酔い覚ましの方法はコレがおすすめ!二日酔いに効く飲み物や食べ物も紹介!

酔い覚ましの方法はコレがおすすめ!二日酔いに効く飲み物や食べ物も紹介!

酔い覚ましの方法を聞くと様々な方法を聞くことができます。そこで、酔いや二日酔いのメカニズムを知った上で、その酔いを覚ます方法を紹介します。また、酔い覚ましに効果のある飲み物や食べ物も紹介するので、おつまみなどにも取り入れてみるのもおすすめです。

記事の目次

  1. 1.辛い酔い覚ましの方法を解説
  2. 2.酔いや二日酔いのメカニズム
  3. 3.酔い覚ましの方法~お酒を飲んだ直後~
  4. 4.酔い覚ましの方法~翌日~
  5. 5.酔い覚ましによく効く方法~食べ物~
  6. 6.酔い覚ましによく効く方法~飲み物~
  7. 7.酔い覚ましに逆効果な方法
  8. 8.酔い覚ましの方法を覚えておこう!

辛い酔い覚ましの方法を解説

Photo byAlexas_Fotos

お酒を飲める人にとって、飲み会はとても楽しいものです。最近では、家で親しい人と集まってお酒を飲む宅飲みも人気です。でも、楽しいお酒のときが終わると待っているのが二日酔い。

この記事では、酔い覚ましの方法としてよく知られていることや、酔い覚ましに効く食べ物に飲み物などを紹介していきます、

二日酔いが辛いのはわかっているのに繰り返してしまう人はもちろん、今まで二日酔いの経験がないという人も知識として酔い覚ましの方法を取り入れておくと良いでしょう。

酔いや二日酔いのメカニズム

Photo byAlexas_Fotos

酔い覚ましの方法を考える前に、そもそも、お酒を飲むとなぜ酔うのでしょうか?専門的に説明すると長くなってしまうので、簡単に原因をご紹介します。

お酒にはアルコールが含まれているのはご存知でしょう、アルコールが体内に入ると、血中アルコール濃度が高くなります。アルコール濃度が高くなった血液は脳に回って麻痺させます。これが原因となり酔った状態になります。

では、二日酔いとはどんな状態でしょう?アルコールが一晩のうちに排出されれば良いのですが、アルコールを分解する肝臓の処理が間に合わないときや、胃の粘膜がアルコールで荒らされてしまうことが原因となり結果、胃痛や吐き気の症状だ出てしまいます。

この酔いや二日酔いの原因を知っていると、このあとの酔い覚ましの方法もより理解しやすくなります。

酔い覚ましの方法~お酒を飲んだ直後~

Photo byDigiPD

酔いと二日酔いの原因がわかったところで、酔い覚ましの方法をみていきましょう。最初の酔い覚ましの方法は「お酒を飲んだ直後」にできる方法です。

飲み会などで、お酒が飲み終わったときから、酔いと二日酔いの対策は始まります。せっかくお酒を飲んで良い気分なのにと思うかもしれませんが、次の日に辛い思いをしないためにしっかり酔い覚ましの方法を実践しておきましょう。

①水分を補給

Photo by nyanchew

お酒を飲んだ直後できる酔い覚ましの方法1つ目は「水分補給」です。お酒で上がった血中のアルコール濃度を、水分を補給することでさげることができます。

もちろん、水分補給といっても、どんな飲み物での良いというわけではなく、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなど効果的に水分を補給できる飲みのもで摂るようにしましょう。

アルコールの分解

Photo by yukop

飲み終わったあとに、スポーツドリンクだと、アルコールを体中に巡らせてしまうようなイメージがありますが、アルコールを分解する働きのある「糖分」を含んでいるので、効果があります。温度にも注意して、冷たいものを飲んでスッキリしたいところかもしれませんが、胃に刺激を与えてしまうため、常温がおすすめです。

また、水分補給目的でのコーヒーのようなカフェインが入っている飲み物はおすすめできません。コーヒーのカフェインは利尿効果があるため、体内の水分が失われてしまう原因になります。

また、コーヒーがアルコールも弱っている胃を更に痛めてしまう原因になることがあるので、酔い覚ましで何を飲むかには注意が必要です。

②睡眠を多く取る

Photo by つんつん

お酒を飲んだ直後にできる酔い覚ましの方法2つ目「睡眠」です、オールで飲み明かしたあとは、二日酔いになりやすかったり、時間は経っているのになんとなくだるいように感じることがあります。

体内に入ったアルコールは体内で分解されますが、そのために多くのエネルギーを必要とします。そこでしっかり休息が出来ないと、アルコールが残る原因になってしまいます。

体を休める事で分解を進める

Photo byPublicDomainPictures

次へ

関連するまとめ

人気の記事