一人暮らしのキッチン収納術まとめ!狭い空間をおしゃれにする方法を解説!

一人暮らしのキッチン収納術まとめ!狭い空間をおしゃれにする方法を解説!

一人暮らしの狭いキッチンは収納スペースも狭くて片付け辛い!そんな悩みを持っていませんか?一人暮らしでも、100均の収納グッズやファイルボックスを使えば、簡単に収納する方法があるのです!今回は、一人暮らしのキッチンをおしゃれにする収納のコツをご紹介致します!

記事の目次

  1. 1.一人暮らしのキッチンはこう片付ける!収納法を大特集!
  2. 2.一人暮らしの狭いキッチンでもスッキリ収納術を紹介!
  3. 3.一人暮らしのキッチン活用法【調理器具編】
  4. 4.一人暮らしのキッチン活用法【食器編】
  5. 5.一人暮らしのキッチン活用法【食品編】
  6. 6.一人暮らしの狭いキッチンで活躍する収納グッズ
  7. 7.一人暮らしのキッチンをおしゃれにするレイアウト集
  8. 8.一人暮らしのキッチンは収納術と収納グッズでスッキリ!

一人暮らしのキッチン活用法【調理器具編】

一人具らしの狭いキッチンをおしゃれに見せる収納術。ここからは、キッチングッズごとに収納方法のポイントをご紹介していきます。

まずは、キッチンでの置き場が調理の効率UPにもつながる「調理道具」の整理収納から見ていきましょう。

フライパンや鍋はファイルボックスに収納

一人暮らしのキッチンでは、お一人様用の鍋やフライパンなど、各1つぐらいずつ調理器具を揃えておけば十分です。

フライパンや鍋は平置きすると場所を取りますので、100均にあるプラスチックのA4のファイルボックスに立てて収納するのがおすすめです。

鍋類は立てて収納した後に、ファイルボックスの外に中に入れるものを書いておくのがベター。洗ったあと戻す時にも、置き場所が決まりやすく、片付いた状態をキープしやすいのでおすすめです。

収納ケースに種類分けしたキッチンツールを収納

Photo byPexels

続いて、キッチンで使うピーラーやおろし金、お玉などのキッチンツールの収納ですが、ツールは使う目的ごとに収納ケースにまとめます。

こちらも100均の収納グッズを活用しましょう。この時、白や半透明、あるいは黒と使う色を統一するとおしゃれに見えます。

収納ケースは、蓋付きのものなどもありますので、どうしても、抽出しの中にしまいきれないものや、お箸やスプーンといったカトラリー類は、蓋付きのケースに入れて出して置くという収納方法もあります。

まな板スタンドを活用

Photo byPublicCo

キッチンの調理道具の収納で、最後のポイントとなるのがまな板。まな板は、見せる収納の場合がほとんどです。

一人暮らし用の狭いキッチンで、まな板を平置きすると、調理場所などがなくなってしまいますので、まな板スタンドを活用します。100均にも売っています。

まな板スタンドは、汚れがたまりやすいので、洗いやすい素材のものを選ぶことが肝心です。直立できる重さも確認してから購入しましょう。また、使わない時に折りたためるタイプもおすすめです。

一人暮らしのキッチン活用法【食器編】

Photo byJillWellington

続いては、一人暮らしのキッチンでも、わりと数が多くなってしまいがちな食器類の収納について見ていましょう。

一人暮らしの食器類の基本は、お茶椀、お椀、5寸皿、そしてメインプレートになるような平皿とスープボウルぐらいを一式揃えれば十分です。

収納を決める前に、まずは、手放せるものがないかを確認します。欠けているお皿やカップは、運気を下げますので、迷わず処分してください。

食器は立てて収納

キッチンのお皿の収納については、おしゃれで機能的な収納方法としてもっともおすすめなのが、ディッシュスタンドを利用する収納です。

お皿を立てて収納することで、清潔に保てると同時に出し入れも簡単です。ディッシュスタンドも100均グッズで揃います。

洗った後、そのまま食器立てに立てて収納するパターンがベストです。海外では、シンクの上に食器立てがついた扉付きの収納があり、洗ったらそこに皿を立てて扉を閉めるとそのまま収納完了できるようになっています。

スペースを有効に活用

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事