カソックは神父が着ている平服!種類や生地などファッションの秘密を解析!

カソックは神父が着ている平服!種類や生地などファッションの秘密を解析!

神父が着ている服であるカソックの種類や色、構造についてご紹介します。神父が着るようなカソックは、キリスト教の教義に則った意味付けもされています。カソックにはどのような生地が使われているのかや、どこで販売されているのかもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.カソックとはどんな服か
  2. 2.カソックの種類とは
  3. 3.カソックの種類①赤は枢機卿用
  4. 4.カソックの構造はどうなっているのか
  5. 5.カソックはどんなときに着る服なのか
  6. 6.カソック以外でどんな服を着るのか
  7. 7.キリスト教の宗派の違い
  8. 8.神父と牧師はどう違うのか
  9. 9.カソックを着たいなら
  10. 10.カソックは神父・牧師が普段着として着るファッション

カソックとはどんな服か

Photo by erephas

カソックという服についてご存知の方は多いかもしれませんが、教会の神父が着ている装束であると言えばご理解ただける方もいらっしゃるでしょう。教会での結婚式などでも、神父として立っている方が着ている服に見覚えがある方も多いです。

こちらの記事では、カソックという衣装や、カソックの種類について詳しくご紹介します。カソックには位階によって着ることができる色が違うといった事もご紹介します。カソックの種類についてご理解いただければ、キリスト教の在り方についても、親しく感じることもできるでしょう。

神父・牧師の位階によって種類が変わる

Photo by Braiu

カソックは、キャソックと呼ばれることもあります。その理由は、カソックの英単語のスペルが「cassock」であるからです。しかし、日本国内ではカソックの事をカソックと呼ぶのが一般的です。カソックは、キリスト教の教えを説く神父や牧師といったキリスト教の位階によって、着ることができる種類が変わります。

Photo bypixel2013

基本のカソックは立て襟で、前面や袖の部分にボタンが着いています。神父や牧師が着ているカソックは、黒いというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。日本では、黒以外のカソックを着れるような位階の方は少ないです。

しかしカソックの色は、神父や牧師の位階によって種類が変わります。その証として、ローマ教皇は最高位を表す色である白色のカソックを着ています。カソックの色の種類については、次の項目で詳しくご紹介します。カソックの色の種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を続けてご覧ください。

カソックの種類とは

Photo by Anosmia

先ほど、神父や牧師の位階によって、その位階を表すファッションとして着られるカソックの色や、種類が変わるということをお伝えしました。こちらの項目では、どのようなカソックの種類が存在しているのかをご紹介します。

生地の特徴や、位階によって違ってくる色の種類などもお伝えします。カソックの種類について気になる方は、こちらの項目をご覧いただくことをおすすめします。

カソックの種類①黒は平服

Photo by Fæ

日本の教会や、映画に出てくるような神父や牧師の多くは、神父や牧師のファッションとして、黒い色をしたカソックを身にまとっている事が多いです。黒い種類のカソックを着る事を許された神父は、教会で執り行われるような儀式を、中心となって執り行うことができる資格を有しています。

カソックの色の種類が、神父や牧師の位階を表しているということをご存じなかった方もいらっしゃるでしょう。カソックの色の種類が位階を表すということを知るだけでも、キリスト教の奥深さを感じた方もいらっしゃるかもしれません。

カソックの種類①赤紫は司教用

黒い色をしたカソックを着ている方は、比較的低い位階の神父や牧師であることをご紹介しました。次にご紹介するのは、赤紫色のカソックです。赤紫色の種類をしたカソックを着ることができるのは、司教の資格を有しているような方です。

ここで、司教という位階についてご紹介します。司教は、教区を監督するといった役職に就いている方を表す位階です。また教区とは、教会が存在している一定の区間の事を表します。1つの教会ではなく、多くの教会や、その教会が存在しているエリアを監督する役職になります。

カソックの種類①赤は枢機卿用

Photo byWikiImages

黒い色をしたカソックや、赤紫色をしたカソックを着ている方がどのような方を指しているのかをご紹介してきました。次にご紹介するのは、赤色の種類のカソックです。

赤色のカソックは、枢機卿が着ているカソックになります。ここで、枢機卿についてご紹介します。枢機卿は、カトリックという宗派において、教皇の次に高い位階のことを言います。枢機卿の主な仕事は、教皇の補佐をすることです。

また、枢機卿は世界に一人だけではなく、常に200人前後の枢機卿が存在しているそうです。日本にも、枢機卿という位階を持った方がいらっしゃいます。

カソックの種類①白は教皇用

Photo by Bev Trayner

テレビでローマ教皇を見たことがあるという方は多いかもしれません。ローマ教皇は、カトリックというキリスト教の宗派において、最高位の位階を持っています。日本国内では、ローマ法王という表現で報道されることも少なくないようです。そのローマ教皇のみが着用を許されているというのが、白色のカソックです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事