、髪の傷みを最小限に止めることもできます。ネイビーブルーのヘアカラーをアレンジして染めていきましょう。個性的なヘアスタイルになります。

色落ちの問題もあります。髪をカラーリングすると、色落ちの問題は避けられません。ネイビーブルーに限らず、ブリーチした髪のカラーをのせていくと、シャンプーの度に、徐々に色落ちしていってしまします。ネイビーブルーの色落ちはどのようなものなのでしょうか?

また、セルフで ネイビーブルーのヘアカラーに染めることもできます。髪に負担のかからない、セルフ専用のカラーリング剤が出ているので、お風呂場でネイビーブルーのヘアカラーにすることができます。その際の注意点なども含めて見ていきましょう。

ネイビーブルーのヘアカラーってどんな色

そもそもネイビーブルーのヘアカラーはどんなカラーなのでしょうか?ネイビーブルーとは、ネイビーのカラーとブルーのカラーを混ぜ合わせた髪色のことを指します。ネイビーブルーはデニムカラーとも呼ばれています。

理由はデニムのような風合いのヘアカラーだからです。トレンド最先端の海外で流行したことで、日本の人たちにも人気が出てきました。まさにネイビーブルーは最先端のヘアカラーと言えるでしょう。

ネイビーやネイビーアッシュより青みが濃い

ネイビーブルーのヘアカラーはどんなカラーなのかというと、ネイビーやネイビーアッシュより青みが濃いというものです。ネイビーブルーはネイビーと比較して青く、ブルーと比較して暗いという特徴があります。光の当たり具合によって、青っぽさを感じられるカラーです。

黒は嫌だけど髪を暗めにしたい人におすすめ

ネイビーブルーのヘアカラーは、黒髪は嫌だけれど暗めの髪にしたい場合におすすめです。人気のアッシュ系と違い、ダークな色合いが特徴です。深みがある、黒に近いカラーです。特にブリーチしない髪をネイビーブルーで染めると、光が当たる度にブルーに輝きます。

それでいて、黒髪に本来ある赤みを抑えてくれます。ネイビーブルーは暗髪でありながら、黒髪の赤みを抑えてくれるので、透明感があります。ただ、気をつけなければならない点もあります。

ブリーチした髪に、あまりに明るいブルー寄りのカラーを入れると、個性的になり過ぎたり、V系っぽい雰囲気になってしまいます。色のアレンジが非常に重要になってきます。

ネイビーブルーのヘアカラーの特徴

ネイビーブルーというヘアカラーはとても個性的な色です。ネイビーブルーで髪を染めると、どういったことが起きるのでしょうか?どのような髪色になるのかや、色落ちの具合はどうか、さらに色落ちした時どんな状態になるかなど、ネイビーブルーのヘアカラーの特徴を見ていきましょう。

暗色でも透明感やツヤ感がある

ネイビーブルーのヘアカラーの特徴の1つ目は、暗色でも透明感やツヤ感があるというものです。ネイビーブルーはアッシュやブラウンのように明るい色ではありません。黒に近い色なので、野暮ったいイメージや重たい雰囲気を連想してしまうことでしょう。

しかし暗色でありながら、ネイビーブルーはアッシュやブラウンのような透明感を得られます。さらにツヤツヤに光る特徴もあります。「目立ち過ぎは嫌だけれどあか抜けしたい」という人におすすめのヘアカラーです。

色落ちしにくい

フリー写真素材ぱくたそ

ネイビーブルーのヘアカラーの特徴の2つ目は、色落ちしにくいというものです。アッシュ系など透明感のある人気のヘアカラーは、色落ちが早いと言われています。ネイビーブルーはアッシュと比較して色落ちが遅いです。

ネイビーブルーが日本人の髪色に近いからかもしれません。特に色落ちがしないのは、ブリーチをしないでネイビーブルーのカラーリングをした時です。色落ちの少ないヘアカラーがいいと考えている人は、美容室で相談してみましょう。

色落ちしても退色による変化を楽しめる

次へ

関連するまとめ

人気の記事