お嬢様言葉25選!日常の挨拶や悪口など特徴的な使い方をご紹介!

お嬢様言葉25選!日常の挨拶や悪口など特徴的な使い方をご紹介!

お嬢様言葉を25種類ピックアップしました。お嬢様言葉にはさまざまな特徴があります。この記事ではお嬢様言葉の特徴を「口調」「言葉遣い・会話」「語尾」「挨拶」「悪口」の5項目に分けて、25の言葉を紹介します。上品なお嬢様言葉に興味のある人は要チェックです。

記事の目次

  1. 1.挨拶や口調・悪口などいろいろなお嬢様言葉を紹介!
  2. 2.お嬢様言葉とは
  3. 3.お嬢様言葉の口調の特徴5選
  4. 4.お嬢様言葉の言葉遣い・会話の特徴7選
  5. 5.お嬢様言葉の語尾の特徴6選
  6. 6.お嬢様言葉の挨拶の特徴3選
  7. 7.お嬢様言葉の悪口の特徴4選
  8. 8.上品なだけではないお嬢様言葉を使ってみよう!

挨拶や口調・悪口などいろいろなお嬢様言葉を紹介!

Photo byStockSnap

お嬢様言葉には、挨拶や口調だけでなく、悪口の表現などいろいろな特徴があります。お嬢様言葉の特徴だけでなく、誕生秘話についても見ていきましょう。

この記事では、お嬢様言葉を「口調」「言葉遣い・会話」「語尾」「挨拶」「悪口」の5項目に分け、合計25の言葉の特徴を詳しく紹介します。上品なお嬢様言葉に興味のある人もない人も、ビジネスシーンで使える表現もある、その魅力について触れてみてはいかがでしょうか。

日本のお嬢様学校ランキングTOP17!偏差値や学校の特徴もご紹介!のイメージ
日本のお嬢様学校ランキングTOP17!偏差値や学校の特徴もご紹介!
日本にはお嬢様が通うとされるお嬢様学校が複数あります。そんな華やかな雰囲気を持つお嬢様学校に通わせたいと思う親御さんも多く見受けられます。そこで今回は、お嬢様学校の特徴や偏差値状況に加えて人気のある、お嬢様学校をランキング形式でご紹介していきます。

お嬢様言葉とは

Photo byplatinumportfolio

「お嬢様言葉」という表現がありますが、お嬢様言葉には由来と言われる言葉があります。お嬢様言葉は育ちの良いご令嬢などが使う、丁寧で上品なイメージを持っている人も少なくないでしょう。

お嬢様言葉とは実際にはどのような表現に対して使われる言葉なのか、まずは由来について見ていきましょう。

別名「山の手言葉」

Photo by Kentaro Ohno

お嬢様言葉は、別名「山の手言葉」といわれています。「山の手」とは、江戸時代に「麩町」や「番町」と呼ばれていた、現在の東京都千代田区西部の「麩町」や「番町」地域のことです。

麩町や番町は、大名や旗本などの武家屋敷が並ぶ、位の高い人たちが住む地域でした。この、山の手地方で実際に使われていた方言を「山の手言葉」といいます。位の高い人たちが使っていた山の手言葉を基準とし、明治時代には現在とほぼ変わらないお嬢様言葉が使われていたと考えられています。

日常的な言葉遣いとして全国に浸透しなかった理由は、山の手言葉が丁寧すぎたからといわれています。一般的に使うには丁寧なほど、お嬢様言葉は上品な表現であると言えるでしょう。

また、江戸時代に山の手地域で暮らしていた芸者が使っていた言葉が由来であるとの説もあります。位の高い人との間に赤ちゃんを授かった芸者から子供へと、山の手言葉が受け継がれたとも考えられているようです。

お嬢様言葉の口調の特徴5選

Photo byFree-Photos

お嬢様言葉の口調は、いろいろな特徴があります。この記事では、お嬢様言葉の口調の特徴として、5種類の項目をピックアップしました。

まずは、お嬢様言葉全般における口調について、どのような特徴があるのかチェックしていきましょう。ここからは、お嬢様言葉の口調の特徴5選について紹介します。

①おしとやか

Photo bySarahRichterArt

1番目に紹介するお嬢様言葉の口調の特徴5選は「おしとやか」です。「おしとやか」とは、仕草や話し方などが上品で落ち着きがあることを言う表現です。

お嬢様言葉の口調は、おしとやかという特徴があります。しかし、話し方だけを真似ても、お嬢様のように見えるわけではありません。それは、おしとやかの意味が、話し方だけでなく仕草にも関りがあるからです。

上品で落ち着きがある仕草と話し方が揃うことで、はじめてお嬢様らしく見えるのです。仕草がおおざっぱな人がお嬢様言葉を使ってもお嬢様に見えないのは、行動に上品さや落ち着きが足りてないからと言えるでしょう。

②話し方がゆっくり

Photo byaliceabc0

2番目に紹介するお嬢様言葉の口調の特徴5選は「話し方がゆっくり」です。お嬢様は時間に追われることなく優雅な生活を送っている傾向があります。自分の生活リズムに合わせてゆったりと時間が流れるため、話すスピードも必然的にゆっくりになるようです。

お嬢様言葉を実際耳にしたことがある人は、早口で話しているイメージは少ないのではないでしょうか。話し方がゆっくりな人は、お嬢様のイメージそのものでしょう。

お嬢様は自分のペースを乱さないので、たとえ周囲に口調が早い人がいても、マイペースにゆっくりと話す特徴があります。

③話すスピードが一定

Photo byVictoria_Borodinova

3番目に紹介するお嬢様言葉の口調の特徴5選は「話すスピードが一定」です。一般的には、会話が弾むと自然と話すスピードが早口になる傾向があります。会話が盛り上がるとテンションが上がり、もっと話をしたいと早口になるのでしょう。

しかし、お嬢様言葉は上品で落ち着きがあることから、いつでも冷静で話すスピードが一定です。常に話すスピードが一定なので、お嬢様言葉を話す人は上品で落ち着きがあるというイメージが強いのかもしれません。

④笑い方も上品

Photo byPexels

4番目に紹介するお嬢様言葉の口調の特徴5選は「笑い方も上品」です。お嬢様言葉では、笑う時も上品です。大きな声で大きな口を開けて笑うことはありません。

一般的には爆笑する時は手を叩いて面白い・楽しいといった感情を表に出して笑います。しかし、お嬢様は「ふふふ」や「ほほほ」といった控えめな笑い方で、口元に手を当てて上品な仕草が特徴です。笑っている時の口元を隠す仕草も、お嬢様らしく上品であることが特徴です。

⑤声は高め

Photo byFoundry

5番目に紹介するお嬢様言葉の口調の特徴5選は「声は高め」です。お嬢様言葉を話す時は、自然と声が高めになる傾向があります。故意に高い声を出しているのではないので、上品な仕草と相まって、落ち着きがある印象を与えるようです。

お嬢様言葉の言葉遣い・会話の特徴7選

Photo by jaci XIV

次へ

関連するまとめ

人気の記事